特集 PR

感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける

感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける

Shiseido art egg
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:前田立 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

「眠ることで一度死に、そして目覚めることで生まれ直しているようなものかもしれない」

「埋葬のための地中の庭」という当初の構想は、やがて「寝室」という新たなイメージへと変質していったという。

今村:夢野久作の小説『ドグラ・マグラ』を読んだんです。劇中で「胎児の夢」という架空の論文が登場するのですが、母体のなかで眠っている胎児は生物の進化の過程の悪夢を見ているけれども、その記憶は生まれたときにはすべて忘れてしまっている、という内容です。

目覚めたらすべてを忘れてしまっているという感覚、私もすごくわかります。深い眠りに落ちているときにはいつもと違う別の自分を生きていて、目覚めると自分が誰なのか、何歳なのかもわからなくなってしまうような経験。一種の記憶喪失みたいですけど、これって、眠ることで一度死に、そして目覚めることで生まれ直しているようなものかもしれないと思ったんです。

今村文

この不思議な眠りの経験を再現するために、今村はギャラリー内に仮設の寝室をしつらえるのだという。また、展示の一部として、自宅兼アトリエで実際に使っているタンスや食卓も持ち込む予定だ。

『Shiseido art egg』今村文展 展示の様子(撮影:加藤健)
 
『Shiseido art egg』今村文展 展示の様子(撮影:加藤健)
『Shiseido art egg』今村文展 展示の様子(撮影:加藤健)

大学時代のスランプや迷走期を経て、純粋で無理のない「お花」を描くことにたどり着いた

これまで今村は、一貫して花や植物をモチーフにして絵画を描いてきた。その理由はなんだろうか?

今村:お花だけを描くようになったのは、金沢美術工芸大学に入ってからです。美術大学や芸術大学を目指すような人たちって、最初は「自分にはなにかができる」という自信を持っているものですけど、いざ入学してみると自分の内面的な空っぽさに気づくことが多いと思うんです。「描きたい!」という衝動はあるけれど、一筆も描けないっていう時期が私にも長くありました。

―ものを作ることの葛藤があったんですね。

今村:はい。でも、とにかくはじめてみなければと、自分の持ち物や生活の風景をモチーフに作品を作りはじめたんです。いっときはそれがよい方向に向かっていったこともあったんですけど、学生の日常って、そんなに大きな変化はないじゃないですか。そうすると、変に焦るようになって、逆に作品の素材になりやすい「自分」を意識して無理に演じてしまったりする。その気持ち悪さに気づいて、もっと参ってしまったんです。

―わかります。若いときの焦りって、自分を変な方向に向かわせちゃいますよね。

今村:本当なら、純粋な描くことの衝動や喜びって自分のためだけにあればいいと思うんです。でも、次第に人に見せることを前提に作品を描くようになってくると、なにかが噛み合わなくなっていく。自分のなかの基準として、たとえば作品に人物を描こうと思ったりするときは迷走期(苦笑)。そういうものじゃない、純粋で無理のないものを求めるなかで「ずっと自分が好きだったお花を描こう!」と思ったんです。

応接間に飾られた作品。右下の方に女の子の絵が描かれており、「これは迷走期の作品ですね」と語っていた
応接間に飾られた作品。右下の方に女の子の絵が描かれており、「これは迷走期の作品ですね」と語っていた
Page 2
前へ 次へ

イベント情報

『Shiseido art egg 13th』

今村文展
2019年7月5日(金)~7月28日(日)
会場:東京都 資生堂ギャラリー
平日11:00~19:00 日・祝 11:00~18:00
毎週月曜休(祝日が月曜にあたる場合も休館)
入場無料

小林清乃展
2019年8月2日(金)~8月25日(日)
会場:東京都 資生堂ギャラリー
平日11:00~19:00 日・祝 11:00~18:00
毎週月曜休(祝日が月曜にあたる場合も休館)
入場無料

遠藤薫展
2019年8月30日(金)~9月22日(日)
会場:東京都 資生堂ギャラリー
平日11:00~19:00 日・祝 11:00~18:00
毎週月曜休(祝日が月曜にあたる場合も休館)
入場無料

作家によるギャラリートーク
今村文
2019年7月6日(土)14:00~14:30
会場:東京都 資生堂ギャラリー

小林清乃
2019年8月3日(土)14:00~14:30
会場:東京都 資生堂ギャラリー

遠藤薫
2019年8月31日(土)14:00~14:30
会場:東京都 資生堂ギャラリー

※事前申し込み不要。当日開催時間に直接会場にお越しください。
※予告なく、内容が変更になる場合があります。
※やむを得ない理由により、中止する場合があります。
中止については、資生堂ギャラリー公式Twitterにてお知らせします。
※参加費無料

プロフィール

今村文(いまむら ふみ)

1982年愛知県生まれ。2008年金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科絵画専攻油画コース修了。愛知県在住。主な活動としては、2015年に芸術植物園(愛知県立美術館)参加。2016年にあいちトリエンナーレ2016参加。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観 1

    菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観

  2. BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も 2

    BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も

  3. 『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場 3

    『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場

  4. 山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編 4

    山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編

  5. 米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催 5

    米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催

  6. ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神 6

    ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神

  7. 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場 7

    『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場

  8. サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌 8

    サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌

  9. 「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats 9

    「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats

  10. 松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開 10

    松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開