特集 PR

長塚圭史×田中知之 演劇 / DJに通じる、どうその場の空気を作るか

長塚圭史×田中知之 演劇 / DJに通じる、どうその場の空気を作るか

『常陸坊海尊』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

情報技術と先端技術がかつてないほど発展した今日、人々は便利さを得るのと引き換えに、個人的で肉体的な経験と出会うチャンスを決定的に失っている。そんな時代だからこそ、アートやスポーツといった五感を蘇らせるアクティビティーに人は惹かれるのかもしれない。

演劇のシーンでも、そんな肉体の体験をもたらしてくれる作品がある。12月から上演される『常陸坊海尊(ひたちぼう・かいそん)』は、半世紀以上前の東北を舞台に、400年以上生き続ける怪人・海尊を主軸にした物語だ。輪廻転生、不老不死、シャーマニズムなど、土俗的な主題を用いて、人の「生」と「死」、そして「性」を問うている。

そんな同作を演出する長塚圭史もまた、20代の頃から人間の暴力性や矛盾を追求してきた人物だが、彼はこの作品の音楽のために、とても意外な人物を招いた。田中知之。FPMとして活躍し、先端的な都市の音景を生み出してきた彼に、この濃厚で土の匂いが沸き立つような作品が預けられたのだ。

ある意味で対象的な組み合わせを構想した長塚の真意はいかなるものだろうか? 稽古に打ち込む長塚と田中に話を聞いた。

自分の記憶の奥にある、得体の知れないものが長塚さんの舞台を観ると刺激される。(田中)

―『常陸坊海尊』は戦中から戦後の東北を舞台にした土俗的な物語です。方言の多用や、地方の独特な風習を参照するなどオカルト的な要素も色濃いですが、その音楽をFPMの田中知之さんが担当されることに驚きました。田中さんの音楽は東京的・都会的なイメージがとても強いので。

田中:意外に思いますよね(笑)。長塚さんと現場をご一緒するのはこれがはじめてなんですけど、じつは付き合いは長いんですよ。もう10年以上?

長塚:そうですね。最初は僕が担当していたラジオ番組のゲストとして来ていただいたのが縁で、それ以来公演を観に来ていただいり、客入れにFPMの楽曲を使わせていただくようになったんです。たしかにFPMをパッと聴くと都会的にも思えるんですけど、ハマっていくとクラシックや歌謡曲など音楽の文化史への造詣の深さがわかるんですよね。

この『常陸坊海尊』は1964年に書かれた芝居ですが、そのなかに折り畳まれているのはもっと幅広い歴史や人間への眼差しで、端的に言えば「難しい劇」です。それを戯曲の時代背景に従って古臭く作っても仕方ないですし、この劇が扱おうとしているものは明らかに現代につながっている。そこで田中さんに音楽をお願いしようと思ったんです。

左から:長塚圭史、田中知之
左から:長塚圭史、田中知之

田中:長塚さんから声をかけていただいたら、是が非でもお受けしないと(笑)。それに戯曲を読んで共感する部分がとても多かったんです。いまでこそ僕は電子音楽をやってますけど、生まれ育ったのは京都で、子どもの頃はここに描かれているようなちょっと不思議な空気をじかに感じていましたからね。

長塚:田中さん京都なんですよね。それを聞いて、運命的なものを感じました。

田中:僕の音楽は「最新のテクノロジー」と「過去のアーカイブ」がないまぜになって出来上がっているのですが、京都の街自体も新旧の建物や文化が多層的に重なり合ってできているんです。

僕の生まれたのが応仁の乱の激戦地の近くだったり、近所には法鏡寺っていう人形を祀ってることで有名なお寺があったりする。「人形寺」とも呼ばれていて光厳天皇の皇女が開山したのですが、彼女を慕って人形が夜に歩いたという伝説が伝わっていたりする。他にも、法恩寺というお寺さんには撞くと不幸になると言い伝わる「撞かずの鐘」なんてのがあったりもして、そういうものに囲まれて育ったんです。

田中知之(たなか ともゆき)<br>DJ/プロデューサーとして国内外で活躍。1997年『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以降、8枚のオリジナルアルバムをリリース。リミキサーとしても、FATBOYSLIM、RIP SLYME、布袋寅泰、くるり、UNICORN、サカナクション、Howie Bなど100曲以上の作品を手掛ける。
田中知之(たなか ともゆき)
DJ/プロデューサーとして国内外で活躍。1997年『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以降、8枚のオリジナルアルバムをリリース。リミキサーとしても、FATBOYSLIM、RIP SLYME、布袋寅泰、くるり、UNICORN、サカナクション、Howie Bなど100曲以上の作品を手掛ける。
FPM“City Lights(2001“contact”)”

―ちょっとオカルトチックな環境で。

田中:そんな境遇が今回の音楽に直接反映してるかはわからないですよ(笑)。でも、長塚さんの作品には似たような感覚を覚えることがちょくちょくあって、以前舞台を観て感想のメールをお送りしたときも「海馬をじかに触れられている感じがします」なんて書いたんです。自分の奥にある、自分でも得体の知れない記憶が長塚さんの舞台を観ると刺激される。そういった経験は他の舞台や音楽でもほとんど感じることがない。だからずっと気になって作品を観てきたんです。

長塚:たしかに田中さんとお会いしたばかりの頃って、かなりドロドロした劇を作っていて、怖いことばっかり追いかけてましたね。怖いのは自分でも苦手なのに(笑)。だから京都の話を聞いて驚いたんですけど、正直怖すぎて田中さんのご実家に遊びに行きたくないです! そういうところに行くと身体がビクッとしちゃうし。

長塚圭史(ながつか けいし)<br>劇作家・演出家・俳優。1996年、阿佐ヶ谷スパイダースを旗揚げし、全作品の作・演出を手がけている。
長塚圭史(ながつか けいし)
劇作家・演出家・俳優。1996年、阿佐ヶ谷スパイダースを旗揚げし、全作品の作・演出を手がけている。

―長塚さん、いわゆる霊感とかがあるタイプ?

長塚:そういうわけじゃないんですけど、なんだか反応しちゃうんですよ。「ここっていっぱい人が死んだ場所なんじゃないか?」とか。京都は特に多いですよね。

田中:京都ってすごい不思議な街で、通りが格子状になってるじゃないですか。それぞれの通りはたかだか数十メートルくらいしか離れてないですけど、まったく雰囲気が違ったりする。京都の人間に聞くとほぼ間違いなく同じ感想になるんです。「この通りはいつ行っても雰囲気が暗いなぁ」とか。

長塚:うわあ……。

田中:これも僕に霊感があるとかじゃないんですよ。天気がいいですね、今日は暖かいですね、くらいの日常的な皮膚感覚として、街の至る所に暗がりのようなものを感じて京都の人間は生まれ育っているんです。

―じつをいうと僕も3年前から京都に生活拠点を移してるんですが、いま住んでいる路地も白蛇にゆかりのある場所なんですよ。

長塚:今日のインタビュー、人形とか白蛇とか怖い単語ばかり出てきますね……。

Page 1
次へ

イベント情報

『常陸坊海尊』
『常陸坊海尊』

2019年12月7日(土)~22日(日)
※12月7日(土)・8日(日)はプレビュー公演
会場:神奈川県 KAAT 神奈川芸術劇場<ホール>
作:秋元松代
演出:長塚圭史
音楽:田中知之(FPM)
出演:
白石加代子
中村ゆり
平埜生成
尾上寛之
長谷川朝晴
高木稟
大石継太
明星真由美
弘中麻紀
藤田秀世
金井良信
佐藤真弓
佐藤誠
柴一平
浜田純平
深澤嵐
大森博史
平原慎太郎
真那胡敬二
ほか

プロフィール

長塚圭史(ながつか けいし)

劇作家・演出家・俳優。1996年、阿佐ヶ谷スパイダースを旗揚げし、全作品の作・演出を手がけている。2008年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト・葛河思潮社を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』『冒した者』ハロルド・ピンター作『背信』を上演。また17年4月には、福田転球、山内圭哉らと新ユニット・新ロイヤル大衆舎を結成し北條秀司の傑作『王将』三部作を下北沢・小劇場楽園で上演。また、同年よりKAATプロデュース作品に演出家として参画し、『作者を探す六人の登場人物』(17年)、『セールスマンの死』(18年)を上演。今年12月には秋元松代作『常陸坊海尊』の上演を控える。2019年4月、KAAT神奈川芸術劇場芸術参与に就任。

田中知之(たなか ともゆき)

DJ/プロデューサーとして国内外で活躍。'97年『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以降、8枚のオリジナルアルバムをリリース。リミキサーとしても、FATBOY SLIM、布袋寅泰、サカナクションなど100曲以上の作品を手掛ける。『オースティン・パワーズ:デラックス』や『SEX AND THE CITY』への楽曲提供の他、村上隆がルイ・ヴィトンの為に手掛けた短編アニメーションの楽曲制作や、世界三大広告賞でそれぞれグランプリを受賞したユニクロのウェブコンテンツ『UNIQLOCK』の楽曲制作を担当するなど、活躍の場は多岐に渡る。2019年11月1日にオープンした「渋谷スクランブルスクエア」の展望フロア「SHIBUYA SKY」内のミュージックバー「Paradise Lounge」の音楽監修も担当。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催