特集 PR

やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

『やなぎみわ展 神話機械』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

女性たちの「50年後の理想の自分」を視覚化した『My Grandmothers』や、老女と少女の残酷な物語を描いた『Fairy Tale』などの写真シリーズで、1990年代より世界的に活躍してきた美術家、やなぎみわ。2010年以降は、かねてから関心を抱いていた演劇に挑戦し、戦前の前衛美術の舞台化や野外劇も手がけてきた。そんなやなぎの10年ぶりの個展『やなぎみわ展 神話機械』が神奈川県民ホールギャラリーで開催されている。

過去の代表的な作品群に加えて、会場には、男神と女神の別離を描く「古事記」の桃投げの神話をベースとした新作の写真シリーズや、人間不在の世界で4台のマシンが繰り広げる自動演劇作品が並ぶ。演劇と美術を往復しながら活動してきたやなぎの、近年の思考とは? また、危機の時代の前衛美術を舞台化してきたその眼に、政治と美術の関係が問われる現在の状況はどう映っているのか。展覧会開幕直後の作家に尋ねた。

写真提供:神奈川県マグカル・ドット・ネット

日本の二分するやり方、切り分けるやり方にはずっと違和感があるということです。

―今回の展覧会は、やなぎさんにとって10年ぶりの個展になります。この間、やなぎさんは主に演劇プロジェクトを展開してきましたが、会場ではそれと並行して制作された新作を観ることができます。はじめにそのひとつ、「古事記」の神話を背景に福島県の桃農園を撮影した、『女神と男神が桃の木の下で別れる』について聞かせてください。

やなぎ:このシリーズは、古事記でイザナギ(男神)とイザナミ(女神)の別離を描く、桃投げの神話を題材にしています。

桃投げの神話とは、人間のために火を産んだ女神が死に、彼女を追って死の国にきた男神がその腐乱した姿に驚いて逃げ、最終的はあの世とこの世の境で妻に桃を投げつけて追い払うという物語です。それによって、妻は死の国、夫は火とともに生の国に戻り、ふたつの世界は分かれる。桃とは、その境目を象徴するものだと解釈しています。

この話に限らず、神話には変な話が多いですよね。オチもなければモラルもない。ましてや、そもそも人間中心には語られない。身も蓋もない話ばかりなのですが、なかでも古事記というのはかなりおかしな話だと感じてきました。

やなぎみわ(写真提供:神奈川県マグカル・ドット・ネット)<br>1967年神戸市生まれ。1990年代半ばより、若い女性をモチーフに、CGや特殊メークを駆使した写真作品を発表。制服を身につけた案内嬢たちが商業施設空間に佇む『エレベーター・ガール』シリーズ、2000年より女性が空想する半世紀後の自分を写真で再現した『マイ・グランドマザーズ』シリーズ等により国内外で個展多数。2011年より本格的に演劇プロジェクトを始動。大正期の日本を舞台に、新興芸術運動の揺籃を描いた『1924』三部作を美術館と劇場双方で上演し話題を集めた。
やなぎみわ(写真提供:神奈川県マグカル・ドット・ネット)
1967年神戸市生まれ。1990年代半ばより、若い女性をモチーフに、CGや特殊メークを駆使した写真作品を発表。制服を身につけた案内嬢たちが商業施設空間に佇む『エレベーター・ガール』シリーズ、2000年より女性が空想する半世紀後の自分を写真で再現した『マイ・グランドマザーズ』シリーズ等により国内外で個展多数。2011年より本格的に演劇プロジェクトを始動。大正期の日本を舞台に、新興芸術運動の揺籃を描いた『1924』三部作を美術館と劇場双方で上演し話題を集めた。

やなぎ:この神話に違和感を覚える点は多々ありますが、たとえば、別れのあと、妻が「大勢の人間を殺す」と言うのに対し、なぜ夫は「より多くの人間を生む」と言うのか。そして、そもそもなぜ火を産んだ女神を死の国に追いやったのか。そうしたことに関心があったんですね。そこから別れのきっかけとなった桃を被写体に撮ろうと考えました。

『女神と男神が桃の木の下で別れる』(2018年)
『女神と男神が桃の木の下で別れる』(2018年)

―男と女、生と死の国を分けるこの神話をいま取り上げたいと思ったのは?

やなぎ:日本では現代に限らず、世界の闇の部分がネガティブに捉えられがちでしょう。それについてはずっと違和感を感じていて。闇の部分を切り分け、封印したり覆い隠したりする。それは、日本の天皇制や神道に関わる問題でもあります。

この東シナ海のアジア文化圏のなかで、死を「穢れ」とする思想は日本にとくに強いものだと思います。また、それを女性に担わせるという文化もそう。そのような二分するやり方、切り分けるやり方にはずっと違和感があるということです。

―撮影場所となった福島の桃農家はどのように選ばれたのでしょうか? 制作時期や桃というモチーフからは、東日本大震災との関係を連想します。

やなぎ:私の制作では、最初に頭のなかにイメージが浮かび、それに合った被写体を探しに行くことが多いんです。福島の桃農園も、いろんな候補地をめぐった結果出会いました。だから震災の問題と今回の作品の関連性は、私も現地でいろいろと気がついたものです。

この写真シリーズは、私の作品のなかでも画期的なものです。被写体に人間ではないものを選んだこと、大きな箱型カメラを使ったこと。そして、写真を眼だけでは撮らないということも考えました。桃の撮影では、テントのように布を被り、一晩中仰向けに寝るんです。すると、背中と地面がべったり重なる。正直、2016年に撮影を始めたばかりの頃は、まだ放射能の除染作業が盛んで少し気にしていましたが、撮影を進めるうちに樹と土、水の循環と自分が一体化するような感覚があって、それはとても大きかった。

今年はご縁があって、視覚障害者の方たちと一緒に夜中の果樹園で撮影をしたのですが、私が撮りたいような写真がたくさん生まれて嬉しかったですね。写真とはそういう開かれたメディアです。みなさん、もちろん見えてはいないんですが、桃の気配と、匂いと、土の感触で撮るわけです。

写真提供:神奈川県マグカル・ドット・ネット
写真提供:神奈川県マグカル・ドット・ネット
『女神と男神が桃の木の下で別れる』会場風景
『女神と男神が桃の木の下で別れる』会場風景

―まさに、視覚だけで写真を撮らないことの実践ですね。作品を前にすると、実際はただ桃を撮った写真にも関わらず、過去の作品に通ずる独特の虚構性を感じました。

やなぎ:そうだと思います。何も加工はしていないのですが、私の性質なんでしょうね。どこか物語性もあると思いますし、マジックリアリズムのような雰囲気もあると思う。

近年は野外劇に力を入れていますが、屋外の舞台では、すべてが沸き立ち、声を上げて喘いでいるんです。風、天候、気圧、人間、あらゆるものが瞬間的にも止まらず激しく動いてる。その反動として何かを定着させたいという欲望もありましたね。野外劇で暗闇を照らすためにつねに持っていた懐中電灯も、この作品の土台になりました。

Page 1
次へ

イベント情報

『やなぎみわ展 神話機械』
『やなぎみわ展 神話機械』

2019年10月20日(日)~12月1日(日)
会場:神奈川県 横浜 神奈川県民ホールギャラリー
時間:10:00~18:00
11/29(金)、30(土)はライブパフォーマンス開催のため17:00に閉場。(入場は16:30まで)
休館日:毎週木曜日
料金:一般1,000円 学生・65歳以上750円 高校生以下無料

『やなぎみわアーティスト・トーク』

2019年11月16日(土)
会場:神奈川県 横浜 神奈川県民ホールギャラリー 6階大会議室
時間:14:30~15:45
料金:無料

『MM』

2019年11月29日(金)、11月30日(土)
会場:神奈川県 横浜 神奈川県民ホールギャラリー
時間:各日19:00受付開始、19:30開演
料金:ベンチ席2,000円、立見1,500円

プロフィール

やなぎみわ

1967年神戸市生まれ。1991年京都市立芸術大学大学院(工芸専攻)修了。1990年代半ばより、若い女性をモチーフに、CGや特殊メークを駆使した写真作品を発表。制服を身につけた案内嬢たちが商業施設空間に佇む『エレベーター・ガール』シリーズ、2000年より女性が空想する半世紀後の自分を写真で再現した『マイ・グランドマザーズ』シリーズ、少女と老婆が登場する物語を題材にした『フェアリー・テール』シリーズ等により国内外で個展多数。2009年第53回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表。2010年には福島県立美術館で開催された『胸さわぎの夏休み』展に出品。2011年より本格的に演劇プロジェクトを始動。大正期の日本を舞台に、新興芸術運動の揺籃を描いた『1924』三部作を美術館と劇場双方で上演し話題を集めた。あいちトリエンナーレ2013にて上演した『ゼロ・アワー 東京ローズ 最後のテープ』は2015年アメリカ数か所を巡回した。横浜トリエンナーレ2014を皮切りにステージトレーラー・プロジェクトが立ち上がり、2016~19年には野外劇『日輪の翼』となって横浜・新宮・高松・大阪・京都・神戸への移動公演を行った。また2018年高雄市美術館(台湾)の国際企画展に招待され、新作写真シリーズ『女神と男神が桃の木の下で別れる』等を発表した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 元銀杏BOYZの安孫子と中村、憧れの農家と「農業とパンク」を語る 1

    元銀杏BOYZの安孫子と中村、憧れの農家と「農業とパンク」を語る

  2. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 2

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  3. 中山美穂がNHK『SONGS』に登場 思い出の場所で歌手活動再開の胸中明かす 3

    中山美穂がNHK『SONGS』に登場 思い出の場所で歌手活動再開の胸中明かす

  4. King Gnuの新アルバム『CEREMONY』1月リリース&初アリーナ含むツアーも 4

    King Gnuの新アルバム『CEREMONY』1月リリース&初アリーナ含むツアーも

  5. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 5

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  6. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 6

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察

  7. 二階堂ふみ×染谷将太の100年の恋描く 相鉄都心直通記念ムービー公開 7

    二階堂ふみ×染谷将太の100年の恋描く 相鉄都心直通記念ムービー公開

  8. 映画『ドクター・スリープ』あらすじ、キャストや『シャイニング』など紹介 8

    映画『ドクター・スリープ』あらすじ、キャストや『シャイニング』など紹介

  9. 『スター・ウォーズ』最新作の新映像&13種キャラポスター公開 9

    『スター・ウォーズ』最新作の新映像&13種キャラポスター公開

  10. カニエ・ウェストの記録映画『ジーザス・イズ・キング』3日間限定公開 10

    カニエ・ウェストの記録映画『ジーザス・イズ・キング』3日間限定公開