特集 PR

コトリンゴが語る、片渕須直監督の『いくつもの片隅に』への情熱

コトリンゴが語る、片渕須直監督の『いくつもの片隅に』への情熱

『映画「この世界の片隅に」さらにいくつものサウンドトラック』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

国内はもちろん、海外からも高い評価を受けた片渕須直監督のアニメ映画『この世界の片隅に』の公開から3年。そこに新たなエピソードが加わることによって、その物語自体が放つ印象まで大きく変えた、合計168分――アニメ映画としては史上最大規模となる映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が、ついに完成した。

前作では語られなかった「リンさん」と「周作」の過去。そして、それを知ってしまった「すずさん」の秘めたる思い。ある意味、前作以上に観客の心を掴んで離さない本作には、約250を超える新作カットと共に、4つの新たな楽曲が加わっている。それを担当するのは、もちろんコトリンゴだ。いずれも重要なシーンで流されることになるこの曲を、彼女はどんな思いのもと生み出していったのか。再びタッグを組むことになった片渕監督への思いも含めて、コトリンゴに訊いた。

取材当日、映画公開11日前にもかかわらず、まだ映画は完成していなかった

コトリンゴ<br>音楽家。ボストン・バークリー音楽大学に留学し、学位を取得後、ニューヨークにて演奏活動を開始。坂本龍一に見い出され、2006年日本デビューを飾る。現在までに10枚のソロアルバムと、8枚のサウンドトラックアルバムを発表。劇場アニメーション映画『この世界の片隅に』のサウンドトラックを手がけ、『日本アカデミー賞優秀音楽賞』『毎日映画コンクール音楽賞』ほかを受賞。
コトリンゴ
音楽家。ボストン・バークリー音楽大学に留学し、学位を取得後、ニューヨークにて演奏活動を開始。坂本龍一に見い出され、2006年日本デビューを飾る。現在までに10枚のソロアルバムと、8枚のサウンドトラックアルバムを発表。劇場アニメーション映画『この世界の片隅に』のサウンドトラックを手がけ、『日本アカデミー賞優秀音楽賞』『毎日映画コンクール音楽賞』ほかを受賞。

―映画『この世界の片隅に』の公開から3年……ついに『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が完成しました。まずは本作を見て、コトリンゴさんはどんな感想を持ちましたか?

コトリンゴ:ええと……実は私、今回自分が新曲で関わったシーンについては、音楽を作るときの資料としてあらかじめデータで見せてもらったり、ダビングのときに見させてもらったりしたんですけど、本編に関してはまだ全部を通して見ていなくて。マスコミ試写で流れていた「特別先行版」も、まだじっくり通して見ていないんですよね。

コトリンゴ

―今現在も、まだ映画の編集作業は続いているそうですね(※その後12月10日に、「特別先行版」からさらに8分が追加された168分の作品として完成した)。

コトリンゴ:そうみたいです。ただ、自分が見させてもらったものや「特別先行版」を見られた方の感想を聞くと、前回のものは戦争の印象が強かったというか、「戦争が背景にはあるけれど、みんな私たちと変わらない暮らしがあったんだ」というところが印象に残ったけど、今回のものは、そこからさらに深く入っていって、そこに暮らす人たち──とりわけ、すずさんとリンさんという女の子2人の心の通い合いとかドラマがすごく印象に残ったという感想を聞きます。だから、前作よりもさらに見る人たちが、登場人物たちの心情を考えるような作品になっているんじゃないかと思いますね。

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』ポスタービジュアル。左がすずさん、右がリンさん
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』ポスタービジュアル。左がすずさん、右がリンさん

―「特別先行版」を見させていただきましたが、前作よりも登場人物たちの心情に思いを馳せる出来事やシーンが増えていて……映画を見終えたあと、心に残るものが前作とはまったく違うように感じました。

コトリンゴ:私も完成版が早く見たいです。

「監督さんの日々の積み重ねが、この作品のファンがどんどん増えていく要因になっている気がします」

―(笑)。コトリンゴさんには、今から3年前、前作の公開前にも取材させていただいているのですが(参照記事:のん主演『この世界の片隅に』の立役者 コトリンゴインタビュー)、映画の大ヒットを受けて、コトリンゴさん自身、いろいろな経験をされたり、感じたことも多かったのではないでしょうか?

コトリンゴ:そうですね。監督さんをはじめ、キャスト、たくさんのアニメーターさん、スタッフさんなど、みなさんとともにこの作品に携わることができて本当に嬉しかったですし、舞台挨拶だったりイベントライブだったり、いろんな機会をいただいて。この3年間は、本当にこの作品と一緒に歩んできたような感じがします。

コトリンゴ

―この劇伴を演奏する場も多かったですよね。

コトリンゴ:そうなんです。曲たちがどんどん自分の中で馴染んでいって、もうなにがあっても歌えるぐらいの感覚になっているので、すごく嬉しいなと思っています。

―映画のために作った曲を実際に演奏する機会って、なかなかないですからね。

コトリンゴ:そうなんですよ。映画音楽の場合は、一回もライブで演奏したことのない曲もあったりするので。でも、この作品の場合は、もう演奏してない曲はないぐらいの感じになっているんです。それはすごく珍しいことだし、私としても嬉しいことでした。しかもみなさん、ニコニコしながら聴いてくださるので、すごいありがたいなと思って。

それはもう、監督さんの思いがファンの人たちに伝わったおかげだと思っています。Twitterとかを見ていても、監督さんがファンの方々の声をリツイートしたり、すごいじゃないですか。そうやって、できるだけみなさんとコミュニケーションしようっていう監督さんの日々の積み重ねが、この作品のファンがどんどん増えていく要因になっている気がするんですよね。

―確かに、前作の公開から3年が経ちましたが、意外と久しぶりな気がしないというか。それはきっと、片渕監督がこの3年間、常に精力的に動いていたからなのかもしれませんよね。

コトリンゴ:舞台挨拶も、すごい飛び回っていまだにあちこち出向かれていて。この作品は、監督さんにとって、きっと大切な子どものような作品なのかなって思います。

片渕須直監督。ドキュメンタリー映画『<片隅>たちと生きる 監督・片渕須直の仕事』より。本ドキュメンタリーのために、コトリンゴはテーマ曲“かんとくさん”を書き下ろした
片渕須直監督。ドキュメンタリー映画『<片隅>たちと生きる 監督・片渕須直の仕事』より。本ドキュメンタリーのために、コトリンゴはテーマ曲“かんとくさん”を書き下ろした
Page 1
次へ

リリース情報

コトリンゴ『映画「この世界の片隅に」さらにいくつものサウンドトラック』
コトリンゴ
『映画「この世界の片隅に」さらにいくつものサウンドトラック』(CD)

2019年12月18日(水)発売
価格:3,190円(税込)
VTCL-60514

1. 神の御子は今宵しも
2. 悲しくてやりきれない
3. 引き潮の海を歩く子供たち
4. すいかの思い出
5. 周作さん
6. うちらどこかで
7. 朝のお仕事
8. 隣組
9. すずさんと晴美さん
10. 広島の街
11. 戦艦大和
12. 試験栽培
13. ごはんの支度
14. 径子
15. 疑い
16. ありこさん
17. ヤミ市
18. りんさん
19. デート
20. 知らんでええこと
21. 大丈夫かのう
22. お見送り
23. あの道
24. 良かった
25. 左手で描く世界
26. 白いサギを追って
27. 広島から来たんかね
28. 飛び去る正義
29. 明日も明後日も
30. すずさんの右手
31. 最後の務め
32. りんどうの秘密
33. みぎてのうた
34. たんぽぽ(さらにいくつものversion)
35. わたしの居場所
36. New day
37. すずさん
38. かんとくさん

作品情報

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

全国公開中
監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社)
音楽:コトリンゴ
声の出演:
のん
細谷佳正
稲葉菜月
尾身美詞
小野大輔
潘めぐみ
岩井七世
牛山茂
新谷真弓
花澤香菜
澁谷天外
配給:東京テアトル

リリース情報

コトリンゴ『小鳥観察 Kotringo Best』
コトリンゴ
『小鳥観察 Kotringo Best』(CD)

2019年12月18日(水)発売
価格:3,520円(税込)
RZCM-86979~80

[CD1]
1. こんにちは またあした(月桂冠「つき」CMソング)
2. にちよ待ち
3. Hoshikuzu
4. Hedgehog
5. Chocolate
6. to Stanford
7. おいでよ
8. 友達になれるかな?
9. こどものせかい(映画『マイマイ新子と千年の魔法』主題歌)
10. Today is yours(Panasonic「VIERA Global」CMソング)
11. Preamble(『Slow Live at HONMONJI~箱庭でピチカート~』収録)
12. ツバメが飛ぶうた
13. 誰か私を(日本テレビ『明日、ママがいない』主題歌)
14. classroom feat. Aska Strings
15. ツバメ号
16. 漂う感情(テレビ東京『100万円の女たち』主題歌)
17. こんにちは またあした(2019 version)

[CD2]
1. STARS / コトリンゴ(『“COVERS” FreeTEMPO COVERD ALBUM』収録)
2. Swing at somewhere feat. コトリンゴ / C.O.S.A. × KID FRESINO(C.O.S.A. × KID FRESINO『somewhere』収録)
3. ウィークエンド - Theme from The Great Escape - / 須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET(須藤寿GATALI ACUSTIC SET『The Great Escape』収録)
4. Story(『TVアニメーション『魔法使いの嫁』オリジナル・サウンドトラック2』収録)
5. montage / mito(mito『DAWNS』収録)
6. HE PASSED DEEPLY / toe Feat. コトリンゴ(toe『That's Another Story』収録)
7. What Does That Look Like? Feat. コトリンゴ(AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BAND『WORLD CLASS』収録)
8. Sleigh Ride(commmons『Christmas Songs』収録)
9. The Trolley Song(もみじ市10周年記念アルバム『FLOWER』収録)
10. My Philosophy with kotringo / 蓮沼執太(蓮沼執太『windandwindows』収録)
11. ちいさなあなたへ Someday(アニメDVD『ちいさなあなたへ~Someday~』イメージソング)
12. Chant(kotringo edition) / toi toy toi(『TVアニメ『アリスと蔵六』EDテーマ Chant』収録)
13. falalafala(映画『くまのがっこう~ジャッキーとケイティ~ オリジナル・ソングブック』収録)
14. コユキとマホ(『BECK THE MOVIE Soundtrack』収録)

イベント情報

『コトリンゴ tour 2019「サンタとベストツアー」』

2019年12月25日(水)
会場:愛知県 名古屋 千種文化小劇場(ちくさ座)

2019年12月26日(木)
会場:大阪府 旧桜宮公会堂

2019年12月27日(金)
会場:広島県 流川教会

『コトリンゴ & クリバス from アルゼンチン JAPAN tour 2020』

2020年2月23日(日)
会場:東京都 豊洲シビックセンター

2020年2月28日(金)
会場:愛知県 名古屋 三楽座

2020年
2月29日(土)
会場:岡山県 蔭凉寺

2020年3月1日(日)
会場:島根県 松江 興雲閣

2020年3月4日(水)
会場:大阪府 Billboard Live OSAKA

『「小鳥観察 kotringo Best」発売記念ライブ』

2020年5月17日(日)
会場:東京都 大手町三井ホール

プロフィール

コトリンゴ
コトリンゴ

音楽家。ボストン・バークリー音楽大学に留学し、学位を取得後、ニューヨークにて演奏活動を開始。坂本龍一に見い出され、2006年日本デビューを飾る。現在までに10枚のソロアルバムと、8枚のサウンドトラックアルバムを発表。劇場アニメーション映画『この世界の片隅に』のサウンドトラックを手がけ、『日本アカデミー賞優秀音楽賞』『毎日映画コンクール音楽賞』ほかを受賞。クリエイターからの評価も高く、映画、TVアニメーション、ドラマ、CM音楽など、多数手がけている。2018年にはアルゼンチン国内ツアーで6本のライブを行い、話題となる。卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップワールドを描くアーティストとして、注目を浴びている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露