特集 PR

山縣良和と考える10代の「学び」。変幻自在な自分を知ること

山縣良和と考える10代の「学び」。変幻自在な自分を知ること

GAKU
インタビュー・テキスト
杉浦太一(CINRA, Inc. 代表取締役)
撮影:鈴木渉 編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

2019年11月にグランドオープンした渋谷パルコの9階で、中高生向けのクリエイティブな学びの集積地「GAKU」がスタートする。様々な分野の第一線を走るそうそうたるクリエイター陣が講師となり、中高生のクリエイティビティを刺激するこの場のディレクターを務めるのが、ファッションデザイナーの山縣良和氏(writtenafterwards)だ。

このGAKUに、CINRA.NETを運営するCINRAが新たにはじめた10代向けのオンラインラーニングサービス「Inspire High」も、オフライン拠点として参画している。筆者はその事業準備のために国内外の教育者へのインタビューリサーチを重ねてきたのだが、中でも最も印象に残った言葉の一つをくれたのが、山縣氏だった。

「誰が、いつ、どのように化けるのかわからない中で、いかに奇跡を信じられるかが肝です」

クリエイティビティやアートは、限られた人のためのものではない。今この瞬間、画一的な評価で苦しみ、自分の個性や力を見いだせていない人がいるとすれば、そんな人々を様々な形で照らすことができるのがクリエイティブ教育であり、その実践の場がGAKUだという。

山縣氏が感じる日本の教育の課題や、海外との違い、これからの時代へのクリエイティブ教育の可能性を聞いた。

若者が自由になれるような場所を作ってみたかった。

―GAKUのプロジェクトは、もともとパルコの方からお話があってスタートしたそうですね。

山縣:そうですね。渋谷パルコの9階を文化施設として作っていく、その中で学びの場所を作っていきたいということでお話をいただいたんですが、パルコは東京や渋谷で色々なカルチャーを作ってきたという歴史もあるので、創造性を豊かにすることができる学びがいいだろうと思いました。渋谷は若い子たち、それも色んなジャンルの若者が集まる場所ですよね。なので、一つの分野に限らず色んなものが学べるカオスな場所がいいんじゃないかと思ったんです。

山縣良和(やまがた よしかず)<br>2005年セントラル・セント・マーチンズ美術大学を卒業。在学中にジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを務める。2007年にリトゥンアフターワーズを設立。2008年より東京コレクションに参加。2014年に毎日ファッション大賞特別賞を受賞。2015年には日本人として初めてLVMHプライズのセミファイナリストにも選出された。またファッション表現の研究、学びの場として、2008年より「ここのがっこう」を主宰。「GAKU」のディレクター。
山縣良和(やまがた よしかず)
2005年セントラル・セント・マーチンズ美術大学を卒業。在学中にジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを務める。2007年にリトゥンアフターワーズを設立。2008年より東京コレクションに参加。2014年に毎日ファッション大賞特別賞を受賞。2015年には日本人として初めてLVMHプライズのセミファイナリストにも選出された。またファッション表現の研究、学びの場として、2008年より「ここのがっこう」を主宰。「GAKU」のディレクター。

―GAKUは10代の若者が主な対象ですね。

山縣:日本の10代の教育現場って、いわゆる創造性を豊かにする場や教育に触れ合う機会が本当に少なかったじゃないですか? 僕も中高生の頃は一つの価値観で固まって、すごく保守的になっていたという思いもあって。もうちょっと若者が自由になれるような場所を作ってみたいなと思いました。

GAKU室内。山縣が自ら揃えた古家具や古調度が並ぶ
GAKU室内。山縣が自ら揃えた古家具や古調度が並ぶ

海外に行って「あ、外れていいんだ。自分は自分で良いんだ」と思えた。

―山縣さんはファッションデザイナーでありながら、ファッションデザインの教室「ここのがっこう」を10年以上やっていらっしゃいますよね。服作りと教育を並行してやるというのはどういう思いからだったのでしょうか?

山縣:僕は10代の頃にたくさんの挫折を経験していて、若い頃は特に何かがうまくいった感覚がなかったんです。自分に自分でダメだっていう烙印のようなものを押す寸前だったんです。ちなみにその時の経験からインスピレーションを得て制作したのが、昨年末に発売した『ぼくは0てん』(朝日出版社)という絵本です。

たまたまあるきっかけがもとで、僕は10代最後の年に海外に行くこととなり、日本とは全く別の環境で教育を受けて、新しい価値観を学ぶことで、方向は一つだけじゃないんだなって強く実感することができました。帰国したときに、一つの価値観だけで固まらないような場所があってもいいのにな、という思いが大きくなって、それが「ここのがっこう」の立ち上げにつながりました。

山縣良和
『ぼくは0てん』(絵・文 山縣良和)表紙
『ぼくは0てん』(絵・文 山縣良和)表紙(Amazonで購入する

―イギリスの芸術大学セントラル・セント・マーチンズを首席で卒業されたそうですね。日本では自分に烙印を押すところだったのに、海外では輝くことができたというのは、人は環境によって全く違ってくるということなのかなと思います。日本とイギリスの教育では、具体的にどんな違いを感じましたか?

山縣:一番は、個性に対してウェルカムだった、個性を尊重する地盤があったというところかなと思います。日本では、決まったやり方から外れると学校でもあまり良い顔をされなかったんですが、僕が行っていた学校ではちょっとズレていたらむしろ喜ばれました。その感覚はすごく刺激的でしたし、救われました。「あ、外れていいんだ。自分は自分で良いんだ」と思えて。やっと少しずつ自分自身を認められるようになったっていうのは大きかったです。

もちろん日本の教育現場にも世界的に優れていると思われている部分は少なからずあると思うのですが、僕はそこからあぶれてしまった人間なので。あぶれてしまいがちな人のポテンシャルみたいなものにも、ちゃんとフォーカスできるような社会であってほしいっていう思いがありますね。

GAKU室内
GAKU室内
Page 1
次へ

施設情報

GAKU

10代の若者たちが、クリエイティブの原点に出会うことができる「学び」の集積地。アート、映像、音楽、建築、料理など、幅広い領域で、社会の第一線で活躍するアーティストやデザイナー、先進的な教育機関が、10代の若者に対して、本質的なクリエイティブ教育を実施する。10代の若者が、本物のクリエイターと実際に出会い、時間を過ごし、ともに考え、試行錯誤をしながらクリエイションに向き合うことで、まだ見ぬ新しい自分や世界、すなわち、原点のカオスに出会うことを目指す。ディレクターには、writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)のデザイナー山縣良和を迎え、世界的評価を受けるファッション・スクール「ここのがっこう」、カルチャーWEBメディアCINRAによるオンラインラーニングコミュニティ「Inspire High(インスパイア・ハイ)」などが集まり、感性、本質的な知識、自己と他者の原点を理解する精神を育むプログラムを構成する。

プロフィール

山縣良和(やまがた よしかず)

2005年セントラル・セント・マーチンズ美術大学を卒業。在学中にジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを務める。2007年にリトゥンアフターワーズを設立。2008年より東京コレクションに参加。2014年に毎日ファッション大賞特別賞を受賞。2015年には日本人として初めてLVMHプライズのセミファイナリストにも選出された。またファッション表現の研究、学びの場として、2008年より「ここのがっこう」を主宰。「GAKU」のディレクター。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察