インタビュー

多様化するK-POPコンテンツとファンコミュニティ、その魅力と課題を考察

多様化するK-POPコンテンツとファンコミュニティ、その魅力と課題を考察

インタビュー・テキスト
後藤美波(CINRA.NET編集部)

今年1月から放送された、韓国の大手音楽事務所JYPエンターテインメントとソニーミュージックによるオーディションプロジェクト『Nizi Project』は、『スッキリ』での後押しもあって大きな話題を呼んだ。プロデューサーであるJ.Y. Parkの指導法やキャラクターも人気を集め、同番組から誕生したガールズグループNiziUのプレデビュー曲は、オリコン週間デジタルランキングで初登場1位を獲得した。韓国のオーディション番組『PRODUCE 101』の日本版から生まれたボーイズグループJO1も今年デビューをし、着実にファンを増やしている。日本では近年とくに食やファッション、コスメをはじめとする韓国のカルチャーが若者を中心にトレンドの一つとなっているが、音楽においてK-POPとJ-POPの境界を曖昧にするような試みが日本の消費者の心を掴んでいるのも興味深い現象だ。また世界では、BTSやBLACKPINKなどのグループが欧米のメジャーのフィールドで認知を獲得し、K-POPは国際的にますます存在感を増している。Black Lives Matter運動に連帯したファンダムの動きに注目が集まったことも記憶に新しい。

CINRA.NETでは、それぞれTWICE、IZ*ONEのファンでもあるライターの菅原史稀、松本友也両氏のリレー連載として、K-POPとそれを取り巻く事象を、アーティストとファンダムの関係性や、そこに生まれ得る「物語」に光を当てながら批評するシリーズを昨年11月から掲載してきた。K-POP産業は音楽とビジュアル、コンセプトが一体となったパフォーマンスや、独自性のあるファン文化などユニークな魅力によって世界で多くの人々を惹きつけているが、若いアーティストが過度な精神的負荷を受けたり、痛ましい事件が起きたりと、その構造を見直さなくてはいけない部分もあるだろう。今回は本連載の番外編として菅原、松本両氏に登場いただき、これまでの連載を振り返りながら、ますます拡大・多様化していくK-POPのフォーマットやファンダムの動き、そこで生じている歪みなど、現在のK-POP産業に関連するさまざまな事象を切り取り、その課題とこれからについて語り合ってもらった。

『Nizi Project』でのJ.Y. Park人気。「人柄」を評価軸として提示することの是非

―これまでの連載では、ファンダムやサバイバルオーディションなど、K-POPを取り巻くさまざまな要素について、その功罪も含めて取り上げていただきました。日本でも話題となったオーディション番組『Nizi Project』では、プロデューサーであるJ.Y. Parkの指導に高い評価の声もありましたが、お二人はどういう印象を持ちましたか?

菅原:TWICEが誕生したサバイバルオーディション番組『SIXTEEN』の時と同様、パフォーマンスに対しての指摘は、なるほどと思わされる説得力を感じました。その上で、『Nizi Project』での彼は『SIXTEEN』の時と比べてより余剰のある教え方をしているように思いました。『SIXTEEN』の時はJ.Y. Parkの描くビジョンから少し逸脱するとすぐ豪速球で指摘があったんですが、『Nizi Project』の場合は成長を待ってみたり、もっと長い目で見ていましたよね。「今できなきゃダメ」じゃなくて、「今あなたはその位置にいるんだよ」って言ってみたり。

松本:たしかに『SIXTEEN』の時との違いは印象に残りましたね。日本語の上達ぶりやメンバーへの比較的やわらかい接し方など、日本の視聴者に受け入れられようとする姿勢も感じました。このあたり、どこまで戦略的なものだったのか気になります。本人も「パークさん」としてここまでの人気を得ることはさすがに予想していなかったのではないかとは思いますが。

ソニーミュージックと韓国のJYPエンターテインメントによるオーディションプロジェクト『Nizi Project』。今年6月に放送が終了し、1万人から選ばれた9人組ガールズグループ・NiziUが誕生した
ソニーミュージックと韓国のJYPエンターテインメントによるオーディションプロジェクト『Nizi Project』。今年6月に放送が終了し、1万人から選ばれた9人組ガールズグループ・NiziUが誕生した

―番組内で語られた、JYPが追究する3つの価値「真実」「誠実」「謙虚」も話題になっていましたね。

菅原:この3つの選考基準は『SIXTEEN』の時にも掲げられていました。求める「人柄」を芸能事務所やプロデューサーがはっきり提示するということ自体が、日本の視聴者にとって新鮮だったのかもしれません。

松本:「人柄」が選考基準に含まれていること自体は、現にアイドルが「人間性」で評価される現実がある以上、ビジネスとしては合理的な判断なのかもしれません。とはいえ、「人間性」を晒しているがゆえに起きる誹謗中傷や痛ましい事件があったりするわけで、事務所側にはむしろそこにうまくブレーキをかけて欲しいというのが本音です。アイドルとして求められる「人間性」は、一個人としての人格から作られるものではあれど、完全にイコールではない。少なくとも、多感な時期の候補者に「人間性を評価する」と伝えて審査することと、それを公に放送することの影響力を意識して欲しかったです。

自身もアーティストとして活動するJ.Y. Park
自身もアーティストとして活動するJ.Y. Park

松本:ただ一方で、JYPは所属アーティストへの誹謗中傷に対して厳正に対処するという姿勢を明確に打ち出している事務所でもあります。メンタルヘルス専門のスタッフも雇っている。そうした芸能事務所の代表としてのJ.Y. Parkの姿勢や取り組みについては、また別の評価が必要だと思います。

菅原:「カメラの前でできない言葉や行動は、カメラが無い場所でも絶対にしないで下さい」という、J.Y. Parkの発言についても考えさせられました。「オフであるときもしっかりと」という指導はある意味、アイドルに対して常に「オン」の状態であることを求めるスタンスに転んでしまうようにも映っていて。

アイドルとして常に「オン」であることがプロフェッショナリズムであり、美学だと称揚する見方もそれなりにあると思うのですが、それを選考基準として掲げることはともすれば過剰な労働を強いることにもなり得てしまう。また「オフ」の状態を無くしてしまえば、アイドルのプライベートな時間や感情はどうなるのかという問題点も残しているように思います。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開