特集 PR

橋本晶子が信じる絵の力。人の意識を遠くへ飛ばす、豊かな世界

橋本晶子が信じる絵の力。人の意識を遠くへ飛ばす、豊かな世界

『shiseido art egg』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:前田立 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

毎年、3組の若手作家を紹介する展覧会『shiseido art egg』。その2番手である橋本晶子は、日本画を学び、そこで得た知見を通してインスタレーションを作る作家だ(第一弾は西太志。参考記事:西太志の止まらない創作。互いに結びつき伸びる絵画、立体、映像)。

プライベートな手触りを持つ小さな空間のなかに、植物やテーブルといった日常の品々を描いたドローイングを配置し、さらに鏡やカーテンなどの小物を加えることで、平面と立体物が繊細に関わりあう状況を生み出してきた。

これまでの自主展示と比べて、はるかに大きな資生堂ギャラリーの空間に、橋本はどのような状況を生み出そうとしているのだろうか。

「鉛筆はようするに粉なので、どんどん落ちてく。その儚さが好きなんです」

―橋本さんは大学で日本画を専攻なさっていますが、作品ではインスタレーション的なことを試みていますね。

橋本:そうですね。最初は上村松園(日本画家。1875~1949年)の色香が匂い立つような美人画に憧れて日本画学科に進んだんです。日本人だし日本画らしい日本画を描きたい、みたいな理由で(苦笑)。そこで使われている伝統技術や素材はずっと好きなんですけど、大学の途中から「どうも自分がやりたいことと、日本画の好きな部分がマッチしてないのでは?」と思うようになりました。

橋本晶子(はしもと あきこ)<br>1988年東京都生まれ。2015年武蔵野美術大学大学院 造形研究科修士課程 日本画コース修了。東京都在住。主な活動として、『Yesterday's story』Cite internationale des arts(2018年 / パリ)個展、『It' soon.』Little Barrel(2018年 / 東京)個展などがある。
橋本晶子(はしもと あきこ)
1988年東京都生まれ。2015年武蔵野美術大学大学院 造形研究科修士課程 日本画コース修了。東京都在住。主な活動として、『Yesterday's story』Cite internationale des arts(2018年 / パリ)個展、『It' soon.』Little Barrel(2018年 / 東京)個展などがある。

―マッチしていないというのは、色彩表現や花鳥図のような主題についてですか?

橋本:そう……ですね。素晴らしい筆を使って和紙に岩絵具で塗る、というところが好きな反面、自分の表現となると、色を塗り重ねることがずっと苦手で、単色のほうが自分に合っているじゃないかと。

だったら絵の具にこだわらず、アルミの粉を細い筆先につけて描けばよいし、それって要するに鉛筆のことじゃないか、と気づきまして。それでデッサンの勉強のためにずっと使っていた鉛筆に戻ってきました。そういう経緯で、筆を離れ、和紙を離れ、キャンバスやパネルを離れ、ってやっていたらいまのかたちになりました。

『It's soon.』(部分)2018 鉛筆、紙、部屋
『It's soon.』(部分)2018 鉛筆、紙、部屋

―童話『青い鳥』みたいに、最初のところにぐるっと戻ってきたような。では、日本画を好きになったきっかけはどうでしょう?

橋本:それはもっと小さい頃ですね。両親にいろんな美術展に連れて行ってもらっていたのですが、土田麦僊(日本画家。1887~1936年)の本画(完成した絵画作品)と下図(本画に至るまでのスケッチ、下絵のこと)を展示してるものがあって、その下図を観て「絵ってすごい!」と思ったんです。

家に帰ったあと、ちょうどリンドウの花があったので、それを一生懸命わら半紙に描いて、学校の先生に見せに行ったら、それに定着液(フィキサチーフやニス)を塗ってくれたんですね。そうしたら、自分の描いたものが突如として「絵」になったように感じました。それまでは普通に絵を描くのが好きなだけだった自分が、人に認められた感じがしたというか。その経験がすごく強かったように思います。

―なるほど。だとすると、やっぱり鉛筆のような細い線に最初から興味があったわけですね。

橋本:自分が線的なもののどこに惹かれているかといえば、線それ自体ではない気がするんです。鉛筆ってようするに粉なので、定着液をかけないとどんどん落ちていきます。その儚さが好きなんです。それは絵を観るっていう経験の儚さともつながってる気がしています。

Page 1
次へ

イベント情報

『shiseido art egg 14th』
橋本晶子展

2020年10月30日(金)~11月22日(日)
会場:東京都 資生堂ギャラリー
平日 11:00~19:00 日・祝 11:00~18:00
毎週月曜休(祝日が月曜にあたる場合も休館)
入場無料
事前予約制

作家によるギャラリートーク
橋本晶子展

作家本人が会場で自作について解説するギャラリートークを、各展覧会開始後に資生堂ギャラリーの公式サイトにてオンライン配信いたします。

※ご予約は10月23日(金)から開始となります。

プロフィール

橋本晶子(はしもと あきこ)

1988年東京都生まれ。2015年武蔵野美術大学大学院 造形研究科修士課程 日本画コース修了。東京都在住。主な活動として、『Yesterday's story』Cite internationale des arts(2018年 / パリ)個展、『It' soon.』Little Barrel(2018年 / 東京)個展などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察