特集 PR

曽我部恵一インタビュー 引き伸ばされた日常、虚無感の先をめがけ

曽我部恵一インタビュー 引き伸ばされた日常、虚無感の先をめがけ

曽我部恵一『永久ミント機関』『LIVE IN HEAVEN』『戦争反対音頭』
インタビュー・テキスト
田中亮太
撮影:池野詩織 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

『永久ミント機関』『戦争反対音頭』『LIVE IN HEAVEN』という「2020年夏の3部作」の限定フィジカルリリースを機に、曽我部恵一が今考えていることへと、音楽ライターの大石始と迫ったロングインタビュー(前編はこちらから)。「人はなぜ踊るのか」ということに向き合った前編に続く後編は、曽我部としてはやや久しぶりにハウスミュージック的な楽曲となった“永久ミント機関”の話題からスタート。会話はやがて「今、リアリティを持ちえる音楽とはどんなものか」というディープなテーマに入っていった。

曽我部恵一(そかべ けいいち)<br>1971年8月26日生まれ。乙女座、AB型。香川県出身。1990年代初頭よりサニーデイ・サービスのボーカリスト / ギタリストとして活動を始める。2001年のクリスマス、NY同時多発テロに触発され制作されたシングル『ギター』でソロデビュー。2004年、自主レーベルROSE RECORDSを設立し、インディペンデント / DIYを基軸とした活動を開始する。以後、サニーデイ・サービス / ソロと並行し、形態にとらわれない表現を続ける。
曽我部恵一(そかべ けいいち)
1971年8月26日生まれ。乙女座、AB型。香川県出身。1990年代初頭よりサニーデイ・サービスのボーカリスト / ギタリストとして活動を始める。2001年のクリスマス、NY同時多発テロに触発され制作されたシングル『ギター』でソロデビュー。2004年、自主レーベルROSE RECORDSを設立し、インディペンデント / DIYを基軸とした活動を開始する。以後、サニーデイ・サービス / ソロと並行し、形態にとらわれない表現を続ける。

音楽家としての直感のもと、過去の自分に投げかける形で歌われる「がんばれ」という言葉

―曽我部さんとしては、ご自身の音楽が現実逃避できるツールになってほしいという気持ちはありますか?

曽我部:うん、ありますよ。音楽にはそういう部分が大きいと思いますし、突然すごくリアリティのあること言われて、ハッと目覚めるみたいなこともある。幻想と現実が同時にあるというか、音楽も映画もそういうものだもんね。

―“永久ミント機関”も幻想と現実が同時にある曲だと感じました。

曽我部:そうですか?

―すごく気持ちのいいバレアリックなハウスチューンですけど、そのなかでふと「がんばれ」って言葉が出てくる。そのがんばれって言葉を聞いたときに、すごくいい意味で現実に立戻らせてくれる印象があったんですよね。

曽我部:たしかにあれは「がんばれ」ってことを言いたい曲だね。がんばれって言葉をどういうふうに歌うかを考えてました。

大石:どうしてがんばれって歌う曲を作りたいと思ったんですか?

曽我部:今「がんばれ」って歌ったほうがいいなあと思って。

一同:(笑)

曽我部:時代を理由にするのはちょっとこじつけかもしれないけど、がんばれって歌いたいなと思ったんです。エンケンさん(遠藤賢司)は<「頑張れよ」なんて言うんじゃないよ>(“不滅の男”)と歌っていて、たしかに人にがんばれなんて言われたくない気もする。でも、なんかいい歌い方があるだろうなあと思い、「自分へ向けて歌ってるふうにしたらいいのかな」とか考えて、あの曲を作ったんです。

曽我部恵一“永久ミント機関”を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

―「がんばれ」っていう言葉を乗せるサウンドが、ハウス的なものになったのはどうしてですか?

曽我部:なんだろうねえ……シティポップみたいな爽やかなもののなかで言いたい、という気持ちはあったかもしれない。

―熱いものではなく、爽やかな音楽として。

曽我部:そうそう。THE BLUE HEARTSが歌った<ガンバレ!>(“人にやさしく”)とはまた違うもの。言ってることは一緒なんだけどね。

―歌詞は『いいね!』と地続きにあるような気もしました。CINRA.NETでの同作についてのインタビューで「安っぽい少女漫画のセリフのような歌詞」と言っていましたけど、それが“永久ミント機関”にも受け継がれている気がしたんですよ(関連記事:サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ)。校庭で告白するとか、惑星直列が起こるとか。『いいね!』モードの延長線上にこの曲もあるんですか?

曽我部:あるのかもしれないですね。でも、わりと無意識的だったかな。“永久ミント機関”は3番まであるんだけど、1番ごとにがんばれを言う対象が違うんです。例えば1番は、自分の部屋を片付けてたら古いノートや日記帳、写真とかを見つけたっていう情景なんです。それで当時にトリップして、過去の自分に出会う。「夏あんなことしてたなあ」「山に登ってこんなことしてたなあ」「校庭で告白したなあ」とか、そういう時期の自分に今の地点からがんばれって言ってるんです。その対象をコーラスごとに変えてみた。

左から:大石始、曽我部恵一、田中亮太 / 取材は曽我部が運営する「PINK MOON RECORDS」で実施した
左から:大石始、曽我部恵一、田中亮太 / 取材は曽我部が運営する「PINK MOON RECORDS」で実施した

大石:時期は異なっていても、あくまで自分に向かって言っているんですね。

曽我部:そうそう。最後は今の自分に向けていますね。

大石:やはり個人に向けたがんばれであると。このインタビューの前編で中心的なトピックになっていたダンスしながら個になっていくというベクトルが、“永久ミント機関”にも入ってる感じがします。がんばれと自分に向かって言いつつ、それが結果的に社会に向けて響いていくみたいな。そういう点でも、まさにダンスミュージックという感じがしますね。

Page 1
次へ

リリース情報

曽我部恵一『永久ミント機関』
曽我部恵一
『永久ミント機関』(限定盤12インチ)

2020年10月16日(金)発売
価格:1,870円(税込)
ROSE 253

[SIDE-A]
1. 永久ミント機関

[SIDE-B]
1. MELTING 酩酊 SUMMER

曽我部恵一『戦争反対音頭』
曽我部恵一
『戦争反対音頭』(限定盤7インチ)

2020年10月16日(金)発売
価格:1,100円(税込)
ROSE 254

[SIDE-A]
1. 戦争反対音頭

曽我部恵一『LIVE IN HEAVEN』
曽我部恵一
『LIVE IN HEAVEN』(限定盤LP)

2020年10月16日(金)発売
価格:2,970円(税込)
ROSE 255X

[SIDE-A]
1. 野行性
2. フランシス・ベーコンエッグ
3. 文学
4. mixed night

[SIDE-B]
1. Gravity Garden
2. Big Yellow
3. 花の世紀

曽我部恵一
『LIVE IN HEAVEN』(限定盤CD)

2020年10月16日(金)発売
価格:2,200円(税込)
ROSE 255

1. 野行性
2. フランシス・ベーコンエッグ
3. 文学
4. mixed night
5. Gravity Garden
6. Big Yellow
7. 花の世紀

プロフィール

曽我部恵一
曽我部恵一(そかべ けいいち)

1971年8月26日生まれ。乙女座、AB型。香川県出身。1990年代初頭よりサニーデイ・サービスのヴォーカリスト / ギタリストとして活動を始める。2001年のクリスマス、NY同時多発テロに触発され制作されたシングル『ギター』でソロデビュー。2004年、自主レーベルROSE RECORDSを設立し、インディペンデント / DIYを基軸とした活動を開始する。以後、サニーデイ・サービス / ソロと並行し、形態にとらわれない表現を続ける。2020年8月、『永久ミント機関』『LIVE IN HEAVEN』『戦争反対音頭』を立て続けに発表。10月にはこれら3タイトルを「2020年夏の3部作」と銘打って限定プレスでフィジカルリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」