特集 PR

ドミニク・チェン×原田祐馬「わかりあえない」から始めるデザイン

ドミニク・チェン×原田祐馬「わかりあえない」から始めるデザイン

『グッドデザイン賞』フォーカス・イシュー
インタビュー・テキスト
島貫泰介
編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

家電や自動車などのプロダクトデザインから、webサービスやコミュニティの仕組み自体を考えるものまで、「デザイン」の対象は形や物に限らず、その定義と領域はじつに多様化している。そこには私たちの生活や文化の変化も反映されているはずで、デザインを考えることは人間について考えることにもなるのではないだろうか? 今後ますます多様化するデザインのあり方について理解を深めるべく、今回2人の実践者に話を聞いた。

1人は、研究者、起業家など多彩な顔を持ち、現代社会について批評的な眼差しを向けるドミニク・チェン。そしてもう1人は、グラフィックデザインだけでなく地域や福祉の現場で人と人のつながりをデザインしてきた原田祐馬。「これまで~いま~これから」を視野に入れた活動を重ねている彼らは、デザインについて、そしてデザインと社会の関係についてどのような問いを投げかけるだろうか?

ドミニク・チェン<br>博士(学際情報学)。早稲田大学文化構想学部准教授。一貫してテクノロジーと人間の関係性を研究している。近著に『未来をつくる言葉―わかりあえなさをつなぐために』(新潮社)、共著に『わたしたちのウェルビーイングをつくりあうために: その思想、実践、技術』(ビー・エヌ・エヌ新社)。
ドミニク・チェン
博士(学際情報学)。早稲田大学文化構想学部准教授。一貫してテクノロジーと人間の関係性を研究している。近著に『未来をつくる言葉―わかりあえなさをつなぐために』(新潮社)、共著に『わたしたちのウェルビーイングをつくりあうために: その思想、実践、技術』(ビー・エヌ・エヌ新社)。
原田祐馬(はらだ ゆうま)<br>1979年大阪生まれ。UMA/design farm代表。大阪を拠点に文化や福祉、地域に関わるプロジェクトを中心に、グラフィック、空間、展覧会や企画開発などを通して、理念を可視化し新しい体験をつくりだすことを目指している。『グッドデザイン賞』審査委員、京都造形芸術大学空間演出デザイン学科客員教授。
原田祐馬(はらだ ゆうま)
1979年大阪生まれ。UMA/design farm代表。大阪を拠点に文化や福祉、地域に関わるプロジェクトを中心に、グラフィック、空間、展覧会や企画開発などを通して、理念を可視化し新しい体験をつくりだすことを目指している。『グッドデザイン賞』審査委員、京都造形芸術大学空間演出デザイン学科客員教授。

必要なのは、誰もが社会から取り残されないようにするデザイン(ドミニク)

―ドミニクさんは現在、21_21 DESIGN SIGHTで開催されている『トランスレーションズ展』という展覧会をディレクションされています。展示内容は、プロダクトデザインもあれば現代アートもあり、認知科学の研究も反映されていて、とても広い視野でデザインへの関心を扱った企画ですね。

ドミニク:僕への依頼があった際、事前に「翻訳」というテーマが立てられていたのですが、僕自身、複数の文化のなかで生まれ育っていて、翻訳的な現実を生きているという感覚がすごくあるし、いろんな領域をつなげる翻訳的な活動をずっとしてきたつもりでもありましたから、面白い展示ができると思ってお引き受けしました。

「翻訳」とは一般的に、「言葉に関するもの」として理解されていると思うのですが、展覧会のリサーチを進めるたびにその意味がどんどん広くなっていきました。例えば障害を持つ人のために作られたデバイスやスポーツに関係するプロジェクト、グラフィックレコーディングという記述法など、非言語の世界にも関心が広がって、大きくコミュニケーション全般に関わるものとして「翻訳」を捉えるようになっていったんです。

そして最終的には、人間以外の生命種とのコミュニケーションの可能性や不可能性を考えるようになった(笑)。古典的、正統的なデザインの展覧会からはだいぶ離れたものに仕上がったと思います。

―サブタイトルにある「わかりあえなさ」というのも面白いキーワードですね。

ドミニク:翻訳って普通に捉えれば「わかりあえなさ」を解消するものですが、実際にいろいろ考えてみると、コミュニケーションからこぼれ落ちてしまうエラーだとかノイズ、誤訳こそが重要だと思いました。そこでこんなサブタイトルになったと。

原田:僕は今年の『グッドデザイン賞』の審査に関わっていて、「フォーカス・イシュー」という、社会課題と応募作全体から自分なりのテーマを発見していく取り組みのディレクターをしているんです。そこで自分が設定したのが「とおい居場所をつくるデザイン」というものなんです。すごい抽象的なんですが(笑)。

『グッドデザイン賞』フォーカス・イシュー
『グッドデザイン賞』フォーカス・イシュー(サイトを見る

ドミニク:面白いテーマだし、「わかりあえなさ」とも関係していそうな気がしますね。

原田:そう思います。僕は大阪の千里ニュータウンで生まれ育って、いまも同じ場所に住んでいるんですけど、ここは隣近所みたいなものはありますが、数世代にまたがる地縁関係があまり存在しなくて、コミュニティに属している感覚が希薄なように思います。

だからなのか、深い地縁の関係性よりも自分の立っているところから遠い場所や存在が気になることが多いんです。また、この10年間で「たんぽぽの家」や「Good Job! Center KASHIBA」といった障害のある人たちの現場に関わったことも大きいだろうと自分では考えています。

奈良県の福祉施設「たんぽぽの家」と共同で企画した、障害のある人たちの仕事づくりを実践する「Good Job! Project」(2012年~)の様子 / Photo:Michio Hayase
奈良県の福祉施設「たんぽぽの家」と共同で企画した、障害のある人たちの仕事づくりを実践する「Good Job! Project」(2012年~)の様子 / Photo:Michio Hayase

原田:最近は児童養護施設や母子支援施設などの福祉に関わる仕事も増えています。そこで、現場を見させていただくと、僕らが日常的に生活していても気づかないような苦悩が見えるようになってきています。

いまはデザイナーとしての関わりですが、こういう場所は日常的になぜか見えなくなっていて、あと一歩だけでも見えるようになると小さな自分の圏内だけでない誰かのことを、知れるようになる。そうすることで、もうちょっと僕たちは優しくなれるんじゃないかなぁと。

ドミニク:社会のなかでマージナライズ(周縁化)されている人たちに対する偏見ってたくさんありますよね。それを和らげたり解消するためのさまざまな通路として報道や文学があると僕は思っているんですけど、祐馬さんはそのインターフェイスをデザインしてるわけですね。具体的にはどんな設計をするんですか?

原田:それが、公開できないものがほとんどなんです(苦笑)。こういった場所には、命からがら暴力などから逃げてきた人たちもいるから場所がどこにあるかも公表してはいけなかったりします。

ドミニク:そうか、そうですよね。

原田:言える範囲だと……ある母子支援施設で最初にやったことは、ハッピーターンを贈ることでした。

ドミニク:ああ、あのお菓子の。

原田:施設の人に話を聞くと、お母さんがものすごく忙しくしていて、子どもとごはんを食べる時間もほとんどないそうなんです。そういう状況に、ヒアリングやアンケートに答えていただく時間を作るために、簡単に一緒に食べれるような、しかもすごく些細なものがポンとそこにあれば一緒の時間が増えていくんじゃないかと思ったんです。ハッピーターン、僕だったら嬉しいなぁと。名前も良いし(笑)。

ハッピーターンはその一例ですが、それ以外にもいろんなことをやってますね。「これはデザインなのか?」と自分でも思いつつ(笑)。

ドミニク:面白いなあ。2018年度の『グッドデザイン賞』で大賞になった、「おてらおやつクラブ」というプロジェクトがありましたよね。お寺に寄せられたお供えのお菓子を支援団体や困窮家庭に送る取り組みですけど、さきほどの祐馬さんのハッピーターンはそれに通じますね。

貧困問題解決に向けてのお寺の活動「おてらおやつクラブ」 / お寺のお供えを、仏さまからの「おさがり」として頂戴し、経済的に困難な状況にあるご家庭へ「おすそわけ」する活動。賛同する全国のお寺と、子どもやひとり親家庭などを支援する各地域の団体をつなげ、お菓子や果物、食品や日用品を届けている
貧困問題解決に向けてのお寺の活動「おてらおやつクラブ」 / お寺のお供えを、仏さまからの「おさがり」として頂戴し、経済的に困難な状況にあるご家庭へ「おすそわけ」する活動。賛同する全国のお寺と、子どもやひとり親家庭などを支援する各地域の団体をつなげ、お菓子や果物、食品や日用品を届けている(『グッドデザイン賞』の受賞サイトを見る

ドミニク:とあるプロジェクトで日本の経済状況の数字を調べたことがあって、いわゆるシングルマザーの人たちが日本では約60万世帯あるんですよ。少し前の統計なのでさらに変化していると思いますが、さらにその半数以上が相対的貧困層に位置しているといわれています。

貧困やそこから生じる児童虐待は社会構造の問題であって、親から子へと貧困は連鎖していくんです。テレビで虐待のニュースなんかを見ていると、非常識な親だから子どもに暴力を振るうんだろうと思ってしまいがちだけど、全然そんなことはないんです。

必要なのは、誰もが社会から取り残されないようにするコミュニケーションやコミュニティのデザインだろうと思っているので、ハッピーターンを贈ることで親子の時間をデザインするというのは、すごく本質的だと感じますね。

原田:今日たまたま、その施設からお礼の手紙が届いて「ひさしぶりに、子どもとこういうお菓子を食べました」って書いてあったんですよ。「やってよかったー」って思ってます(笑)。

Page 1
次へ

ウェブサイト情報

フォーカス・イシュー | Good Design Award
フォーカス・イシュー | Good Design Award

2015年から始まった「フォーカス・イシュー」は、『グッドデザイン賞』を主催する日本デザイン振興会による、デザインがいま向き合うべき重要な領域を定めた取り組みです。近年、急速に拡張・多様化するデザインの潮流に対して、複数のディレクターがそれぞれにテーマを設定。『グッドデザイン賞』をもとに、近年のデザイン動向を分析した上で、社会課題の解決に向けた提言を行なっています。

プロフィール

ドミニク・チェン

博士(学際情報学)。早稲田大学文化構想学部准教授。一貫してテクノロジーと人間の関係性を研究している。近著に『未来をつくる言葉―わかりあえなさをつなぐために』(新潮社)、共著に『わたしたちのウェルビーイングをつくりあうために: その思想、実践、技術』(ビー・エヌ・エヌ新社)。2020年10月16日から2021年3月7日まで21_21 DESIGN SIGHTでディレクションを務める『トランスレーションズ展―「わかりあえなさ」をわかりあおう』が開催。

原田祐馬(はらだ ゆうま)

1979年大阪生まれ。UMA/design farm代表。大阪を拠点に文化や福祉、地域に関わるプロジェクトを中心に、グラフィック、空間、展覧会や企画開発などを通して、理念を可視化し新しい体験をつくりだすことを目指している。「ともに考え、ともにつくる」を大切に、対話と実験を繰り返すデザインを実践。『グッドデザイン金賞』(2016年度)、『第51回日本サインデザイン賞最優秀賞』(2017年度)など国内外で受賞多数。京都芸術大学空間演出デザイン学科客員教授。愛犬の名前はワカメ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性