特集 PR

SWALLOWが自らの殻を破って語る。3人は自由を求めて羽ばたいた

SWALLOWが自らの殻を破って語る。3人は自由を求めて羽ばたいた

SWALLOW『ULTRA MARINE』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影協力:LINE RECORDS 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

この世界に「自由」というものが本当にあるのかどうかは知らないが、自由を求める心の美しさはわかる。SWALLOWは自由を求めるバンドだ。それゆえに美しいバンドだ。

2017年にバンド「No title」としてLINE社が主催するオーディション『LINEオーディション2017』にてグランプリを獲得。それをきっかけにデビューを飾ったメンバー3人の姿は端から見れば華々しく見えていたものだが、当時、未だ青森で暮らす高校生だった彼らにとっては、急激に変化していく環境になんとか反応していくことで精一杯だったのかもしれない。2019年に大学受験をきっかけに一時活動休止を挟んだのち、彼らはバンド名を「SWALLOW」と改め、再始動した。それは、自分たちの本当の表現を手に入れたいと願うバンドの、勇気ある決断だった。

SWALLOW名義で既に放たれた2曲、“SWALLOW”と“ULTRA MARINE”は、どちらもバンドの切実な衝動と深い美意識を感じさせる楽曲だ。作詞作曲をした工藤帆乃佳が描く、個人という枠組みを超越した根源の世界を目指すような、世界の果ての先で色彩の海に溺れることを願うような、そんな狂おしい詩情が初々しくも映えている。この先、彼らが生み出すものがとても楽しみになるような2曲だ。新たなスタートを祝して、3人に行ったリモートインタビューの様子をお送りする。

SWALLOW(スワロー) / 左から:種市悠人、工藤帆乃佳、安部遥音<br>2016年9月、青森県でバンド「No title」を結成。2017年7⽉から始まった、LINE社主催『LINEオーディション2017』で総合グランプリを獲得し、翌年2018年1月にデビュー。2020年6月1日、バンド名を「SWALLOW」に改名。2021年1月、シングル『ULTRA MARINE』を発表した。
SWALLOW(スワロー) / 左から:種市悠人、工藤帆乃佳、安部遥音
2016年9月、青森県でバンド「No title」を結成。2017年7⽉から始まった、LINE社主催『LINEオーディション2017』で総合グランプリを獲得し、翌年2018年1月にデビュー。2020年6月1日、バンド名を「SWALLOW」に改名。2021年1月、シングル『ULTRA MARINE』を発表した。

「もっと『なりたい自分』になりたい」ーーシンデレラストーリーの途中で、3人が下した決断

―去年の6月に「No title」から「SWALLOW」へとバンド名を変更されましたが、バンドとしては抜本的な変化ですよね。

工藤(Vo,Gt):そうですね。改名の言い出しっぺは私だったんですけど、No titleのときの自分たちは、あまりに未熟なまま、自分たちに自信がない状態でデビューしてしまったという感覚があったんです。本当にいろんな方にお世話になりながら活動してきたし、それはすごく光栄なことで、必要な経験だったと感じていて(関連記事:高校生バンドNo titleのシンデレラストーリーが始まった)。

No titleの印象って、きっと「高校生らしさ」とか「若々しさ」みたいなものだったと思うんですよ。青春で、キラキラしていて……みたいな。私たちが本来やりたいことは、そういうことではなかったんですよね。実際のところ、私は高校時代、鬱屈とした気分になることも多かったし、決して楽しいことばかりではなかった。そういうものも、ちゃんと作品として残していきたい気持ちがあって。

―本来の自分たちと、周りからのイメージの間にあるギャップを埋めたかった?

工藤:私たちがやりたいことは、あくまでも自己表現であり、内に秘めたものを表現していきたい、ということなんです。もっと「なりたい自分」になりたいというか。それで、バンド名を「SWALLOW」に変えて再始動しようということになりました。

左から:安部遥音、工藤帆乃佳、種市悠人

―今、工藤さんがおっしゃったことは、バンド内で共有している感覚でしたか?

安部(Gt):そうですね。大学受験のために活動休止をしたんです。そこで一旦区切りをつけて、「高校卒業後、どうやって活動していこうか?」ということを考えていたんですけど、「このまま中途半端な形で進んでしまうとよくないよね」と、今のSWALLOWのチームでは話し合っていました。

種市(Key):僕も、改名は賛成でした。この先、曲のイメージを変えていくとなったときに、バンドの見せ方も変えていく必要もあると思っていたし。

工藤:No titleとしての活動の方向性が、自分たちが思い描くものと違うものになってしまいそうな不安は3人ともあったと思うし、「今、変わらなければいけない」という認識も共通していたと思いますね。

―レーベルの方々や、これまで関わってきた方々とも話し合いがあったわけですよね、きっと。

工藤:マネージャーさんも含めて、しょっちゅうミーティングをやっていて、「3人とも東京に出てきたけど、コロナ禍になってしまって、活動はどうする?」という話をしていたときに、「改名したいです」と伝えました。高校を卒業して節目ではあったので、一緒に考えてくれて、納得してくれましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

SWALLOW『ULTRA MARINE』
SWALLOW
『ULTRA MARINE』

2021年1月23日(土)配信

プロフィール

SWALLOW
SWALLOW(スワロー)

工藤帆乃佳(Gt,Vo)、安部遥音(Gt)、種市悠人(Key)からなる3ピースバンド。2016年9月、青森県でバンド「No title」を結成。2017年7⽉から始まった、LINE社主催『LINEオーディション2017』で総合グランプリを獲得し、翌年2018年1月にデビュー。その後、映画主題歌や高校野球テーマソングを担当、ARABAKI ROCK FEST出演などを経て「No title」としての活動終了を宣言。2020年6月1日、バンド名を「SWALLOW」に改名。2021年1月、シングル『ULTRA MARINE』を発表した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談