インタビュー

『パーム・スプリングス』 全てが無意味な世界で何に価値を置く?

『パーム・スプリングス』 全てが無意味な世界で何に価値を置く?

インタビュー・テキスト
常川拓也
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

人間関係に飛び込むことの困難さと深遠さ。実存主義を扱いつつ、「人とつながることの価値」を描いた

翻って、映画には、愛を性的な欲望と理解して浮気をする者ばかりが登場する。結婚式の日を舞台にした『パーム・スプリングス』は、長期的な人間関係のメタファーとしてタイムループのコンセプトを使用しているとも言えるだろう。

「仰る通り、この映画自体が人間関係に飛び込むことの深遠さを探った作品だと思います。脚本の執筆過程で常に私たちのガイドとなったのは、ナイルズというキャラクターでした。

彼は、ひとりきりで世界を渡り歩く中で何も信じなくなっていたけれど、次第に無意味な存在としか思えなかったものに意味があること、そして他者を気にかけ、受け入れることに意味があるのだということに気づく。自分が許しさえすれば、愛によって世界を開くことができるのです」

『パーム・スプリングス』 ©2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
『パーム・スプリングス』 ©2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

『恋はデジャ・ブ』では、ビル・マーレイ演じる主人公は道徳的な成長を達成することによって、あたかも神からもう十分だと見なされるようにしてカルマから解放される。それに対して、『パーム・スプリングス』のふたりは、自らの積極的な選択によってこの呪いを解く。

これまでのタイムループ映画と一線を画す最も重要なことは、無限に続く同じ結婚式に出席する中で、愛が存在しているかどうかすらわからなくなったナイルズが、迷いを振り切って愛に身を投じる瞬間にある。バーバコウは、実存主義の主題を扱う上で、「リープ・オブ・フェイス」(証明できないものを信じ、思い切って行動すること)を描く。

「まさにそれこそがとても重要なことでした。この映画は、主人公が人生の意味を見つけたと本気で思っていたのに、まだそのループから抜け出せないところから始まります。必ずしも人生の意味を知っていれば自分は解放されるというような壮大なアイデアを描いているわけではなく、それよりも人とつながることの価値、そして他者を思いやることの大切さを知ることを描いた作品だと思っています。特にふたりの間の親密さを探究しようとする中で、彼らが自分の心を開くことがいかに困難なことかを私たちは常に考えていました。それができたときの持つ力を描きたかった。

だから、私にとっては、彼らがループを抜けられるかどうかはそこまで重要ではなく、むしろふたりが一緒に洞穴に入ることを選ぶことが重要だったのです。それが最もパワフルな瞬間だと思っています」

『パーム・スプリングス』 ©2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
『パーム・スプリングス』 ©2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

なお、そのクライマックスでケイト・ブッシュの“Cloudbusting”が流れることも意味深である。本作のもうひとつユニークな側面は、不合理なこのジャンルに科学の要素も持ち込んだことだ。サラは、出口はないと諦めたナイルズやロイとは異なり、脱出するために一心不乱に量子物理学を学び始める。

“Cloudbusting”も同様に、独自の装置クラウドバスターで天候を操って雨を降らせようと科学の未知の力に賭けた精神分析家ヴィルヘルム・ライヒのことを歌った曲である。この選曲もまたアンディ・サムバーグとの「完璧な結婚」の恩恵だとバーバコウは最後に明かしてくれた。

「“Cloudbusting”については、初めてアンディ・サムバーグと会ったときに彼が提案してくれて、歌詞もフィーリングも多くのレベルで完璧に共鳴している曲だと思いました。それにほかの作品でおそらく使われたことがない点もプラスに働きました。ほかで使われていると、何らかの意味合いをその曲がまとってしまっているかもしれない。でもそういうものなしに、この映画と呼応するような楽曲として使うことができたのがとてもよかったですね」

ケイト・ブッシュ“Cloudbusting”を聴く(Apple Musicはこちら

Page 4
前へ

作品情報

『パーム・スプリングス』

2021年4月9日(金)から新宿ピカデリーほか全国で公開

監督:マックス・バーバコウ
脚本:アンディ・シアラ
出演:
アンディ・サムバーグ
クリスティン・ミリオティ
ピーター・ギャラガー
J・K・シモンズ
上映時間:90分
配給:プレシディオ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信