インタビュー

サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

インタビュー・テキスト・編集
山元翔一(CINRA.NET編集部)
撮影:岩元崇
2021/04/28

突然だけれども、あなたにとって音楽の先輩と呼べるような人はいるだろうか。親兄弟やクラスメイト、部活やサークルの先輩、SNSでフォローしている顔も名前も知らないどこかの誰か、お気に入りのプレイリストやディスクガイド、お店やメディアなど……指針となる人やものが身近にあるだけで、未知の音楽に触れるハードルは格段に低くなる。自分自身の体験を通じてもそう感じる。

遡ること2か月前、ぼくにとって10年来の音楽の先輩(インディレーベルのA&R)から「Subway Daydreamって新人を担当することになったから聴いてほしい」と連絡があった。“Teddy Bear”という曲を聴いてみると、ネオアコ~オルタナティブロックの系譜にあるギターサウンドに1990年代的なJ-POP風味のキャッチーな歌が乗っていて、そのうえ、ただ音楽的な要素を寄せ集めただけじゃないものを感じさせて面白いバンドだなと思った。

その先輩と久しぶりに会って話をし、Subway Daydreamがストリーミング以降の音楽のかたちについて考えていること、洋楽と邦楽の隔たりを強く感じてきた世代の当事者としての言葉を持っていると聞き、すぐに記事をつくろうという話になった。撮影は、10年近く前からTwitter経由でいろんな音楽を教えてもらっている岩元崇さんにお願いすることにした。

スピッツをロールモデルに80~90年代のインディロックを貪欲に吸収するソングライターの藤島裕斗、The Smashing Pumpkinsやハンバート ハンバートに影響を受けたギターボーカルの藤島雅斗(裕斗とは双子)、ドラマーとしてデイヴ・グロールを敬愛するKana、コブクロのようなボーカルの共鳴をバンドサウンドで試みるシンガーのたまみ。

1997~1998年生まれの4人に、学生時代の音楽体験やストリーミングを前提としたバンドの実態について話を聞いた。

Subway Daydream(さぶうぇい でいどりーむ)<br>2020年、大阪にて結成。結成直後の2020年6月にリリースした『Twilight』は、自主盤にもかかわらず、タワーレコードオンラインのJ-POPシングルウィークリーTOP30に28位でランクイン。各店の「Eggs Choice」コーナーにおいても、梅田NU茶屋町店で年間1位、新宿店で年間4位の売上を記録。また関西の新人アーティストの登竜門として知られる『eo Music Try』でも準グランプリを獲得するなど、短い活動期間ながらも早耳リスナーや関係者の間で注目を集めている。上海に拠点を置く「Luuv Label」より中国での楽曲配信がスタートしたほか、アメリカをはじめとする海外のラジオ局でも楽曲がオンエアされるなど、日本国外へもその支持を広げている。2021年4月28日に初の全国流通盤となるEP『BORN』をリリース。
Subway Daydream(さぶうぇい でいどりーむ)
2020年、大阪にて結成。結成直後の2020年6月にリリースした『Twilight』は、自主盤にもかかわらず、タワーレコードオンラインのJ-POPシングルウィークリーTOP30に28位でランクイン。各店の「Eggs Choice」コーナーにおいても、梅田NU茶屋町店で年間1位、新宿店で年間4位の売上を記録。また関西の新人アーティストの登竜門として知られる『eo Music Try』でも準グランプリを獲得するなど、短い活動期間ながらも早耳リスナーや関係者の間で注目を集めている。上海に拠点を置く「Luuv Label」より中国での楽曲配信がスタートしたほか、アメリカをはじめとする海外のラジオ局でも楽曲がオンエアされるなど、日本国外へもその支持を広げている。2021年4月28日に初の全国流通盤となるEP『BORN』をリリース。

共通言語はスピッツ。97〜98年生まれの4人が80~90年代の音楽に惹かれる背景

―Subway Daydreamをはじめるにあたって、バンドの共通言語になった音楽はなんでしょうか?

裕斗(Gt):それでいうとスピッツなんですけど、バンドとしてのそもそものはじまりでいうと、ぼくとKanaが「Snail Mailみたいなオルタナバンドをやろうぜ」みたいな話をしたんですよね。いまは全然違うバンドをやってるんですけど(笑)。

Kana(Dr):あと、Alvvaysみたいなドリームポップをすごく聴いてた時期で。

裕斗:そうそう。シューゲイザーとかオルタナみたいな尖った音楽性とキャッチーなメロディーを融合させたバンドをやりたいよねって話で盛り上がって、Kanaが幼馴染のたまみを、ぼくが双子の雅斗を連れてきて結成に至りました。

―スピッツのことはどんなふうに見ていますか?

裕斗:海外の音楽を吸収して、日本語で、日本独自の音楽に昇華するってことを、メインストリームでやってるのがすごいなと思っています。

スピッツが好きって言ってるからこのバンド聴いてみようって感じで、ぼくらも聴く音楽の幅が広がったところもあるし、ギターも三輪(テツヤ)さんのアルペジオにすごく影響を受けました。

雅斗(Gt,Vo):カラオケでよく歌われてたり、日常のなかでも耳にするJ-POPのバンドって認識から、彼らのルーツにある海外の音楽を知って、じつはすごくかっこいいオルタナバンドでもあるんだってことに気づいて。

裕斗:あらためて聴き返して「これ、めっちゃギターポップやん!」って気づくみたいなことがあって。

雅斗:そうそう。初めて聴いたときと何年か経って聴いたときの印象が全然違うのが面白かったですね。

左から:藤島裕斗、藤島雅斗、たまみ、Kana
左から:藤島裕斗、藤島雅斗、たまみ、Kana

―スピッツって不思議なバンドですよね。田村(明浩)さんのベースはブラックミュージック由来のグルーヴが効いたものが多かったり、ときにはパンキッシュだったり、テツヤさんとドラムの﨑山(龍男)さんはハードロックとかメタルなども背景にあって、草野マサムネさんも同じようにハードロックを通っていつつも、The Cureをはじめとする1980年代のニューウェーブ / ポストパンクの匂いを感じさせるソングライティングで。そのうえで、日本語の歌としてめちゃくちゃ大衆性があるバンドですよね。

裕斗雅斗:そう思います。

たまみ(Vo):いろいろなものが混ざっているんだけど、ひとつの音楽になってるところが好きです。初めて“チェリー”のPV見たときに「一人だけめっちゃイカツイ人おるやん」って思って。

一同:(笑)

たまみ:テツヤさんだけ全然違うやんって思ったけど、でもそれがいいって思いました。合わせるんじゃなくて、一人だけああいう格好してるのがかっこいい。

スピッツ“チェリー”(1996年)を聴く(Apple Musicはこちら / Spotifyはこちら

Kana:スピッツみたいに長く続けられるバンドってかっこいいなと思います。私たちも幼馴染同士と双子っていう縁でつながったバンドなんで、長く、楽しくやりたいなと思ってます。

―みなさんがどういったきっかけで海外のギターポップとかインディロックに惹かれたのか理由が気になります。スピッツが好きだからっていうのもひとつの理由だと思いますけど、いかがですかね?

裕斗:ぼくら双子は早生まれの1998年生まれで、80~90年代のロックは国内外問わず後追いで。ロックの入口が中学生くらいのときに聴いたスピッツとかフジファブリックで、そのあとにNUMBER GIRL、スーパーカー、くるりっていう80~90年代の海外の音楽に影響を受けたバンドをSPACE SHOWER TVとかで知って聴いて。

だからこそ、無意識にいまに通じる音楽の性癖が形成されたんだと思うんです。高校生になってディスクガイドを見ながらいろんな音楽を買いはじめたとき、オルタナとかネオアコにすごく惹かれたのは90年代後半から2000年代の日本のオルタナバンドを好きだったからなんだろうなって。

Subway Daydream“Teddy Bear”を聴く(Apple Musicはこちら / Spotifyはこちら

雅斗:すんなり受け入れられたよな。

裕斗:うん。正直、60~70年代のものは音の古さにちょっとびっくりしちゃって。でも80~90年代っていまと地続きみたいな感じがします。

Page 1
次へ

リリース情報

Subway Daydream『BORN』
Subway Daydream
『BORN』(CD)

2021年4月28日(水)発売
価格:1,650円(税込)
REP-056

1. Freeway
2. Teddy Bear
3. Dodgeball Love
4. Fallin' Orange
5. Canna
6. Ballad

イベント情報

『"BORN" Release Live -OGYAAAAAAAAA!!!!!!-』

2021年5月23日(土)
会場:大阪府 心斎橋CONPASS

2021年5月29日(土)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest

プロフィール

Subway Daydream
Subway Daydream(サブウェイ デイドリーム)

2020年、大阪にて双子の藤島兄弟と幼馴染のたまみとKanaによって結成。80~90年代インディ / オルタナティヴの影響を受けたサウンドに、イノセントな男女ボーカルとどこか懐かしいグッドメロディーが魅力の4人組バンド。結成直後の2020年6月にリリースした『Twilight』は、自主盤にもかかわらず、タワーレコードオンラインのJ-POPシングルウィークリーTOP30に28位でランクイン。各店の「Eggs Choice」コーナーにおいても、梅田NU茶屋町店で年間1位、新宿店で年間4位の売上を記録。また関⻄の新人アーティストの登⻯門として知られる『eo Music Try』でも準グランプリを獲得するなど、短い活動期間ながらも早耳リスナーや関係者の間で注目を集めている。上海に拠点を置く「Luuv Label」より中国での楽曲配信がスタートしたほか、アメリカをはじめとする海外のラジオ局でも楽曲がオンエアされるなど、日本国外へもその支持を広げている。2021年4月28日に初の全国流通盤となるEP『BORN』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談