特集 PR

蓮沼執太×和田永 変容する社会の中で、音楽を閉ざさないための実践

蓮沼執太×和田永 変容する社会の中で、音楽を閉ざさないための実践

THEATRE for ALL
インタビュー・テキスト
大石始
撮影:沼田学 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

2013年、アメリカのロックフェスティバル『Lollapalooza』において、ケンドリック・ラマーは自身のステージに手話通訳を導入した。以降もスヌープ・ドッグやチャンス・ザ・ラッパーが同様の試みを行っている。日本のメディアでも報じられたそうした試みをはじめとして、障がいのある人々に対しても開かれた表現のあり方が世界中で探られている。

日本では今年2月、オンライン型劇場『THEATRE for ALL』がオープン。現代演劇やコンテンポラリーダンスの上演映像、ドキュメンタリー番組が配信されているほか、ワークショップやラーニングプログラムも重視されている。障がいや疾患がある人、日本語以外を母語とする人、あるいは芸術に対して「困難さ」がバリアとなってきた人に対しても開かれているのが、このプラットフォームの特徴だ。

『THEATRE for ALL』のウェブサイトにはこんな一文が記されている――「私たちはこの事業を通じて、より豊かな社会参加の回路を生み出し、自分だけでは気づけなかった世界の捉え方に出会うきっかけを作りたいと考えています」。音楽と表現は、変容する社会とどのような関わりを持つことができるのだろうか。『THEATRE for ALL』のプロジェクトに関わった蓮沼執太と和田永というふたりの音楽家の対話から、そのヒントを探ってみたい。

左から:蓮沼執太、和田永
左から:蓮沼執太、和田永

「音が生まれる前に人がいて、そこには生活があるからね。コロナ禍以降、それが目に見えるようになった」(蓮沼)

―まず、コロナ禍におけるおふたりの活動を簡単に振り返りたいのですが、和田さんは去年の8月、『電磁盆踊り』のオンライン版をDOMMUNEで開催しました。2017年のリアル版『電磁盆踊り』とはだいぶ勝手が違ったと思うんですが、やってみていかがでしたか(編注:『電磁盆踊り』とは、古い電化製品を楽器へと蘇らせた「家電楽器」を用いて祭囃子を奏で、人々が踊る盆踊り大会。捨てられゆく生活家電を供養し、転生を祝う奇祭として、2017年に東京タワーの麓で和田が中心となって実施した)。

和田:あらゆる人がオンラインでできることを模索していたと思うんですよ。コロナ禍では誰もがある種、バリアの当事者になったと言えますよね。物理的に離れている状況で、どう繋がれるかをみんな模索していた。

盆踊りは密になって踊ることに醍醐味があるわけで、DOMMUNEのときは視聴覚に限定されたメディアで「リアル感」をどう打ち出すか考えさせられましたね。当然、オンラインによって削ぎ落とされる情報もあるし、知覚できるのが視聴覚に限定されるので、どうやってフィジカルな感触を表現すべきか頭を悩ませました。「この世とこの世とあの世を繋ぐ」「通信先にはあなたがいる」をテーマに家電の祭囃子を生配信して、見ている人々が「家で盆踊る」という試みとなりました。

役割を終えたブラウン管テレビや扇風機による祭囃子演奏の様子

和田:DOMMUNEでも紹介したのですが、もうひとつ偶然にもこの状況と重なるプロジェクトをコロナ前から立ち上げて取り組んでいました。僕が主宰している「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」という参加型のプロジェクトでは古い電化製品を楽器に改造しているわけですけど、楽器の作り方を書いた設計図と部品をダンボールに詰めて5か国のミュージシャンに送り、それぞれが古い家電を材料に楽器を組み立て、リモート合奏してみようという挑戦でした。

―おもしろいですね。コロナ以前から始めていたことなのに、結果的にコロナ禍ならではの企画になったという。

和田:そうなんです。家電がどこにでもあるなら、「国境無き電磁オーケストラ」ができるんじゃないか、という妄想から始めたことなのですが、ちょうどコロナ禍に突入して人が移動できない中で、設計図が旅して離れた場所に楽器が生まれるということが起きていきました。

それとコロナ禍でいろんな人とネット経由でやりとりをしましたけど、その人の日常が作品にダイレクトに染み出してくる感じがあるんですよね。このリモート企画でも、コロンビアの人は家族や犬がくつろいでる部屋でブラウン管をぶっ叩いて演奏していたりして、彼らの日常がまさに背景にありながら、その延長線上でクリエイションしていく感覚がありました。

蓮沼:音が生まれる前に人がいて、そこには生活があるからね。コロナ禍以降、それが目に見えるようになった。

和田:それはありますよね。あらゆる民族音楽は生活から生まれるものですけど、その根源に立ち返ったような感覚もありました。「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」はその点も想像していて、「現代生活の延長からはどんな民族音楽が生まれるんだろう?」と妄想してきました。コロナ禍でよりそのことに向き合う機会を得ましたね。

和田永(わだ えい)<br>1987年生まれ。大学在籍中より音楽と美術の領域で活動を開始。2009年より年代物のオープンリールテープレコーダーを演奏するグループ「Open Reel Ensemble」を結成してライブ活動を展開する。2015年より、役割を終えた電化製品を楽器として蘇生させ、徐々にオーケストラ形づくっていく参加型プロジェクト「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」を始動させ取り組んでいる。
和田永(わだ えい)
1987年生まれ。大学在籍中より音楽と美術の領域で活動を開始。2009年より年代物のオープンリールテープレコーダーを演奏するグループ「Open Reel Ensemble」を結成してライブ活動を展開する。2015年より、役割を終えた電化製品を楽器として蘇生させ、徐々にオーケストラ形づくっていく参加型プロジェクト「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」を始動させ取り組んでいる。

―蓮沼さんは、蓮沼執太フィルのメンバー15名がそれぞれが自宅で録音を行い、リモートで完成させた新曲“Imr(In my room)”を昨年5月に発表しました。

蓮沼:一度目の緊急事態宣言が出たあとに行ったアクションのひとつです。我々は普段スタジオで「せーの」で録っているんですね。そもそも合奏ができない環境のなかで、こういうクリエイションもおもしろいかなと。あと、ライブがないからみんな暇なんです(笑)。やることないから曲でも作ろうかと。最初はそれぐらいの感覚でした。

和田:どういう手順で進めていったのですか?

蓮沼:蓮沼フィルの珍しいところだと思うんですけど、みんなプレイヤーであると同時に作曲活動もしているので、自宅で音を録れる環境が整っているんですね。なのでリモートで音のパーツを集め、ベーシックの上に音を重ねていく感じでした。

ただ、普段はエンジニアの葛西(敏彦)さんと現場でマイクの位置や角度をいじりながら調整していくんですが、当然それができないので、録音コンディションがバラバラのものを集めてまとめていくというやり方で。みんな環境が違うので本当にバラバラなんですよ。なかにはどうしても僕と電話で話しながら作りたいという人もいたし(笑)。それがかえって新鮮でした。

―J-WAVEのラジオ番組『INNOVATION WORLD』では、身近な音をリスナーから募集し、蓮沼さんがひとつの曲を作るプロジェクト「STAY HOME & MAKE A SOUND PROJECT」も行われましたね。

蓮沼:社会のムードがコロナ禍以降どうもギスギスしている感じがあって、これが長く続いたらきついなぁと思っていたんですね。息抜きできる人はいいけど、そういう人ばかりじゃない。そういうときに少しでも風通しのいいアクションができればいいんじゃないかと思って、あの企画はやらせてもらいました。家の音を送ってくださいというシンプルな企画でしたけど、楽しかったですね。ちゃんと曲になりました。

蓮沼執太(はすぬま しゅうた)<br>1983年、東京都生まれ。音楽作品のリリース、蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演をはじめ、映画、演劇、ダンス、音楽プロデュースなどでの制作多数。近年では、作曲という手法を様々なメディアに応用し、映像、サウンド、立体、インスタレーションを発表し、個展形式での展覧会やプロジェクトを活発に行っている。
蓮沼執太(はすぬま しゅうた)
1983年、東京都生まれ。音楽作品のリリース、蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演をはじめ、映画、演劇、ダンス、音楽プロデュースなどでの制作多数。近年では、作曲という手法を様々なメディアに応用し、映像、サウンド、立体、インスタレーションを発表し、個展形式での展覧会やプロジェクトを活発に行っている。
Page 1
次へ

サービス情報

『THEATRE for ALL』

日本で初めて演劇・ダンス・映画・メディア芸術を対象に、日本語字幕、音声ガイド、手話通訳、多言語対応などを施したオンライン劇場。現在、映像作品約30作品、ラーニングプログラム約30本を配信。様々なアクセシビリティに対してリサーチ活動を行う「THEATRE for ALL LAB」を立ち上げ、障害当事者やその他様々な立場の視聴者、支援団体などと研究を重ねている。また、作品の配信に加え、鑑賞者の鑑賞体験をより豊かにし、日常にインスピレーションを与えるラーニングプログラムの開発も行う。

作品情報

『True Colors FASHION ドキュメンタリー映像「対話する衣服」-6組の“当事者”との葛藤–』

監督:河合宏樹

和田永
『「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」~本祭I:家電雷鳴篇~』

プロフィール

蓮沼執太(はすぬま しゅうた)

1983年、東京都生まれ。国内外でのコンサート公演を開催する。映画、ドラマ、舞台など、多くの音楽制作を展開している。個展形式での展覧会を行い、2014年にアジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)グランティでアメリカ・ニューヨーク、2017年に文化庁・東アジア文化交流使に任命され中国・北京へ。主な展覧会に『Compositions』(Pioneer Works, NY、2018)、『 ~ ing』(資生堂ギャラリー、2018)など。第69回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。4月23日Bunkamuraオーチャードホールにて蓮沼執太フィル公演『○→○』開催予定。

和田永(わだ えい)

1987年生まれ。大学在籍中より音楽と美術の領域で活動を開始。2009年に年代物のオープンリールテープレコーダーを演奏するグループ「Open Reel Ensemble」を結成してライブ活動を展開する傍ら、ブラウン管テレビを楽器として演奏するパフォーマンス作品『Braun Tube Jazz Band』にて第13回文化庁メディア芸術祭アート部門優秀賞受賞。『Ars Electronica』や『Sónar』を始め、各国でライブや展示活動を展開。2015年より、役割を終えた電化製品を楽器として蘇生させ、徐々にオーケストラを形作っていくプロジェクト「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」を始動させ、その成果により『第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞』受賞。2018年には、『Prix Ars Electronica 栄誉賞』と『Starts Prize '18 栄誉賞』のダブル受賞を果たした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談