インタビュー

中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:タイコウクニヨシ 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

中村佳穂に、大きな転機が訪れている。その底知れない才能がより広く知れ渡ろうとしている。

中村佳穂は、7月16日に公開された細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』に主人公・すず / ベル役として出演。millennium parade × Belle名義でリリースされるメインテーマ“U”など数々の劇中歌の歌唱も担当する。

そのニュースを知って驚いた人は多いだろう。本人がそれを告げたのは6月2日、約1年半ぶりとなる有観客のライブ『うたのげんざいち 2021 in 東京 LINE CUBE SHIBUYA』のステージでのことだ。同日には高揚感あふれる新曲“アイミル”もリリースされたばかりである。

大きな反響を巻き起こした『AINOU』(2018年)以降も、中村佳穂はミュージシャンとして着実に進化を遂げてきていた。2019年にはシングル『LINDY』『q』『Rukakan Town』をリリースし、『FUJI ROCK FESTIVAL』への二度目の出演など数々の場で圧倒的なパフォーマンスを見せてきた。

コロナ禍でライブ活動がストップした2020年には、オンラインライブ『LIVEWIRE「中村佳穂」』でオンラインならではの表現領域を開拓していた。

そうした音楽家としての歩みのなかで、どのようにして今回の『竜とそばかすの姫』での声優への挑戦という機会が訪れたのか。「歌」が大きなテーマとなっている同作を通して、中村佳穂は何を表現し、細田守監督など制作陣とどう交わったのか。

コロナ禍の日々、新曲“アイミル”に込めた思い、そして『竜とそばかすの姫』の制作の裏側から、「歌は誰のものでもない」という中村佳穂の信念に至るまで。たっぷり語ってもらった。

※本記事は映画『竜とそばかすの姫』の一部シーンへの言及を含む内容となっております。ストーリーの核心部分に触れるものではありませんが、あらかじめご了承下さい。

中村佳穂(なかむら かほ)<br>1992年生まれ、京都出身のミュージシャン。20歳から本格的に音楽活動をスタートし、音楽その物の様な存在がウワサを呼ぶ。2021年6月2日、最新シングル『アイミル』を発表。主人公役に起用された、細田守原作、脚本、監督のアニメーション映画『竜とそばかすの姫』が7月16日より全国公開されている。
中村佳穂(なかむら かほ)
1992年生まれ、京都出身のミュージシャン。20歳から本格的に音楽活動をスタートし、音楽その物の様な存在がウワサを呼ぶ。2021年6月2日、最新シングル『アイミル』を発表。主人公役に起用された、細田守原作、脚本、監督のアニメーション映画『竜とそばかすの姫』が7月16日より全国公開されている。

歌が生まれてくるための環境を「育てる」ように過ごした2020年を振り返る

―まずは中村佳穂さんのコロナ禍以降の日々について聞かせてください。ライブ活動がなくなり、生活はどう変わりましたか?

中村:もともとマイペースにやっていたし、意外と気楽に過ごしてました。Moog Oneっていう信じられないぐらい大きい機材を買ったり、スピーカーの配置を考えたり、家づくりに勤しんでいる間に1年が終わっていた感じです。いろんなことに気をつけながらも、自分なりにすごく楽しく過ごしていました。

SNSも控えていたので「元気ないんじゃない? 大丈夫?」って思われてたみたいなんですけど、ほんとにそんなことなくて。料理も上手くなったし、平和に過ごしてました。

中村佳穂

中村:逆に、今年に入ってからの数か月は東京に出てきて人に会うことが多くて。私は人に会ってエネルギーを得たり、知見を広げることを楽しく思うタイプなんだなって、あらためて思っているところです。

―リリースも含めていろんなプランも変わったのではないかと想像するんですが、音楽との関わり方についてはどうですか?

中村:音楽自体は私の頭のなかに鳴っているので。コンスタントに発表することだけが音楽じゃないし、いろんな意味で育てる準備ができた1年だったと思います。

家を整えたことで「佳穂ちゃん、いまからこれ歌って!」と言われたときに、「はい、できます!」っていつでも対応できるようになったんですよ。

―いわゆる自宅スタジオを作っていた?

中村:そうですね。バンドメンバーの家にちょっと似てきました。音楽がちゃんと生活のなかに入っているような感じというか。

中村佳穂のTwitterより

Page 1
次へ

作品情報

『竜とそばかすの姫』
『竜とそばかすの姫』

2021年7月16日(金)から全国東宝系で公開

原作・脚本・監督:細田守
メインテーマ:millennium parade × Belle“U”
出演:
中村佳穂
成田凌
染谷将太
玉城ティナ
幾田りら
役所広司
佐藤健
ほか

リリース情報

中村佳穂『アイミル』
中村佳穂
『アイミル』

2021年6月2日(水)配信

millennium parade × Belle『U』
millennium parade × Belle
『U』

2021年7月12日(月)配信

Belle『歌よ』
Belle
『歌よ』

2021年7月16日(金)配信

Belle『心のそばに』"
Belle
『心のそばに』

2021年7月23日(金)配信

Belle『はなればなれの君へ Part1』
Belle
『はなればなれの君へ Part1』

2021年7月30日(金)配信

『「竜とそばかすの姫」オリジナル・サウンドトラック』

2021年7月30日(金)配信

1. ささやき
2. Sligshot
3. 遠い音色
4. Blunt Words
5. 歌よ
6. 儚い日常
7. 導き
8. いざ、リラを奏でて歌わん
9. Fama Destinata
10. 竜
11. ジャスティン
12. アンベイル
13. 電網鼓動
14. 竜の城
15. 心のそばに(鈴)
16. 手のひらの戦乱
17. 強襲
18. 心のそばに
19. #UnveilTheBeast
20. 倨傲の権力
21. 竜の城、燃ゆ
22. 潜む真実
23. 心のそばに(知くん)
24. 不信
25. はなればなれの君へ Part1
26. はなればなれの君へ Part2
27. はなればなれの君へ Part3
28. はなればなれの君へ Part4
29. 糸口
30. 素顔
31. 辿り着いた空
32. はなればなれの君へ(reprise)

『「竜とそばかすの姫」オリジナル・サウンドトラック』(CD)

2021年8月18日(水)発売
価格:3,300円(税込)
BVCL-1173

プロフィール

中村佳穂
中村佳穂(なかむら かほ)

1992年生まれ、京都出身のミュージシャン。20歳から本格的に音楽活動をスタートし、音楽その物の様な存在がウワサを呼ぶ。ソロ、デュオ、バンド、様々な形態で、その音楽性を拡張させ続けている。ひとつとして同じ演奏はない。見るたびに新しい発見があるその姿は、今後も国内外問わず、共鳴の輪を広げていく。2021年7月16日公開の細田守監督、脚本、原作のアニメーション映画『竜とそばかすの姫』の主人公役に起用された。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」