特集 PR

ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

ゆず『NATSUMONOGATARI』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:木村篤史 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
2021/07/12

全公演中止となった昨年の全国アリーナツアーから約1年越しで、アルバム『YUZUTOWN』の世界観を届けるライブを、「2デイズのオンライン」というかたちで開催。同時に、石原さとみを起用したミュージックビデオも話題の新曲“NATSUMONOGATARI”を配信でリリース。さらには、約2年ぶりとなる有観客の全国ホールツアーの開催を発表するなど、ここへきてゆずが、いよいよ積極的な活動に打って出始めた。

もはや一年以上にわたって続く「コロナ禍」にあって、ファンとの絆を大切にしながら、自らの「過去」を徹底的に振り返り、その「現在」を更新し続けてきたゆずが、いまだ不確かな「未来」に向けて放つ、「オールウェイズ(いつも)」というメッセージ。刻一刻と変化する状況を見据えながら、大きな決断に踏み切った彼らの「現在」を、“NATSUMONOGATARI”の歌詞の冒頭にも登場する横浜・臨港パークで写真撮影を行いながら、ゆずのふたりに語ってもらった。

<b>ゆず<br>左から:北川悠仁、岩沢厚治</b><br>1997年10月、1st Mini Album『ゆずの素』でCDデビュー。『夏色』『栄光の架橋』『虹』『雨のち晴レルヤ』などヒット曲を多数世に送り出す。2020年に最新オリジナルアルバム『YUZUTOWN』をリリース。同年秋には初のオンラインツアー『YUZU ONLINE TOUR 2020 AGAIN』を敢行し、過去に前例のないエンターテインメントが話題を呼び総視聴数80万以上を記録。今年6月2日には配信シングル『NATSUMONOGATARI』をリリースした。
ゆず
左から:北川悠仁、岩沢厚治

1997年10月、1st Mini Album『ゆずの素』でCDデビュー。『夏色』『栄光の架橋』『虹』『雨のち晴レルヤ』などヒット曲を多数世に送り出す。2020年に最新オリジナルアルバム『YUZUTOWN』をリリース。同年秋には初のオンラインツアー『YUZU ONLINE TOUR 2020 AGAIN』を敢行し、過去に前例のないエンターテインメントが話題を呼び総視聴数80万以上を記録。今年6月2日には配信シングル『NATSUMONOGATARI』をリリースした。

思うように身動きがとれない期間を経て、ようやく動き出したゆず。「やっと前に進める、進むんだって思えたんです」

―オンラインライブ『YUZU ONLINE LIVE 2021 YUZUTOWN / ALWAYS YUZUTOWN』の開催、新曲“NATSUMONOGATARI”の配信リリース、そして8月9日から有観客の全国ホールツアーをスタートさせることを発表するなど、ここへきて動きが活発になってきましたね。

北川:この一年は、とにかく『YUZUTOWN』(2020年3月)のツアーをどうするのかが、ずっと頭の片隅にありました。

ゆず『YUZUTOWN』を聴く(Apple Musicはこちら

―本来であれば、昨年の3月28日の長野公演から、アルバム『YUZUTOWN』の全国アリーナツアーがスタートしていたわけで。

北川:それが延期になって、本当に悔しいけど、結局、当初考えていたようなかたちで全国を回ることは、いまは難しいだろうという判断になりました。

でもやっぱり、『YUZUTOWN』をライブというかたちにしてみなさんに届けるまでは、前に進めなくて。時期を見ながら何度も検討を重ねて、最終的にたどり着いた着地点が、オンラインライブでした。もともと想定していたアリーナツアーの内容に、オンラインならではのプラスアルファを表現できると決まっていったときに、やっと前に進める、進むんだって思えたんですよね。

北川悠仁
北川悠仁

―いまから1か月ちょっと前に開催された、2デイズのオンラインライブ――5月29日の『DAY1 YUZUTOWN』と、6月5日の『DAY2 ALWAYS YUZUTOWN』ですね。

北川:オンラインライブをしたことで、ようやくいろんなことに腹が決まった感じがありました。そしてそのタイミングでリリースした新曲“NATSUMONOGATARI”で、ようやく進み始めたんですよ。

―岩沢さんは、どうですか?

岩沢:一年前と比べると、まったく身動きが取れない状態から、だんだんできることが増えてきたじゃないですか。それはライブもしかり、最近よく出させていただいているテレビもしかりですけど、いまできることのラインが、だんだん見えてきて。この先どうなるかはわからないけど、いまはそのなかでできることを全力でやっていこうと思っています。

岩沢厚治
岩沢厚治
Page 1
次へ

リリース情報

ゆず『NATSUMONOGATARI』
ゆず
『NATSUMONOGATARI』

2021年6月2日(水)配信

イベント情報

『YUZU TOUR 2021 謳おう』

2021年8月9日(月・祝)
会場:神奈川県 パシフィコ横浜 国立大ホール

2021年8月10日(火)
会場:神奈川県 パシフィコ横浜 国立大ホール

2021年8月11日(水)
会場:神奈川県 パシフィコ横浜 国立大ホール

2021年8月17日(火)
会場:愛知県 センチュリーホール

2021年8月18日(水)
会場:愛知県 センチュリーホール

2021年8月21日(土)
会場:大阪府 オリックス劇場

2021年8月22日(日)
会場:大阪府 オリックス劇場

2021年9月3日(金)
会場:大阪府 オリックス劇場

2021年9月4日(土)
会場:大阪府 オリックス劇場

2021年9月5日(日)
会場:大阪府 オリックス劇場

2021年9月10日(金)
会場:神奈川県 パシフィコ横浜 国立大ホール

2021年9月11日(土)
会場:神奈川県 パシフィコ横浜 国立大ホール

2021年9月12日(日)
会場:神奈川県 パシフィコ横浜 国立大ホール

プロフィール

ゆず
ゆず

北川悠仁、岩沢厚治により1996年3月結成。横浜・伊勢佐木町での路上ライブで話題を呼び、1997年10月、1st Mini Album『ゆずの素』でCDデビュー。『夏色』『栄光の架橋』『虹』『雨のち晴レルヤ』などヒット曲を多数世に送り出す。2020年に最新オリジナルアルバム『YUZUTOWN』をリリース。同年秋には初のオンラインツアー『YUZU ONLINE TOUR 2020 AGAIN』を敢行し、過去に前例のないエンターテインメントが話題を呼び総視聴数80万以上を記録。今年6月2日には配信シングル『NATSUMONOGATARI』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察