特集 PR

luteのビジネスモデルってどうなってるの?代表・五十嵐に訊いた

luteのビジネスモデルってどうなってるの?代表・五十嵐に訊いた

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

日本のエンターテイメント業界の最前線で戦い続ける人物に話を聞く連載『ギョーカイ列伝』。第11弾に登場するのは、lute株式会社の代表取締役・五十嵐弘彦。

2016年にカルチャー動画メディアとしてスタートしたluteは、クオリティーの高い独自のミュージックビデオ、ライブ映像、ドキュメンタリーなどを次々と発表し、感度の高い音楽ファンの支持を集めてきた。ミニマルでシャープなデザインのロゴマークは、いまやタイムライン上ですっかりお馴染みだと言えよう。

そんなluteが7月に「lute株式会社」を設立。メディアの中心をYouTubeからInstagramへと移行し、「日本初のInstagram Storiesメディア」として始動した。いまなぜInstagram Storiesに着目したのか? その理由と狙いについて、五十嵐に訊いた。

お金儲けは考えてませんでした。

—luteは2016年にYouTubeを中心とした分散型動画メディアとしてスタートしました。まずは、立ち上げの経緯について話していただけますか?

五十嵐:もともとエイベックスのデジタル部門で新規事業の立ち上げをしていて、毎年『SXSW』(サウス・バイ・サウスウエスト。テキサス州オースティンで開催される、世界最大級の音楽、映画、インタラクティブの祭典)へ視察に行かせてもらっていたんです。

以前はサブスクリプションサービスに携わっていたこともあって、アプリとかプラットフォーム、いわゆる「ガワ」を作ることに目が向いていたんですね。でも『SXSW』に行ったりするなかで、「Content is King」じゃないけど、「どうやってコンテンツを作るかを考えるべき時代だよな」って思うようになったんです。

五十嵐弘彦
五十嵐弘彦

—luteを立ち上げるうえで、なにか参考事例はあったのでしょうか?

五十嵐:ニューヨークのメディアスタートアップ企業を参考にしたり、西海岸のヒッピーっぽいノリというか、みんなヒップスターみたいな感じで、まるで遊んでいるかのように仕事をする雰囲気もいいなと思っていました。具体的に言うと、「VICE」や「Tastemade」のような分散型メディアを日本でやるにはどんなやり方がいいかを考えるなかで、luteを着想するに至ったんです。

—もともとluteは、自社で制作したミュージックビデオやライブ映像、ドキュメンタリーを、どんどんYouTubeにアップしていく、ということをやられていましたよね。

五十嵐:株式会社化する前のluteがやっていたことは、音楽やカルチャー系の映像を作って、いろんなプラットフォームに載っけるということで。著作権処理の面で一番使いやすいのがYouTubeだったから、YouTubeが中心になっていたんです。

YouTubeの「lute」アカウントにて、初めてアップロードされた映像

—気になるのはビジネスモデルですが……映像の制作費もかかってくるなかで、売上に関してはどのように考えていたのでしょうか?

五十嵐:最初からのお金儲けは考えてませんでした。それこそ、テックスタートアップなどのやり方ですよね。まず資金調達をして、ユーザーベースを作って、自分たちのサービスのブランド価値を高めて、「やることやるのはそれからじゃん?」みたいな、そういうスタンスだったんです。

—そのためのブランド価値を高めていくうえで、特にこだわったことは?

五十嵐:アーティストは最終的に僕が選んでます。みんなで議論はするけど、あんまり民主的ではない(笑)。その理由として、ブランド価値を高めるうえで一番大きなアクションだと僕らが考えているのが、「ロゴの伝播」だからです。luteのロゴを見てもらえたら、言葉では表せなくても、「ああ、あの感じluteっぽいよね」ってなったらベスト。

「lute」ロゴ
「lute」ロゴ

五十嵐:「レーベル」という概念の在り方にすごく近いと思うんです。いわゆるレコード会社という意味の、音楽レーベルではなくて、もともとはヴァイナルとかにもついてた会社のマーク、「ここに所属してます」っていうようなレッテルの意味で。luteもレッテルであり、レーベルだと思っていて。

じゃあ、いままで諸先輩方がどうやってレーベルを作ってきたのかを考えると、実は個人的な趣味というか、「定量化しきれないけど、絶対これを推すべきだ」という自らの感覚を頼りにした判断が重要だったと思うんです。なので、自分もそうすることが、結果的にluteのブランド価値につながるんじゃないかと思いました。

Page 1
次へ

ウェブサイト情報

CAMPFIRE
CAMPFIRE

群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。

プロフィール

五十嵐弘彦(いがらし ひろひこ)

1985年東京生まれ。高校・大学時代をニュージーランドで過ごし、帰国後HR系スタートアップでの業務経験を経て、株式会社メディアジーンへ入社。lifehacker[日本版]編集部で編集・翻訳業務に従事する。その後エイベックス・デジタル株式会社に入社し、音楽サービス企画立ち上げ・運営に携わった後、自身が思い描いてきたコンテンツ重視型新規事業として、2016年にメディアレーベル「lute」を立ち上げる。2017年8月よりlute株式会社を設立し、日本初のInstagram Storiesメディア「lute / ルーテ」をローンチ。代表として、次世代を担うアーティストのMVやライブ映像、海外の音楽と社会状況を探るドキュメンタリーなど、様々な映像作品をリリースしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開