特集 PR

大山卓也が語る、ナタリー創業から社長退任までの10年間

大山卓也が語る、ナタリー創業から社長退任までの10年間

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:柏井万作、矢島由佳子

日本のエンターテイメント業界の最前線で戦い続ける人物に話を聞く連載『ギョーカイ列伝』。今回お招きしたのは、2月1日に10周年を迎えたニュースサイト「ナタリー」を運営する株式会社ナターシャの取締役会長・大山卓也。

雑誌の編集者時代に個人で始めたニュースサイト「ミュージックマシーン」を経て、2007年に音楽ニュースサイトとしてスタートした「ナタリー」は、その後、マンガ、お笑い、映画、舞台・演劇と取り扱う分野を拡張し、今では日本最大のポップカルチャーサイトとしての地位を確かなものとしている。

今回の取材では、「ナタリー」の10年の歩みを振り返ってもらうと同時に、「WELQ問題」によって信頼度の揺らいだウェブメディアの現状についても、たっぷりと話を伺った。そして、既報の通り、大山は2月1日付でナターシャの代表取締役を退き、取締役会長に就任することを発表。その理由についても、テキストの中でいち早く言及している。「ナタリー」のこれまでとこれから、ぜひじっくりと読んでいただきたい。

「やってたら10年経っちゃいました」っていう方が近いかなぁ。ずっと手探りで、やりながら覚えていったというか、開拓していったというかね。

―まずは10周年を迎えての率直な感想を話していただけますか?

大山:始めたときはまさか10年続くとは考えてもいなかったので、「よくやってきたなあ」とは思います。何度もの倒産危機を乗り越えてね(笑)。

もともと起業家体質では全然なくて、「会社をやろう」みたいな気持ちもなかったんだけど、とにかくナタリーみたいなメディアを作りたくて。そのためには一人じゃできないから、会社にしなきゃいけないなっていうのが始まりです。

大山卓也
大山卓也

―やりたかった「ナタリー」のイメージって、最初から明確だったんですか?

大山:うん、前は雑誌の編集をしていた人間なので、「こういうものを作りたい」っていうイメージは最初からはっきりあって、そこはずっとぶれてないんです。ただ、それが続けられるかどうかはまた別の話なので、いろいろラッキーだったとは思いますけど。

―経営者的な目線は途中から芽生えてきたわけですか?

大山:「やってたら10年経っちゃいました」っていう方が近いかなぁ。ウェブメディアって、「出版社のウェブ部門で」みたいな始まり方が多かったと思うんですけど、ナタリーは母体になるものが何もなかったから、何をどうしたらいいかもわからず、ずっと手探りで。「広告ってこうやって入るんだ」とか、「バナーってこうなってるんだ」って、ホントにやりながら覚えていったというか、開拓していったというかね。

大山卓也

―ビジネスとして軌道に乗るまでは、かなり苦労されたんですね。

大山:「ナタリー始めました」って言って、すぐにお金が入ってくるわけじゃないので、最初はホントに日々回していくだけで精一杯。当時は年賀状イラスト集みたいなムック本の編集とか、請け負いの編プロ仕事もたくさんやってました。最初の2年くらいはそういう時代で、そこから徐々にナタリーの存在が認知されていって、ナタリーだけで食える状態になれたのは嬉しかったですね。

―Wikipediaには「Perfume、ももいろクローバーZなどをいち早く特集紹介するなどの編集方針の先見性が評価されたため支持を拡大した」とありますが、それについてはどう思われますか?

大山:そこに関してはちょっと違和感があって。結果としてPerfumeやももクロが売れたから、今そう言われてるだけであって、僕らのポリシーは「何でもかんでもやる」ということなんです。

僕らが面白いと思うものも、思わないものも含めて、全部フラットに取り上げてきて、結果としてその中に売れたものがあったから、そこに注目が集まりがちなだけ。僕たちとしては「先見の明」とか「目利きとして優れてる」とか、そういうことを意識したことはないです。

―「速い、フラット、ファン目線」という編集方針は、今やナタリーの代名詞になっていますね。

大山:そこは最初からぶれてないと思うし、これからも変わらないんじゃないかな。

Page 1
次へ

ウェブサイト情報

CAMPFIRE
CAMPFIRE

群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。

ナタリー

ポップカルチャー専門のウェブメディア。独自取材による音楽、マンガ、お笑い、演劇、映画などの最新ニュースや特集記事を毎日リアルタイムで配信しています。

プロフィール

大山卓也(おおやま たくや)

1971年7月25日、北海道札幌市生まれ。北海道大学文学部卒業。株式会社メディアワークス(現KADOKAWA)にて7年間にわたり雑誌やウェブメディアの編集を手がける。在職中の2001年に個人運営の音楽ニュースサイト「ミュージックマシーン」を立ち上げ。2006年に代表取締役として音楽ニュースサイト「ナタリー」などを運営する株式会社ナターシャを設立。2007年2月から自社運営のニュースサイト「ナタリー」をスタートさせる。2017年2月、ナタリー10周年を機に取締役会長に就任。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材