特集 PR

なぜSuchmosはブレイクできた?マネージャー・金子悟が語る

なぜSuchmosはブレイクできた?マネージャー・金子悟が語る

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:CINRA.NET編集部 編集:矢島由佳子

(Suchmosは)自分の生きてきたなかで培った力が、フルに発揮できるバンドなんじゃないかなと思いました。

―もともと金子さんはどういう経歴を経て、この業界に入り、Suchmosの担当になられたのでしょうか?

金子:学生時代はバンドをやっていて、仲間とDJイベントをやったりもしてたんですけど、だんだんやってることがルーティーンに感じられて、23歳のときに単身でヨーロッパに放浪に出たんです。イギリスでは、ルームメイトがNINJA TUNE(イギリスのクラブミュージック系のインディーレーベル)の人で、ラス・ガブリエル(テクノレーベル「Ferox」の主宰者であり、ミュージシャン)とかと遊んでました。

彼らの部屋には音楽機材があったので、自分でもなにか表現したいと思って、帰国してからは打ち込みのユニットを組んでいたんです。実家が長野なんですけど、仲間とスキー場で野外パーティーをやったり。

金子悟

―昔からルーティーンが好きじゃなかったんですね(笑)。

金子:そうですね(笑)。そこから縁があって、株式会社パルコ(クラブクアトロの運営会社)が音楽アーティストのマネジメントを強化することになったときに、MO'SOME TONEBENDERとSISTERJETの現場マネージャーとして、この世界に入りました。

そのあと、パルコがマネジメントを縮小することになったとき、会社に残るという選択肢もあったんですけど、僕はまだマネジメントの仕事をやり切れてないと思って、SISTERJETと一緒にスペースシャワーに移ったんです。

―「マネジメントの仕事をやり切れていない」というのは、どういう部分で感じていたのでしょうか?

金子:MO'SOME TONEBENDERにしろSISTERJETにしろ、僕が発掘したアーティストではなかったので、僕がマネージャーになったときには、バンドとしての方向性が大分固まっていたんです。マネージャーとしてのスタンスはパルコで教えていただいたので、あとは新しいアーティストを発掘して、ゼロからやってみたいという気持ちが大きくて。マネージャーだけではなくて、制作にも携わって、自分の力でどこまでできるのかを試したいという気持ちもありました。

―それで、金子さんが初めてゼロから手掛けたアーティストがSuchmosだったわけですね。彼らとはどのように出会ったのでしょうか?

金子:2013年くらいに、新人発掘のためにいろんなライブハウスに足を運んでいた時期があって、そんななかで会社から、「このアーティストいいから、観に行ってくれ」って言われたアーティストがいたんです。でも本番には行けなかったので、リハを観に行ったら、聞いていたリハの順番から変更があったみたいで、僕が行った時間にはSuchmosがリハをしてたんですよ。まだ4人時代の頃でした。

―もともとは、別のアーティストを観に行くはずだったと。ホントに偶然の出会いだったんですね。

金子:そうなんですよ。スケートボードを持ち込んで、映像とかにもすごいこだわってて、「なんだこのクソ生意気なやつらは」と思ったんですけど(笑)。でも、“YMM”のもとになる曲をやってて、ボーカルはいい声してるし、バンドの雰囲気もすごくよくて、会社に帰ったあとも気になって。それからSuchmosのライブに通うようになって、2013年の年末に新宿ロフトでオールナイトイベントがあったときに、そのパフォーマンスがすごくよかったので、正式に声をかけました。

―「一緒にやりたい」と思った、最大のポイントはどこだったのでしょうか?

金子:ルーツを大事にしてはいるところはもちろんなんですけど、それだけじゃないというか……彼らの野心を感じたんですよね。なので、大人の意見を入れなくても、彼らが表現していきたいことを導けるようにちょっとだけ矢印をつけてあげたら、上手くいくんじゃないかなって思ったんです。

金子悟

金子:あとは、バンドがいろんな要素を持っていたことも大きいです。メンバーはヒップホップとかソウル、ジャズが好きなんだけど、YONCE(Vo)は当時OLD JOEというバンドもやっていたように、ロックンロールが好きで。僕が高校生の頃に聴いてた「ミクスチャー」に近いものを感じたんです。ジャンルレスに、いろんなアプローチができそうだと思ったんですよね。

―金子さん自身がかつてジャンルレスな音楽の現場にいたからこそ、同じ匂いを感じたところもあるのでしょうか。

金子:たしかに、自分の「こういうアーティストを探してた」という像に、すごくハマっていたとは思いますね。自分の生きてきたなかで培った力が、フルに発揮できるバンドなんじゃないかなって。

Page 2
前へ 次へ

ウェブサイト情報

{作品名など}
CAMPFIRE

群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。

リリース情報

Suchmos『THE KIDS』
Suchmos
『THE KIDS』(CD)

2017年1月25日(水)発売
価格:2,700円(税込)
PECF-3174

1. A.G.I.T.
2. STAY TUNE
3. PINKVIBES
4. TOBACCO
5. SNOOZE
6. DUMBO
7. INTERLUDE S.G.S.4
8. MINT
9. SEAWEED
10. ARE WE ALONE
11. BODY

プロフィール

金子悟(かねこ さとる)

スペースシャワーミュージック事業本部 制作部 金子ルーム プロデューサー。1979年生まれ。2006年、株式会社パルコ入社。2012年、スペースシャワーネットワークに入社。Suchmos、SISTERJETのマネージメント / A&Rを務める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優