特集 PR

なぜSuchmosはブレイクできた?マネージャー・金子悟が語る

なぜSuchmosはブレイクできた?マネージャー・金子悟が語る

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:CINRA.NET編集部 編集:矢島由佳子

自分たちに目が向いているタイミングだからこそ、チャレンジすべきだと。

―初めてリハを観て、生意気に見えたという話がありましたが、実際に交流を深めるなかで、彼らの人柄に対してはどんな印象を持ちましたか?

金子:音楽に対してはすごくピュアだし、真面目ですね。まあ、普段の態度に関しては、すぐその辺に座り込んだりもしますよ(笑)。彼らはアンテナをちゃんと張ってるし、人を見る目があって、誰に対してもいい子ではない。

でも、僕はそうあるべきだと思ってるんです。対バンとかフェスの現場に行くと、バンドにとって一番大事なのは横のつながりではないはずなのに、「なんでバンド同士、みんなこんなに仲良くしてるんだろう?」って疑問に思ってた時期でもあったんですよね。

―2010年代の最初というと、SNSが普及して、バンドが横のつながりを意識するようになった時期でしたね。

金子:それがすごくつまんないなって思ってたんです。それと、後ろのほうにまでいるお客さん全員の手が挙がることが、「ライブやフェスの成功の形」となっていることにも、飽き飽きしてたんですよね。「こういうパフォーマスをしなきゃいけない」とか「こういうMCをしなきゃいけない」とか、そういう風潮ができてきたなかで、彼らのあり方はすごく新鮮に映ったんです。

金子悟

―Suchmosの成功の一方で、一番悩んだのはどのタイミングでしたか?

金子:『Essence』(1st EP、2015年4月発売)を出したときから僕のなかで決めてたのが、ひとつの盤に統一感を持たせないということで。さっきも言ったように、ジャンルレスなところが面白いと思ったから、入口をできるだけ広げたいと思っていたんですよね。

ただ『THE KIDS』に関しては、リード曲をどれにするかでものすごく迷いました。“STAY TUNE”で入ってきた人の一番の窓口が『THE KIDS』になるので、大事な選択だなと。

―結果として“A.G.I.T.”をリード曲に選んだのは、なにが一番の理由だったのでしょうか?

金子:このプロジェクトのスタートに立ち返ったときに、“A.G.I.T.”だなと思ったんです。正直、リード曲としては少しわかりにくい曲だと思うんですよ。でも、Suchmosというバンドは、自分たちのルーツを大事にしつつ、シーンに対するカウンターになるべき存在なんです。つまり、“A.G.I.T.”を通して「これが今のかっこいい音楽なんだ」って提示することで、日本の音楽シーンの基準を上げて、未来が変わったらいいなって思ったんですよね。

―一歩先にボールを投げるようなイメージだったと。

金子:そうですね。メンバーとミーティングをしたときも、最終的にみんな思ってることは一緒でした。人と同じことをやってもしょうがないし、自分たちに目が向いているタイミングだからこそ、チャレンジすべきだと。それが、自分たちがこれまでやってきたことを裏切らない、ということでもあったんですよね。あとは、Suchmosに関わる、販促、プロモーション、ライブ、すべてのスタッフのお陰でここまで来たと思います。まだまだこれからですけどね。

僕はもともと既存の音楽媒体をあんまり信用していなくて、まずアパレルの人たちにCDを配りまくったんです。

―先日YONCEさんに取材をしたとき(Suchmosが夢見る成功は、まだ先にある。次世代への意識を語る)にも話題に挙げたんですけど、Levi's®やBEAMSなど、Suchmosはストリートカルチャーと強い接点を持っていたこともブレイクの大きな要因だったように思うのですが、そこに関してはどうお考えですか?

金子:僕はもともと既存の音楽媒体をあんまり信用していなくて、DJをやってるときからアパレルの知り合いが多かったから、『Essence』を出したときに、まずそういう人たちに配りまくったんです。

「アンテナを張ってる若い子たちが誰を信用するか?」って考えたときに、セレクトショップのバイヤーさんとか、スタイリストさんとかだと思ったんです。すぐに花開かなくても、ボディーブローを打ち続けた結果、『LOVE&VICE』を出したタイミングで、ファッション業界で一気に花開きました。

―そこから、Levi's®と『MINT CONDITION』(3rd EP、2016年7月発売)のコラボレーションにもつながっていったんですね。

金子:Levi's®の方とお話をしたのは、ちょうど“MINT”のプリプロが終わったタイミングだったんですけど、<錆びた弦で良い 破けたジーンズで良い>ってフレーズが出てきたときに、僕の頭のなかでストーリーができたんですよね。ただ、よく勘違いされるんですけど、あれってLevi's®と広告契約を結んでいるわけではないんですよ。

金子悟

―着用義務や、競合ブランドの縛りがあったりするわけではないと。

金子:そうです。シンプルに「一緒になにかを作ろう」という話で。Levi's®のブランドとしてのスタンスと僕らの考えがリンクして、なおかつYONCE含めてメンバーは、もともとステージ上でLevi's®を履いていた。つまり、嘘がなかったからできた企画だったんですよね。

逆に言うと、BEAMSの話は一回お断りしてるんですよ。いろんなブランドから声はかかってたんですけど、筋が通ってないことはやりたくなかったし、イメージがついてしまうのも嫌だなって。でも、テーマやコンセプトの話と、他に誰が出演するかを聞いたときに、これはかなりいいなと思って、メンバーとも話をしました。個人的には、「EYEさん(BOREDOMS)出るんだ」っていう、そこは大きかったですね(笑)。

―ファッション業界との接点も、決してとってつけたものではなかった。なおかつ、媒体の力よりも口コミの力を信用したという話は、時代性も感じます。

金子:音楽とファッションが切っても切れない関係だというのは、音楽の歴史が証明していますしね。ファッション業界の人たちはちゃんと遊んでる人が多い印象ですし、音楽業界の人より音楽好きなんじゃないかって思ったりもするから、信用できるんですよ。それに、「いいものはいい」ってはっきり言うし、逆に、よくなかったら発信しない。でも、聴けば「いい」って言ってもらえる自信はあったんです。

Page 3
前へ 次へ

ウェブサイト情報

{作品名など}
CAMPFIRE

群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。

リリース情報

Suchmos『THE KIDS』
Suchmos
『THE KIDS』(CD)

2017年1月25日(水)発売
価格:2,700円(税込)
PECF-3174

1. A.G.I.T.
2. STAY TUNE
3. PINKVIBES
4. TOBACCO
5. SNOOZE
6. DUMBO
7. INTERLUDE S.G.S.4
8. MINT
9. SEAWEED
10. ARE WE ALONE
11. BODY

プロフィール

金子悟(かねこ さとる)

スペースシャワーミュージック事業本部 制作部 金子ルーム プロデューサー。1979年生まれ。2006年、株式会社パルコ入社。2012年、スペースシャワーネットワークに入社。Suchmos、SISTERJETのマネージメント / A&Rを務める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定 1

    「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定

  2. ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会 2

    ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会

  3. 宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信 3

    宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信

  4. サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN 4

    サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN

  5. 高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開 5

    高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開

  6. 真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化 6

    真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化

  7. 空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察 7

    空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察

  8. 映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開 8

    映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開

  9. 小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント 9

    小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント

  10. 映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆 10

    映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆