特集 PR

なぜ『君の名は。』は大ヒットした?宣伝・弭間友子の仕掛けとは

なぜ『君の名は。』は大ヒットした?宣伝・弭間友子の仕掛けとは

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

やはり新海誠作品の美術のきれいさは、普段アニメをあまり見ない人にも刺さるところだと思った。

―「ビデオコンテのきれいさにびっくりした」というお話がありましたが、『君の名は。』の予告編は、弭間さんが作られたそうですね。

弭間:そうです。やはり新海誠作品の美術のきれいさは、普段アニメをあまり見ない人にも刺さるところだと思ったので、クリエイティブを作る上で、そこを伝えることはすごく大事にしました。なおかつ、私は脚本会議にもずっと参加していたので、絵が完成する前から「きっと監督はこういう絵を描くんだろうな」っていう、糸守町(『君の名は。』に登場する町)と東京の風景の対比とかが浮かんで、「予告は絶対に自分で作りたい」と思ったんです。

―これまでの新海監督作品の予告は、ずっと監督ご自身で作られてきたわけですよね。

弭間:「今回は東宝で宣伝物を作りますので、意にそぐわないこともあるかもしれません」って、お話はしてたんですけど……それでも何度か意見がぶつかることもありました。予告編のオフラインをこっちで作って見せたときに、監督から「東宝がなにをやりたいのかわからない」っていうコメントをもらったりもして(笑)。

そこには、「僕の作品はこういう作品じゃない」という言葉があったんです。でも予告編って、「面白そう」と興味を持ってもらうことが一番大事で、作品で伝えたいことは本編で伝えればいいんですよね。

弭間友子

―予告編には予告編の役割があると。

弭間:もちろん、大事なテーマから大きく外れちゃうとダメですけど、作品に込められたメッセージは、本編を観て感じ取ればいい。同じ印象を予告に入れる必要はないんです。そこは監督と大きく意見が違うところで、私は譲れないところだったんです。予告編っていうのは、作品を観てもらうために存在するものだから、監督の考え方だとよくないなって。なので、そのコメントをもらったときは、「これは戦いだな」と思った瞬間でした(笑)。

―映画公開のときに監督のインタビューをさせてもらったのですが、野田洋次郎(RADWIMPS)さんとも、音楽に関して結構やりあったと伺いしました(笑)。

弭間:監督とぶつかってたのは、主に私と洋次郎くんだと思います(笑)。『君の名は。』は監督本人から生み出された作品だし、監督は頑固で、ホントに譲らないところは譲らないので……でも、みんなが企画に賛同していたし、私もこの作品を当てたいと思ったからこそ、それぞれがいろんな提案をさせてもらって。最終的には監督にも理解をしていただき、すごくいい作品になったなと思っています。

『けいおん!』は、情報伝達の手段にはいろんな形があるんだなって知るきっかけになりました。

―そもそも、弭間さんはどのように映画業界に入られたのでしょうか?

弭間:私は大学時代に渋東シネタワー、今のTOHOシネマズ渋谷でバイトをしていたんですけど、そのときちょうど『タイタニック』(1997年公開)をやっていて。毎日すごい数の人が来て、4スクリーンのうち3スクリーンが『タイタニック』で、3時間半ある映画なのに前の回が始まるとすぐに次の回の人が並ぶっていう、ものすごい状況でした。

当時「レンタルが普及して、映画館に行く人が少なくなってる」って言われてたんですけど、「同じ空間で体験を共有することによって味わえる感動ってあるんだな」とわかって、「映画館はきっと廃れないな」って思ったんですよね。

弭間友子

―最初は東宝ではなく、映画宣伝会社であるレオ・エンタープライズに入社されて、『ハリー・ポッター』(2001年に初公開)などに関わられたそうですね。

弭間:映画館でバイトをしていて、大ヒットするものと、面白いのに当たらないものがあり、その差ってなんだろうと考えたことがあったんです。どんなに面白いものでも、世の人たちに知られないと観に来てもらえないんだなって思ったときに、映画館でお客様を迎える仕事もいいけど、そこに呼ぶための宣伝という仕事もいいなと思って、結果的に宣伝を選びました。

―東宝には2012年に入社されたそうですが、それ以前のお仕事のなかで、自分にとっての転機になった作品というと?

弭間:『君の名は。』につながる作品でいうと、マンハッタンピープルという会社にいたときに担当した『けいおん!』(2011年公開)ですね。私、先ほども話しましたが、もともとアニメにまったく興味がなくて、映画館で観てたのはジブリ関連と『ドラえもん』、テレビシリーズでは『エヴァンゲリオン』くらいだったんです。

なので、「『けいおん!』をやらないか?」って言われたときも、「けいおん? どう書くんですか?」みたいな感じで(笑)。その場にいた別の人は、「ああ、人気ですよね」みたいな感じだったんですけど、私はまったく知らなかったんです。自分はメディアの方に情報を伝える仕事をしてきて、ある意味情報の最先端にいたつもりだったので、「この私が知らないってどういうこと?」って、結構ショックだったんですよね。

―ハリウッドの大作とかとは、また別世界の経験をするお仕事だったと。

弭間:一般的なテレビとか新聞では取り上げられてなくても、情報伝達の手段にはいろんな形があるんだなって知るきっかけになりました。東宝でアニメをやるようになったのは、『けいおん!』がきっかけだと一言には言えないんですけど、『けいおん!』をやったことによって、自分の幅が広がったと実感しています。

Page 2
前へ 次へ

ウェブサイト情報

CAMPFIRE
CAMPFIRE

群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。

リリース情報

『君の名は。』Blu-rayコレクターズ・エディション
『君の名は。』Blu-rayコレクターズ・エディション(5Blu-ray)

2017年7月26日(水)発売
価格:12,960円(税込)
TBR-27260D

『君の名は。』Blu-rayスペシャル・エディション
『君の名は。』Blu-rayスペシャル・エディション(3Blu-ray)

2017年7月26日(水)発売
価格:8,424円(税込)
TBR-27261D

『君の名は。』Blu-rayスタンダード・エディション
『君の名は。』Blu-rayスタンダード・エディション(Blu-ray)

2017年7月26日(水)発売
価格:5,184円(税込)
TBR-27262D

『君の名は。』DVDスタンダード・エディション
『君の名は。』DVDスタンダード・エディション(DVD)

2017年7月26日(水)発売
価格:4,104円(税込)
TDV-27263D

プロフィール

弭間友子(はずま ともこ)

1977年7月3日神奈川県生まれ。明治大学商学部在学中に映画館でのアルバイトを経験。映画宣伝会社レオ・エンタープライズに入社時は、『A.I.』『ハリー・ポッターと賢者の石』などの大作映画の宣伝を担当する。2002年に20世紀フォックス映画宣伝部へ転職。共同ピーアールを経て、2011年に同社関連会社のマンハッタンピープルへ。アニメ映画『けいおん!』の宣伝を担当。2012年、東宝入社。主にアニメ映画を中心に宣伝戦略を立案。映画『君の名は。』については、2014年の企画スタートから関わる。『日経WOMAN』(日経BP社)が選ぶ『ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017』の大賞を受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』