特集 PR

あの人の音楽が生まれる部屋 vol.27 GLIM SPANKY

あの人の音楽が生まれる部屋 vol.27 GLIM SPANKY

KORG
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:中村ナリコ

ジャニス・ジョップリンやCream、Led Zeppelinなど、1960~70年代のロック / ブルースのエッセンスを感じさせつつも、現在進行形のサウンドとして鳴らす男女2人組ユニット、GLIM SPANKY。昨年の『フジロック』では圧巻のステージを披露し、園子温監督の映画『リアル鬼ごっこ』では書き下ろし主題歌にチャレンジするなど、現在多方面にわたって話題を振りまいています。そんな彼らの2ndミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』は、彼らのメッセージ性がよりシンプルかつストレートに反映されており、進むべき次の一歩を踏み出せずにいる人の腕を引っ張ってくれるような、力強い作品です。そんな彼らの世界観は、どのようにして構築されていったのでしょうか。ボーカル・松尾レミさん、ギター・亀本寛貴さんに話を聞きました。

アナログレコードに囲まれながら、絵筆とともに育った松尾レミ

亀本寛貴さんは長野県飯田市、松尾レミさんはその隣にある豊丘村で生まれ育ちました。松尾さんの家族には、日本画家の祖父をはじめ、親戚にも画家が多くいたため、小さい頃から日本絵具を持って写生大会に出かけるなどしていたそうです。しかも、父親は大の音楽好き。家にはアナログレコードが大量に揃っており、常にロックが流れている環境でした。

松尾(Vo,Gt):中学のときに、The White Stripsを聴いて衝撃を受けたんです。それまでも家でクラシックロックが流れてはいたんですけど、子どもの耳には何だかレコードの音が古臭く感じたんですよね。当時(2000年代)の最新の音楽は、音圧をガッツリ上げた、耳に張り付くようなデジタルサウンドが主流じゃないですか。それに比べてアナログは、こもったように聴こえると思っていたんです。その溝を埋めてくれたのが、The White Stripsでした。彼らもアナログテープを回してレコーディングしているけど、現在進行形のサウンドでもある。それで一気にクラシックロックが好きになって、Led Zeppelinを聴いたり、『ウッドストック』のDVDを見たりするようになりました。ただ、絵を描くのも変わらず好きだし、どっちを生業にしていくか悩んでいましたね。

松尾レミ
松尾レミ

音楽と絵画を両立させていく方法を考えたとき、父親が毎日のように言っていた「音楽は音だけじゃない」という言葉に後押しされたそう。アートや文学、ファッションなど、全てを含めた総合芸術が音楽。音楽を生業にすれば、自分でアートワークやファッションも手がけることができ、絵画への興味も活かすことができると考えたのです。

松尾:私は「音楽一筋」というより、何かをクリエイトすることが好きだったんですよね。それで絵筆をギターに持ち替えたような気分で音楽を始めました。

亀本(Gt):僕はずっとサッカー少年で、初めて自分で購入したCDはSMAP“世界に一つだけの花”と森山直太朗“さくら(独唱)”でした。そのうちGLAYやL'Arc-en-Cielが好きになって、「サッカー以外のこともやってみたい」と思って音楽に興味を持ち、なんとなく手にしたのがオークションで見つけた数千円のエレキギター。アンプを買うお金はなかったので、アンプに繋がず、ペラペラの音のまま弾いてました(笑)。同じ頃に楽器を始めた友人とバンドを組んだりしているうちに、どんどんのめり込んでいったんです。

亀本のエフェクターボード
亀本のエフェクターボード

ロックスターの条件として、音のかっこよさは大前提。その上で「98%はルックス」

高校に入学した松尾さんは、すぐにバンド活動を開始します。文化祭への出演を目標に有志で結成したバンドは、すでにGLIM SPANKYという名前がついていました。学祭が終わるとメンバーの半分が辞めてしまい、後から加入してきたのが、一つ上の先輩だった亀本さんでした。

松尾:実を言うと、亀本のことは最初断ったんですよ(笑)。ギターは私が弾いているし、しゃべったこともなかったので、「知らない人とバンドをやるのはちょっと……」って。でも、彼を誘った人が勝手に連れてきてしまって。そんな始まりだったので、実は気持ちのいいスタートではなかったんですよね(笑)。

亀本:高校生の頃はカバーばかりやっていましたね。とりあえずみんなでスタジオに集まって、音を出すことが楽しくて。学校が休みの日は、朝から夜中まで音楽の話をしたり、曲を作ったりしていました。本当に仲のいいメンバーでした。

亀本寛貴
亀本寛貴

高校生の頃、松尾さんが好きだったバンドはBUMP OF CHICKEN。彼らがラジオで薦めるクラシックロックを片っぱしから聴き漁っていました。家には父親のレコードコレクションがあるため、たとえば「ボブ・ディランが聴きたい」と父親に言えば、ディランはもちろん、その関連作品までまとめて聴かせてくれるような、そんな恵まれた環境でした。

松尾:THE BEATLESやThe Rolling Stones、The Monkees、The Whoなど、本当に色々聴いていました。あと、小さい頃によく家でかかっていたのは渋谷系の音楽。長野の田舎で育った私にとって、渋谷系は「かっこいい都会」の象徴だったんです。まるでバービー人形みたいな野宮真貴さんが憧れでした。私、ロックスターって、98%はルックスだと思っているんですよ。音楽がかっこいいのは大前提で、その上で見た目もものすごく重要だと思うんです。それも渋谷系からの影響なのかもしれないです。

Page 1
次へ

スタジオ機材リスト

コンピューター
Apple「Mac Book Pro」

DAWソフト
Apple「Logic Pro X」

オーディオインターフェース
Native Instruments KOMPLETE Audio 6

ギター
Gibson「Les Paul Special」
Gibson「Les Paul Deluxe」

チューナー
KORG「Pitchblack」

エフェクター
Electro Harmonix「STEREO MEMORY MAN WITH HAZARAI」
YAMAHA「GE-10M II Graphic Equalizer」
ARC Effects「BIG GREEN」
Fulltone「FB-3 FAT BOOST 3」
ZVEX EFFECTS「Vexter Series Fuzz Factory」
LINE 6「M5 STOMPBOX MODELER」
Electro Harmonix「Nano Small Stone」

MIDIキーボード
KORG「nanoKEY2」

キーボード
KORG「Liverpool」

リリース情報

GLIM SPANKY『ワイルド・サイドを行け』初回限定盤
GLIM SPANKY
『ワイルド・サイドを行け』初回限定盤(CD+DVD)

2016年1月27日(水)発売
価格:2,700円(税込)
TYCT-69097

[CD]
1. ワイルド・サイドを行け
2. NEXT ONE
3. BOYS&GIRLS
4. 太陽を目指せ
5. 夜明けのフォーク
[DVD]2015年10月17日赤坂BLITZワンマン公演
1. サンライズジャーニー
2. 焦燥
3. MIDNIGHT CIRCUS
4. ダミーロックとブルース
5. 褒めろよ
6. WONDER ALONE
7. リアル鬼ごっこ
8. NEXT ONE
9. 大人になったら
10. さよなら僕の町

GLIM SPANKY『ワイルド・サイドを行け』通常盤
GLIM SPANKY
『ワイルド・サイドを行け』通常盤(CD)

2016年1月27日(水)発売
価格:1,620円(税込)
TYCT-60077

1. ワイルド・サイドを行け
2. NEXT ONE
3. BOYS&GIRLS
4. 太陽を目指せ
5. 夜明けのフォーク

イベント情報

GLIM SPANKY
『“ワイルド・サイドを行け”ツアー』

2016年4月2日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:愛知県 名古屋 SPADE BOX

2016年4月3日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:大阪府 心斎橋 JANUS

2016年4月16日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

プロフィール

{アーティスト名など}
GLIM SPANKY(ぐりむ すぱんきー)

1960~70年代のロックとブルースを基調にしながらも、新しさを感じさせるサウンドを鳴らす、松尾レミ(Vo,Gt)と亀本寛貴(Gt)による男女2人組新世代ロックユニット。2007年長野県内の高校にて結成。2009年には10代バンドの登竜門であるコンテスト『閃光ライオット』で、全国5500組の中から14組のファイナルに選ばれる。2014年6月に1stミニアルバム『焦燥』でユニバーサルミュージック Virgin Musicよりメジャーデビュー。その後、水原希子出演スズキ「ワゴンRスティングレー」のCMに、松尾レミがカバーするジャニス・ジョップリンの“MOVE OVER”が使われ、松尾レミの歌声は大きな反響を呼び、昨年から既に8つものCMで歌唱を担当。2016年1月27日、2ndミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』をリリース。2人の野望は「日本語の楽曲で世界に打って出ること」。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも