可士和、宇川直宏、谷川俊太郎ら参加の広告批評最終イベント『クリエイティブ・シンポシオン 2009』

今年4月発行の30周年記念号をもって休刊を迎える『広告批評』が、ファイナルイベント 『クリエイティブ・シンポシオン 2009』を、3月12日(木)から17日(火)の5日間にわたって連日開催する。会場は、東京・外苑前にある梅窓院 祖師堂。

「シンポシオン」とは、古代ギリシアやローマの貴人たちが夜な夜な集まってはテーマを決めて語り合った遊びのこと。同イベントタイトルは、現代の形骸化した「シンポジウム」ではなく当時のような自在な放談会にしたいという考えのもと名付けられている。

同イベントは計15のプログラムで構成され、様々なジャンルの表現者たちが共通テーマの「なんのためのクリエイティブ」を軸に語り合う。現在の参加予定者は、秋山晶、天野祐吉、イッセー尾形、宇川直宏、大宮エリー、岡康道、佐藤可士和、副田高行、高橋源一郎、谷川俊太郎、辻川幸一郎、中島信也、服部一成、村上隆、森本千絵、箭内道彦、横尾忠則など。

さらに、伊藤直樹、中治信博、中村勇吾、福里真一、福田敏也、藤井保、三井明子、山崎隆明など、多彩なゲストが多数参加する予定となっており、参加が決まり次第オフィシャルサイトにて発表される。

広告批評ファイナルイベント
『クリエイティブ・シンポシオン 2009』

2009年3月12日(木)、13日(金)、14日(土)、15日(日)、17日(火)
会場:梅窓院 祖師堂(東京都港区南青山)

イベント内容:
1日1~4プログラムを予定
料金や詳細はオフィシャルウェブサイト参照

チケット販売:
青山ブックセンターオンラインストア
青山ブックセンター各店(本店・六本木店・六本木ヒルズ店・自由が丘店・丸ビル店)にて3月11日(水)まで販売

問い合わせ:広告批評 03-3406-1445

(投稿:天沢もとき)

  • HOME
  • Art,Design
  • 可士和、宇川直宏、谷川俊太郎ら参加の広告批評最終イベント『クリエイティブ・シンポシオン 2009』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて