豊かさの未来語るプロジェクト『Social 0.0 LAB』、映像&無料雑誌&生配信で展開

スマートフォン「Motorola PHOTON」の発売を記念したカルチャープロジェクト『Social 0.0 LAB』がスタートしている。

同プロジェクトは「ソーシャルの先、ゆたかさの未来を見つけ出す」というテーマのもと実施され、映像、フリーマガジン、トークイベントなどの形態で展開。

YouTube、ニコニコ動画、vimeoなどの動画サイトで現在公開中の映像作品『Social 0.0 LAB』は、宇川直宏、津田大介、猪子寿之(チームラボ)、きゃりーぱみゅぱみゅ、志茂田景樹、長谷川踏太、三嶋章義ら11人の著名人が「豊かさ」と「つながり」について世界へメッセージを投げかけるというもの。プロジェクト全体の鍵となる同作の監督を手掛けるのは、ショートフィルム『blind』で注目を集める映像作家ショウダユキヒロ。第2話、第3話も順次動画サイト上で公開されるという。

また、60ページを超えるボリュームのフリーインタビューマガジン『Social 0.0 LAB』も発行。インタビューに答えているのは、宇川直宏、津田大介、猪子寿之、きゃりーぱみゅぱみゅ、梶原由景、小山薫堂、志茂田景樹、KITSUNE、米原康正、丹下紘希、池上高志、三嶋章義、増田セバスチャンほか多数の面々となる。同誌は、全国のURBAN RESEARCH、カフェなどで無料配布される予定だ。

さらに、11月23日にはライブストリーミングスタジオ「DOMMUNE」を通し、同プロジェクトの最後を飾るオンラインイベントが生配信される。様々な出演者によるトークをはじめるほか、Ninja TuneなどからリリースしているアメリカのFalty DLのほか、HIFANA、Olive Oilがパフォーマンスを披露する。

(画像上:『Social 0.0 LAB』ロゴ、画像中:『Social 0.0 LAB』イメージ画像、画像下:フリーインタビューマガジン『Social 0.0 LAB』表紙)

  • HOME
  • Life&Society
  • 豊かさの未来語るプロジェクト『Social 0.0 LAB』、映像&無料雑誌&生配信で展開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて