『イケムラレイコ PIOON』はうさぎがテーマ、奈良美智の対談や蓮沼フィルのライブも

『イケムラレイコ PIOON』が、4月20日から静岡・長泉のヴァンジ彫刻庭園美術館で開催される。

少女像や自然の風景、有機的な形をもつ名もない生物などをモチーフに制作を続けるイケムラレイコ。1972年以降、ヨーロッパを拠点として絵画、彫刻、ドローイングなど多岐にわたる表現を行い、2011年には東京・竹橋の東京国立近代美術館で個展『イケムラレイコ うつりゆくもの』が開催された。

イケムラにとってヴァンジ彫刻庭園美術館での8年ぶりの個展では頭部に2本の長い耳を持つ「うさぎ」の作品に焦点を当て、1990年代の彫刻や全長3.4メートルの最新作『うさぎ観音』などの彫刻を中心に、数多くの作品が展示される。

なお関連イベントとして、4月20日にはイケムラと奈良美智の対談、5月5日には『イケムラレイコ うつりゆくもの』展で会場音楽を手掛けた蓮沼執太が率いる蓮沼執太フィルのライブが行われる。さらに8月に国内初となるイケムラの作品集が刊行されることを記念して、10月には写真家・川内倫子との対談が開催される予定。

イベント情報

『イケムラレイコ PIOON』

2014年4月20日(日)~10月14日(火)
会場:静岡県 長泉 ヴァンジ彫刻庭園美術館
時間:4月から8月まで10:00~18:00、9月から10月まで10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:水曜(4月30日と8月13日は開館)
料金:大人1,200円 高・大学生800円 小・中学生500円

オープニングトーク
『イケムラレイコ × 奈良美智』

2014年4月20日(日)14:00~15:30
会場:静岡県 長泉 クレマチスの丘
出演:
イケムラレイコ
奈良美智
定員:150名(要予約)
料金:当日の入館料
※参加受付状況については同展オフィシャルサイトを参照

コンサート 蓮沼執太フィル ツアー2014
『時が奏でる、そして僕らも奏でる』

2014年5月5日(月・祝)14:00~16:00
会場:静岡県 長泉 ヴァンジ彫刻庭園美術館クレマチスガーデン
料金:当日の入館料

作品集刊行記念トーク
『イケムラレイコ × 川内倫子』

2014年10月(予定)
出演:
イケムラレイコ
川内倫子

(画像上:『Baby Hare』 2002 ©Leiko Ikemura、画像中:イケムラレイコ ©Rinko Kawauchi、『Trees on Head』 2013 ©Leiko Ikemura)

  • HOME
  • Art,Design
  • 『イケムラレイコ PIOON』はうさぎがテーマ、奈良美智の対談や蓮沼フィルのライブも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて