白泉社のフリペ『野生アニマル』創刊、エレキコミック、快速東京らがサバイバル語る

白泉社によるフリーペーパー『野生アニマル』が創刊される。

創刊号では「サバイバル」をテーマに掲げ、森恒二の漫画『自殺島』に共感を抱いたという著名人たちがそれぞれのサバイバルについて語っている。巻頭企画にはエレキコミックと快速東京のトークセッションが掲載されているほか、水道橋博士(浅草キッド)のインタビュー、青柳文子、関和亮、七尾旅人、松江哲明のエッセイを収録。さらに森恒二と猟師の千松信也による対談「命を食べるということ」や、『自殺島』本編の第1話も掲載されている。

同誌の配布は5月21日から東京・銀座博品館劇場で開催されるエレキコミックのライブ『エレキコミック第23回発表会「Right Right Right Right」』で配布開始。その後は、TSUTAYA、ヴィレッジヴァンガード、タワーレコードなどで配布される予定だ。

書籍情報

『野生アニマル』創刊号

2014年5月21日(水)から配布開始
価格:無料
発行:白泉社

(画像:『野生アニマル』創刊号表紙)

  • HOME
  • Book
  • 白泉社のフリペ『野生アニマル』創刊、エレキコミック、快速東京らがサバイバル語る

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて