『日本のグラフィックデザイン2014』展に葛西薫、植原亮輔、菊地敦己らによる約300点

『日本のグラフィックデザイン2014』展が、6月20日から東京・六本木の東京ミッドタウン・デザインハブで開催される。

同展は、デザイン団体「日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)」が1981年から発行している年鑑『Graphic Design in Japan』の2014年度版の発行を記念して開催。同書に掲載されている作品の中から、書籍、プロダクト、ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、空間デザインなど約300点が実物とモニターで展示される。なお、同書の編集長は服部一成、ブックデザインは菊地敦己が手掛けている。

展示作品は、『第16回亀倉雄策賞』を受賞した葛西薫の平和希求キャンペーンポスター『ヒロシマ・アピールズ』や、植原亮輔によるEvery Little Thingのツアーグッズ、菊地敦己による『Creation Is Free. Production Needs Fee.』展におけるインタラクティブデザイン、石川竜太による新潟の酒販店「まいどや」のビジュアルアイデンティティーなど。

なお会期中は、第一線で活躍するグラフィックデザイナーやアートディレクターらをゲストに迎えたトークイベントが開催される予定。詳細は会場のオフィシャルサイトで発表される。

イベント情報

東京ミッドタウン・デザインハブ第46回企画展
『日本のグラフィックデザイン2014』

2014年6月20日(金)~8月3日(日)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン・デザインハブ
時間:11:00~19:00
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 『日本のグラフィックデザイン2014』展に葛西薫、植原亮輔、菊地敦己らによる約300点

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて