ニュース

『国東半島芸術祭』にオノ・ヨーコ、アントニー・ゴームリー、飴屋法水ら

アートフェスティバル『国東半島芸術祭』が、10月4日から大分・豊後高田市、国東市の各会場で開催される。

2012年から行われていた『国東半島アートプロジェクト』の集大成として、「LIFE<生命、生きて活動すること、人生、存在>」をテーマに開催される同イベント。アート作品を「入口」に、参加者が国東半島の魅力に出会い、体感することのできる「歩いて旅する芸術祭」になるという。会場では、「サイトスペシフィックプロジェクト」「パフォーマンスプロジェクト」「レジデンスプロジェクト」の3企画を中心に、各プロジェクトを巡るトレッキングと融合したツアーやトークなどが行われる。

6つのエリアで展開される「サイトスペシフィックプロジェクト」に参加するのは、「花の岬」として知られる長崎鼻にベンチ型の作品を設置するオノ・ヨーコ、花のピラミッドを設置するチェ・ジョンファ、かつてアニミズム信仰と深い関わりを持った不動茶屋に作品を設置するアントニー・ゴームリー、地域の人々と共に作品を制作する宮島達男をはじめ、勅使川原三郎、チームラボ、川俣正の7人。

「パフォーマンスプロジェクト」では、ピチェ・クランチェン、ブルース・ガストンらによる『Tam Kai <Following the Chicken>国東半島ヴァージョン』、勅使川原三郎、佐東利穂子らによる『何処から誰が』、飴屋法水、朝吹真理子、zAkらによる『いりくちでくち』が上演される。

さらに、「レジデンスプロジェクト」では、梅田哲也、鈴木ヒラク、曽根裕、千葉正也、ヒスロム、和田昌宏らが参加する『希望の原理』展や、contact Gonzo、テニスコーツらが参加するウェブサイト上のプロジェクト『国東現像.jp』といった企画が行われる。各プロジェクトや関連イベントの詳細は、オフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『国東半島芸術祭』

2014年10月4日(土)~11月30日(日)
会場:大分県 豊後高田市、国東市の各所

参加アーティスト:
[サイトスペシフィックプロジェクト]
『香々地プロジェクト』
オノ・ヨーコ
チェ・ジョンファ

『並石プロジェクト』
勅使川原三郎

『千燈プロジェクト』
アントニー・ゴームリー

『真玉プロジェクト』
チームラボ

『岐部プロジェクト』
川俣正

『成仏プロジェクト』
宮島達男

[パフォーマンスプロジェクト]
『Tam Kai <Following the Chicken> 国東半島ヴァージョン』

ピチェ・クランチェン
ブルース・ガストン

『何処から誰が』
勅使川原三郎
佐東利穂子

『いりくちでくち』
飴屋法水
朝吹真理子
zAk

[レジデンスプロジェクト]
展覧会
『希望の原理』

雨宮庸介
梅田哲也
小鹿田焼
ジョアン・マリア・グスマン&ペドロ・パイヴァ
椎名勇仁
鈴木ヒラク
スタジオクラ
曽根裕
千葉正也
NAZE
ノマド村
ヒスロム
日名子実三
船尾修
皆川嘉左ヱ門
和田昌宏
ほか

写真展
『NEW VIEW』

西光祐輔

ウェブサイトプロジェクト
『国東現像.jp』

雨宮庸介
contact Gonzo
田村友一郎
千葉正也
手島寛子
テニスコーツ
西光祐輔
橋本聡
ほか

定休日:水曜
料金:無料(一部有料)

『国東半島芸術祭』メインビジュアル photo by Naoki Ishikawa/©国東半島芸術祭実行委員会
『国東半島芸術祭』メインビジュアル photo by Naoki Ishikawa/©国東半島芸術祭実行委員会
『国東半島芸術祭』メインビジュアル photo by Naoki Ishikawa/©国東半島芸術祭実行委員会
『国東半島芸術祭』メインビジュアル photo by Naoki Ishikawa/©国東半島芸術祭実行委員会
『国東半島芸術祭』メインビジュアル photo by Naoki Ishikawa/©国東半島芸術祭実行委員会
『国東半島芸術祭』メインビジュアル photo by Naoki Ishikawa/©国東半島芸術祭実行委員会
『見えないベンチ』Yoko Ono, 2013年 撮影:久保貴史 ©国東半島芸術祭実行委員会
『見えないベンチ』Yoko Ono, 2013年 撮影:久保貴史 ©国東半島芸術祭実行委員会
『ANOTHER TIME XX』Antony Gormley, 2013年 撮影:久保貴史 ©国東半島芸術祭実行委員会
『ANOTHER TIME XX』Antony Gormley, 2013年 撮影:久保貴史 ©国東半島芸術祭実行委員会
宮島達男『Hundred Life Houses』作品プラン
宮島達男『Hundred Life Houses』作品プラン
画像を拡大する(17枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで