参加型芸術祭の『千代田芸術祭』、ゲスト審査員に伊藤千枝、井口皓太、山川冬樹ら

『3331 千代田芸術祭 2014』が、8月23日から東京・秋葉原の3331 Arts Chiyodaで開催される。

同イベントは、3331 Arts Chiyodaを舞台に2010年から毎年開催されている参加型の芸術祭。美術、工芸、写真、映像、身体表現、音楽など多様な表現の発表や、アートマーケットなどが行われる。各部門ごとに公募で決定した参加アーティストと共に、ゲスト審査員がアドバイザーとして企画段階から参加し、講評を行うのも同イベントの特徴の1つだ。

油彩、水彩、イラスト、彫刻、写真などの展覧会を行う展示部門では、鴻池朋子、辛酸なめ子、福住廉、藤原えりみらが講評会に出演。コンテンポラリーダンス、演劇、伝統芸能などを扱うパフォーマンス部門では、伊藤千枝(珍しいキノコ舞踊団主宰)、中村茜(PRECOG代表取締役)、映像部門では、井口皓太(TYMOTE代表)、川村真司(PARTY)らがゲスト審査員に名を連ねている。また、音部門では岸野雄一、渋谷毅、山川冬樹がゲスト審査員として参加するほか、テニスコーツと梅田哲也、坂上弘によるライブも開催。さらに、今年から新設されたインタラクション部門では、日本初となるアートに特化したハッカソンイベント『3331α Art Hack Day 2014』が行われる。

イベント情報

『3331 千代田芸術祭 2014』

2014年8月23日(土)~9月7日(日)
会場:東京都 秋葉原 3331 Arts Chiyoda
時間:12:00~19:00(最終日は17:00まで)
部門:
展示部門『3331 アンデパンダン』
パフォーマンス部門『おどりのば』
マーケット部門『千代田ビアフェスティバル×三三三市』
音部門『LIFE LIKE LIVE』
映像部門『10 min. motion』
インタラクション部門『3331α Art Hack Day 2014』

  • HOME
  • Art,Design
  • 参加型芸術祭の『千代田芸術祭』、ゲスト審査員に伊藤千枝、井口皓太、山川冬樹ら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて