カオス*ラウンジによる『キャラクラッシュ!』展、15作家の新作展示&過去作を再構築

カオス*ラウンジによる『キャラクラッシュ!』展が、10月11日から東京都内某所にあるカオス*ラウンジのアトリエで開催される。

今年で5周年を迎える現代アート集団「カオス*ラウンジ」。今回の展覧会のテーマである「キャラクラッシュ」は、2002年にドイツ・カールスルーエで開催された展覧会『イコノクラッシュ ― 科学・宗教・芸術におけるイメージ戦争を超えて』に着想を得て、「キャラクター」と「クラッシュ」を掛け合わせた造語。偶像破壊を意味する「イコノクラスム」になぞらえた言葉でもあるという。

『キャラクラッシュ!』展は、キャラクターが何を表象しているかということよりも、キャラクターの加工や改変と、変形されたキャラクターの流通や消費に着目し、キャラクターのイメージに人工的介入を行うアーティストたちの作品を中心に構成。会場では建物全体を使って15作家の新作が展示されるほか、カオス*ラウンジの過去5年間の作品を再構成したインスタレーションも登場する。キュレーションと会場設計は黒瀬陽平が手掛ける。

なお、同展の会場となる彼らのアトリエは築80年以上の木造一軒家で、会期終了後には取り壊しが決定しているという。会場の住所は後日カオス*ラウンジのオフィシャルサイトで公開される。

イベント情報

カオス*ラウンジ
『キャラクラッシュ!』

2014年10月11日(土)~11月2日(日)期間中の金~日曜
会場:東京都 カオス*ラウンジ アトリエ
時間:13:00~20:00
参加作家:
あいそ桃か
荒渡巌
一輪社
梅沢和木
梅田裕
ク渦群
乙うたろう
サエボーグ
ナルコ
はいゆに
藤城嘘
三毛あんり
柳本悠花
山本卓卓+たかくらかずき
ほか

  • HOME
  • Art/Design
  • カオス*ラウンジによる『キャラクラッシュ!』展、15作家の新作展示&過去作を再構築

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて