ニュース

『高松次郎ミステリーズ』展に約200点、初公開のドローイングも展示

展覧会『高松次郎ミステリーズ』が、12月2日から東京・竹橋の東京国立近代美術館で開催される。

1998年に62歳で逝去した高松次郎。1963年に赤瀬川原平、中西夏之と「ハイレッド・センター」を結成してパフォーマンスなどを行ったほか、様々な素材や技法を用いた作品を発表し、『第34回ヴェネチア・ビエンナーレ』『第6回ドクメンタ』などに参加した。

『高松次郎ミステリーズ』は、約50点のオブジェ、彫刻、絵画および初公開作を含む約150点のドローイングを通して、多様な作品を遺した高松の「ミステリー」に迫る回顧展。会場は3章から構成され、第1章「『点』、たとえば、一つの迷宮事件」では、ハイレッド・センターの活動と並行して制作された1960年代初頭の「点」と「紐」のシリーズを紹介するほか、第2章「標的は決してその姿を現さない」では代表作の「影」シリーズ、木や鉄による立体作品のシリーズ「単体」「複合体」など中期の作品、第3章「それは絵画ではなかった」では、絵画に回帰した1970年代後半の作品や、最晩年期の「異食材」シリーズを展示する。

さらに、「影」シリーズの不思議な仕組みを体験することができる「影ラボ」や、高松の脳内世界を一望できる「ステージ」なども登場。「影ラボ」では写真撮影が許可される。なお同展の会場構成はトラフ建築設計事務所、タイトルロゴ、ポスター、フライヤーなどのグラフィックは菊地敦己が手掛けている。

イベント情報

『高松次郎ミステリーズ』

2014年12月2日(火)~2015年3月1日(日)
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 企画展ギャラリー
時間:10:00~17:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(1月12日は開館)、12月28日~1月1日、1月13日
料金:一般900円 大学生500円
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳などご提示の方とその付添者1名は無料
※入館当日に限り同時開催の『奈良原一高 王国』『MOMAT コレクション』も観覧可能

講演会
『高松次郎を知る人々(仮)』

2014年12月6日(土)14:00~15:30
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 地下1階 講堂
出演:
高島直之
堀浩哉
定員:140名
料金:無料(申込不要)

座談会
『展覧会をつくる』

2014年12月20日(土)14:00~15:30
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 地下1階 講堂
出演:
鈴野浩一(トラフ建築設計事務所)
禿真哉(トラフ建築設計事務所)
菊地敦己
聞き手:保坂健二朗
定員:140名
料金:無料(申込不要)

『高松次郎バースデー記念ミステリーイベント』
2015年2月20日(金)18:00~19:30

高松次郎『No.273(影)』1969年 東京国立近代美術館蔵 ©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
高松次郎『No.273(影)』1969年 東京国立近代美術館蔵 ©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
高松次郎『誕生』1960年 三鷹市美術ギャラリー蔵 ©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
高松次郎『誕生』1960年 三鷹市美術ギャラリー蔵 ©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
高松次郎『遠近法の椅子とテーブル』1966~67年 東京国立近代美術館蔵 撮影:上野則宏 ©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
高松次郎『遠近法の椅子とテーブル』1966~67年 東京国立近代美術館蔵 撮影:上野則宏 ©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
高松次郎『光と影』1970年 個人蔵 撮影:木奥恵三 ©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
高松次郎『光と影』1970年 個人蔵 撮影:木奥恵三 ©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
高松次郎『形 No.1202』1987年 国立国際美術館蔵 ©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
高松次郎『形 No.1202』1987年 国立国際美術館蔵 ©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている