新雑誌『This!』創刊、コムアイ初グラビアや清野とおるの赤羽散策も

ファッション誌『This!』の創刊号が本日11月13日に刊行された。

同誌は「これさえ読めば、大人になるのは怖くない!」をテーマに掲げる小学館の新雑誌。20代の女性をターゲットにファッションだけでなく、漫画、書籍、演劇など幅広いジャンルを取り扱う。

創刊号の特集は「進路」。コムアイ(水曜日のカンパネラ)が表紙を飾り、自身初となるグラビア撮影に挑戦しているほか、鹿の解体を習得中だというコムアイと鹿のはく製を収めた写真や、彼女が生い立ち、影響を受けた人や音楽、現在について語るインタビューが掲載されている。

また特集には、藤田貴大率いるマームとジプシーの密着記事も掲載。太平洋戦争時の沖縄戦に動員された少女たちをモチーフにした今日マチ子の漫画『cocoon』を舞台化するにあたって、リサーチのために沖縄を訪れた際の模様や、現地でのワークショップの様子に加え、「こどものまま、大人になる方法」をテーマにした歌人・穂村弘と藤田の対談が収録されている。

さらに妊娠や出産をテーマに据えた今日マチ子の漫画『双子のマトリョーシカ』、まんしゅうきつこのルポ漫画『目指せ!催眠術師への道』、鳥飼茜の『前略、前進の君』といった描き下ろしの読み切り漫画を掲載。『東京都北区赤羽』で知られる漫画家の清野とおると社会学者の古市憲寿、『おじさん図鑑』のなかむらるみが赤羽を散策する記事や、青葉市子、湯山玲子によるコラムも収められている。

書籍情報

『This! 001』

2015年11月13日(金)発売
料金:810円(税込)
発行:小学館

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 新雑誌『This!』創刊、コムアイ初グラビアや清野とおるの赤羽散策も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて