ニュース

『高松メディアアート祭』初開催、ディレクターは地元出身・宇川直宏

『高松メディアアート祭 第1回 The Medium of the Spirit -メディアアート紀元前-』フライヤービジュアル
『高松メディアアート祭 第1回 The Medium of the Spirit -メディアアート紀元前-』フライヤービジュアル

『高松メディアアート祭 第1回 The Medium of the Spirit -メディアアート紀元前-』が、12月18日から香川・高松の玉藻公園披雲閣ほか市内各所で開催される。

国の重要文化財である高松城跡の玉藻公園披雲閣御殿にメディアアート作品を展示する『高松メディアアート祭』。初開催となる今回は、ゼネラルディレクターおよびキュレーターに高松出身の宇川直宏を迎え、アートの持つ急進性と普遍性を世に問うような作品が国内外から集結するほか、事前に行なわれたコンペティションの受賞作品も展示される。

招待作家としてフランク・ザッパとのコラボレーションなどで知られるクレイアニメ作家のブルース・ビックフォードや、オーストリア・リンツで行なわれているメディアアートの祭典『アルスエレクトロニカ』の全面協力のもとで選ばれた「PRIX ARS ELECTRONICA selection」の全アーティストが来日。自身の腕に「第3の耳」を移植したアーティストのSTELARCも登場する。また生前に1枚も作品を発表せずに15万枚を超える写真を残したヴィヴィアン・マイヤーの作品が日本で初展示される。

さらに会期中は宇川直宏によるライブストリーミングメディア・DOMMUNEが、披雲閣の御殿内にサテライトスタジオを設立。真鍋大度(ライゾマティクス)、山川冬樹、七尾旅人、灰野敬二らのライブパフォーマンスや、岡崎乾二郎や和田永らのトークなどが10日間連続で生配信される。各プログラムの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『高松メディアアート祭 第1回 The Medium of the Spirit -メディアアート紀元前-』

2015年12月18日(木)~12月27日(月)
会場:香川県 高松 玉藻公園披雲閣、常磐町商店街、南部三町ドーム、北部三町ドーム、サンポートホール高松ほか
時間:10:00~21:00(18日は18:00から)
料金:
前売 披雲閣入場券(玉藻公園の入園料含む) 800円
前売 DOMMUNE入場券(披雲閣入場と玉藻公園入園料含む) 一般1,600円 高校生以下1,000円
前売 Nibroll 2,000円
当日 披雲閣入場券(玉藻公園の入園料含む) 一般1,000円 高校生以下500円
当日 DOMMUNE入場券(披雲閣入場と玉藻公園入園料含む) 一般2,000円 高校生以下1,500円
当日 Nibroll 2,500円

『高松メディアアート祭 第1回 The Medium of the Spirit -メディアアート紀元前-』ブルース・ビックフォード来日告知ビジュアル
『高松メディアアート祭 第1回 The Medium of the Spirit -メディアアート紀元前-』ブルース・ビックフォード来日告知ビジュアル
宇川直宏
宇川直宏
ブルース・ビックフォード
ブルース・ビックフォード
STELARC Photo: Nina Sellars
STELARC Photo: Nina Sellars
画像を拡大する(15枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年