「ピアノが愛した女」矢野顕子特集の『ユリイカ』に鈴木慶一、原田郁子ら

矢野顕子の特集が本日1月6日発売の『ユリイカ2017年2月臨時増刊号 総特集◎矢野顕子──ピアノが愛した女。…矢野顕子の40年』に掲載されている。

ドキュメンタリー映画『SUPER FOLK SONG ~ピアノが愛した女。~』のデジタルリマスター版が本日1月6日から期間限定で上映されている矢野顕子。40年にわたる矢野の活動に迫る同誌では、矢野のロングインタビューをはじめ、矢野のアルバムに参加している冨田恵一と大谷能生の対談、Seihoへのインタビューなどが掲載される。

また『SUPER FOLK SONG ~ピアノが愛した女。~』にも出演しているレコーディングエンジニア・吉野金次へのインタビューも収録。さらに寄稿者には鈴木慶一、大根仁、あがた森魚、岸田繁(くるり)、原田郁子(クラムボン)、寺尾紗穂、tofubeats、カニエ・ナハ、小沼純一、細馬宏通、佐々木敦、大石始、柳樂光隆、成田ハネダ(パスピエ)、深田晃司らが名を連ねる。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 「ピアノが愛した女」矢野顕子特集の『ユリイカ』に鈴木慶一、原田郁子ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて