『藝「大」コレクション』展 若冲、村上隆、松井冬子らの作品も展示

展覧会『藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!』が、7月11日から東京・上野の東京藝術大学大学美術館で開催される。

同展は、東京藝術大学の創立130周年を記念して開催。同大のコレクションから、様々なテーマを設けて、すでに知られている作品に加えて、初公開作を含む卒業制作や、現代作家の自画像、模写、石膏像、写真、藤田嗣治らの資料、保存修復の成果などを紹介する。

出展作家には平櫛田中、山口晃、松井冬子、村上隆、勝川春章、向井大祐、高村光太郎、原撫松、青木繁、ヴィンチェンツォ・ラグーザ、尾形光琳、高橋由一、伊藤若冲、狩野芳崖、小倉遊亀、上村松園、野澤聖、和田英作らが名を連ねている。

会期中には保科豊巳、日比野克彦、秋元雄史、千住博、古田亮によるシンポジウムや、O JUN、桂英史、小山登美夫、木島隆康、北郷悟、佐藤道信らによるトークイベント『パンドラトーク~いったい誰が飛び出すか?!~』、東京藝術大学出身者である山口晃と古田亮によるトークイベント『ヘンな東京藝大』を開催。参加方法は東京藝術大学大学美術館のオフィシャルサイトで後日発表される。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

イベント情報

『藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!』

第1期:2017年7月11日(火)~8月6日(日) 第2期:2017年8月11日(金・祝)~9月10日(日) 会場:東京都 上野 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、3、4
時間:10:00~17:00(7月11日は18:00まで、入場は閉館の30分前まで) 休館日:月曜(7月17日、8月14日は開館)、7月18日 料金:一般800円 高校・大学生500円 ※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方と介護者1人は無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 『藝「大」コレクション』展 若冲、村上隆、松井冬子らの作品も展示

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて