ニュース

『ユリイカ』でcero特集 鈴木慶一、惣田紗希、七尾旅人、飴屋法水ら寄稿

ceroの特集記事が7月27日発売の『ユリイカ2017年8月号 特集=cero -「WORLD RECORD」「My Lost City」「Obscure Ride」...-』に掲載される。

エキゾチカ、クラブミュージック、ラップ、現代ジャズ、歌詞など様々な角度からceroの音楽を読み解く同特集。ceroのメンバー高城晶平、荒内佑、橋本翼へのインタビューをはじめ、MOODMANとの座談会、『MODERN STEPS TOUR』以降のサポートメンバー5人による座談会、鈴木慶一、元メンバーの柳智之、元サポートメンバーのあだち麗三郎、ジャケットなどのデザインを手掛ける惣田紗希、ライブのVJやPVの監督を務めるVIDEOTAPEMUSICといったceroと親交のあるアーティストによるエッセイを収める。

さらに本秀康、西村ツチカによる漫画や、冨田ラボ、坪口昌恭、輪島裕介、原雅明、松永良平、大石始、森元斎、柳樂光隆、七尾旅人、前野健太、黒田卓也、坂口恭平、飴屋法水らによる論考を収録。表紙は、結成当初からceroを撮り続けてきた写真家・鈴木竜一朗による撮り下ろしとなるほか、鈴木がceroを撮影した写真が16ページにわたって掲載される。

『ユリイカ2017年8月号 特集=cero -「WORLD RECORD」「My Lost City」「Obscure Ride」...-』表紙
『ユリイカ2017年8月号 特集=cero -「WORLD RECORD」「My Lost City」「Obscure Ride」...-』表紙
cero
cero
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)