ニュース

『六本木アートナイト2017』プログラム発表 3会場彩る蜷川実花の作品も

アートイベント『六本木アートナイト2017』のプログラムが発表された。

9月30日と10月1日に東京・六本木で開催される同イベント。今回は「未来ノマツリ」をテーマに据え、メインプログラムのアーティストには写真家の蜷川実花が起用されることが明らかになっていた。

蜷川実花は、六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館の3会場にインスタレーション作品『Tokyo Followers 1(仮)』を展開。また初の試みとなる「東南アジア・プロジェクト」では、タイのナウィン・ラワンチャイクン、フィリピンのNeo Angono Artists Collective、東京・青梅で活動するアーティスト集団・国立奥多摩美術館がそえぞれワークショップやパフォーマンスを行なう。

「街なかインスタレーション」では、蜷川実花、安藤北斗と林登志也によるwe+、ゾロ・フィーグル、山本洋子(バルーンランド)、リム・ソクチャンリナ、ナット・スワディー、石井七歩、CALAR.ink、ryo kishi、江頭誠、鄭弘敬が作品を展示するほか、「街なかパフォーマンス」には蜷川実花、atnr、koeosaeme、康本雅子×ASA-CHANG&巡礼、ジンタらムータ、On7、スイッチ総研、FUKAIPRODUCE羽衣、黒田育世、北村明子・兼古昭彦、柳本雅寛と愉快な仲間達、山本裕が参加する。また交流型プログラム「街なかミーティング」も企画されている。

六本木ヒルズ内では、エネス、フェリックス・バコロール、とんぼせんせい、ファジャール・アバディ・RDP、船越雅代、橋本忠樹が展示やワークショップを実施。国立新美術館では高木正勝、吉本直子、東京ミッドタウンではアニッシュ・カプーアと磯崎新、後藤宙、大塚功季、山口正樹、齋藤詩織、副島しのぶ、FUKUPOLY、nor、津村耕佑らによる作品展示やイベントがそれぞれ行なわれる。

なお森美術館、国立新美術館、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、森アーツセンターギャラリーでは開館延長を実施。開催中の展覧会に夜間でも入場することが可能だ。詳細は『六本木アートナイト2017』と各施設のオフィシャルサイトをチェックしよう。

※記事掲載時、参加作家名に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

南條史生のコメント

六本木アートナイトは今年で8回目の開催となります。今年のテーマに掲げた「未来ノマツリ」は、美術館の中ではなく六本木の街で行うアートイベントとして、大勢の人が楽しむことができる“祭”のようなイベントにしたいという意味が込められています。メインプログラム・アーティストに蜷川実花さんを迎え、祭の中心となる色鮮やかな作品を発表して頂きます。また、ASEAN設立50周年の節目に、「東南アジア・プロジェクト」を六本木アートナイトで実現することができました。今日の国際社会において、日本が存在感を示すにあたり、文化の重要性はますます高まってきています。その中で、東京のクリエイティビティを可視化し、国内外に向けて発信するイベントの一つとして、六本木アートナイトをさらに盛り上げていきたいと考えています。

『六本木アートナイト2017』メインビジュアル Photo by Mika Ninagawa
『六本木アートナイト2017』メインビジュアル Photo by Mika Ninagawa
蜷川実花『Tokyo Followers 1(仮)』 六本木ヒルズアリーナイメージ
蜷川実花『Tokyo Followers 1(仮)』 六本木ヒルズアリーナイメージ
ナウィン・ラワンチャイクン『OK Tower』2016年 Installation view at Nishiura village, Megijima, Japan Photo by Navin Production
ナウィン・ラワンチャイクン『OK Tower』2016年 Installation view at Nishiura village, Megijima, Japan Photo by Navin Production
Neo Angono Artists Collective『Angono Higantes, Big and Small』 photo credit: photo walk Philippines/whatsnewph.com
Neo Angono Artists Collective『Angono Higantes, Big and Small』 photo credit: photo walk Philippines/whatsnewph.com
国立奥多摩美術館『24時間人間時計のためのドローイング』
国立奥多摩美術館『24時間人間時計のためのドローイング』
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開