雑誌『アイデア』から日本のグラフィック史を概観 『グラフィズム断章』展

『グラフィズム断章:もうひとつのデザイン史』展が、1月23日から東京・銀座のクリエイションギャラリーG8で開催される。

同展では、1953年から半世紀以上にわたって国内外のグラフィックデザインを追ってきた雑誌『アイデア』を手掛かりに、デザイナーがそれぞれの視点から20世紀の日本のグラフィックデザイン史を概観して作品や人物、出来事を提示。参加デザイナーには、大西隆介、大原大次郎、加藤賢策、川名潤、菊地敦己、高田唯、田中義久、田中良治、千原航、長嶋りかこ、中野豪雄、橋詰宗、前田晃伸が名を連ねる。

会場には『アイデア』の全バックナンバーが展示されるほか、47組のデザイナーが選書したデザイン関連書のライブラリーを併設。選書ライブラリーには、有馬トモユキ、佐藤亜沙美、庄野祐輔、惣田紗希、田部井美奈、長嶋りかこ、ニコール・シュミット、水戸部功、安田昂弘、米山菜津子らが参加する。

1月23日にはオープニングパーティーを実施。会期中にはトークイベントを予定している。詳細は後日発表。なお同展の内容は、6月刊行の『アイデア No.382』で特集される予定だ。

イベント情報

『グラフィズム断章:もうひとつのデザイン史』

2018年1月23日(火)~2月22日(木) 会場:東京都 銀座 クリエイションギャラリーG8
時間:11:00~19:00 参加作家: 大西隆介 大原大次郎 加藤賢策 川名潤 菊地敦己 高田唯 田中義久 田中良治 千原航 長嶋りかこ 中野豪雄 橋詰宗 前田晃伸 選書ライブラリー参加作家: smbetsmb 阿部宏史 有馬トモユキ 飯田将平 色部義昭 上西祐理 岡澤理奈 岡本健 小熊千佳子 尾中俊介 尾原史和 加瀬透 刈谷悠三 川村格夫 木村稔将 木村浩康 熊谷彰博 後藤哲也 近藤聡 佐々木俊 佐藤亜沙美 庄野祐輔 鈴木哲生 須山悠里 惣田紗希 染谷洋平 高木毬子 田中千絵 田部井美奈 近田火日輝 戸塚泰雄 長田年伸 仲村健太郎 ニコール・シュミット 原田祐馬 樋口歩 藤田裕美 牧寿次郎 三澤遥 水戸部功 村上雅士 安田昂弘 山田和寛 山野英之 山本晃士ロバート 米山菜津子 休廊日:日曜、祝日 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 雑誌『アイデア』から日本のグラフィック史を概観 『グラフィズム断章』展

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて