宇多丸らが語る「ラップ史」入門刊行、ゲストにせいこう、BOSE、Zeebraら

書籍『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が10月30日に刊行される。

同書は、1月に10時間にわたって放送されたNHK-FMのラジオ番組『今日は一日“RAP”三昧』を書籍化したもの。「第1章 70~80年代初頭」「第2章 80年代中期~後期」「第3章 80年代後期~90年代」「第4章 2000年代」「第5章 2010年代」の全5章構成となり、「出禁覚悟」で挑んだという宇多丸(RHYMESTER)、高橋芳朗、DJ YANATAKE、渡辺志保がアメリカと日本のラップシーンについて語る。ゲストとしていとうせいこう、BOSE(スチャダラパー)、Zeebra、漢 a.k.a. GAMIも登場。

コラム「渡辺志保のヒップホップ・スラング辞典」や番組のプレイリストも掲載されるほか、470以上の単語に注釈をつける。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 宇多丸らが語る「ラップ史」入門刊行、ゲストにせいこう、BOSE、Zeebraら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて