『六本木クロッシング2019展』に25組参加、林千歩×渋谷慶一郎のコラボ作も

展覧会『六本木クロッシング2019展:つないでみる』が、本日2月9日から東京・六本木の森美術館で開催されている。

『六本木クロッシング』は日本のアートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として、森美術館が2004年から3年に1度開催しているシリーズ展。6回目となる今回は、シリーズ初の試みとして、森美術館の3人のキュレーターのみで共同キュレーションを実施し、1970年から1980年代生まれを中心とした日本人アーティスト25組を紹介する。

出展作家は森永邦彦によるアンリアレイジ、青野文昭、万代洋輔、土井樹+小川浩平+池上高志+石黒浩×ジュスティーヌ・エマール、毒山凡太朗、榎本耕一、花岡伸宏、林千歩、平川紀道、ヒスロム、飯川雄大、今津景、磯谷博史、川久保ジョイ、前田征紀、前谷開、目、佐藤雅晴、杉戸洋、竹川宣彰、田村友一郎、土屋信子、津田道子、佃弘樹、山内祥太。同展をナビゲートする音声ガイドは秋元梢が務める。

同展では、最新の技術や理論をアーティストらが独自の方法で使用し、表現した実験的な作品や、社会学的な視点で世間を観察し制作された作品、不法投棄されたゴミを組み合わせてオブジェを作るなど、「思いもよらないもの」を繋げて完成した作品などを展示。林千歩は、音楽家の渋谷慶一郎とコラボレーションした映像作品『人工的な恋人と本当の愛―Artificial Lover & True Love―』を発表する。映像内の音楽を渋谷が作曲し、作詞は渋谷と林の共作。ボーカルは林自身が務めた。

秋元梢のコメント

初挑戦となった展覧会の音声ガイドナレーションですが、東京を代表する現代美術館である森美術館ならではの、エッジの効いたユニークな現代アート展で携わることができ、とても光栄です。展覧会のテーマが「つながり」ということですが、SNSが普及しているいま、作品を創る人、それを撮る人という新たな関係性が生まれ、クリエーションが広がっているようで、とても面白い世の中になっているな、と思います。私自身、ファッションという表現が活動の中心にありながら、ラジオのパーソナリティーなど言葉を媒体とする表現や、バックグラウンドを含めてさまざまな「つながり」から生まれる可能性を実感しています。また、今回は、ファッションの領域からも作品が展示されるということで、アートとファッション、どんな化学反応が生まれるのか、今からとても楽しみにしています。

イベント情報

『六本木クロッシング2019展:つないでみる』

2019年2月9日(土)~5月26日(日) 会場:東京都 六本木 森美術館 時間:10:00~22:00、火曜10:00~17:00(火曜以外の入館は21:30まで、火曜は16:30まで) 料金:一般1,800円 高校・大学生1,200円 4歳~中学生600円 シニア(65歳以上)1,500円 ※4月30日は22:00まで会館(入館は21:30まで)、5月25日は翌朝6:00まで(最終入館 5:30)
  • HOME
  • Art,Design
  • 『六本木クロッシング2019展』に25組参加、林千歩×渋谷慶一郎のコラボ作も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて