ニュース

『六本木クロッシング2019展』に25組参加、林千歩×渋谷慶一郎のコラボ作も

展覧会『六本木クロッシング2019展:つないでみる』が、本日2月9日から東京・六本木の森美術館で開催されている。

『六本木クロッシング』は日本のアートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として、森美術館が2004年から3年に1度開催しているシリーズ展。6回目となる今回は、シリーズ初の試みとして、森美術館の3人のキュレーターのみで共同キュレーションを実施し、1970年から1980年代生まれを中心とした日本人アーティスト25組を紹介する。

出展作家は森永邦彦によるアンリアレイジ、青野文昭、万代洋輔、土井樹+小川浩平+池上高志+石黒浩×ジュスティーヌ・エマール、毒山凡太朗、榎本耕一、花岡伸宏、林千歩、平川紀道、ヒスロム、飯川雄大、今津景、磯谷博史、川久保ジョイ、前田征紀、前谷開、目、佐藤雅晴、杉戸洋、竹川宣彰、田村友一郎、土屋信子、津田道子、佃弘樹、山内祥太。同展をナビゲートする音声ガイドは秋元梢が務める。

同展では、最新の技術や理論をアーティストらが独自の方法で使用し、表現した実験的な作品や、社会学的な視点で世間を観察し制作された作品、不法投棄されたゴミを組み合わせてオブジェを作るなど、「思いもよらないもの」を繋げて完成した作品などを展示。林千歩は、音楽家の渋谷慶一郎とコラボレーションした映像作品『人工的な恋人と本当の愛―Artificial Lover & True Love―』を発表する。映像内の音楽を渋谷が作曲し、作詞は渋谷と林の共作。ボーカルは林自身が務めた。

秋元梢のコメント

初挑戦となった展覧会の音声ガイドナレーションですが、東京を代表する現代美術館である森美術館ならではの、エッジの効いたユニークな現代アート展で携わることができ、とても光栄です。展覧会のテーマが「つながり」ということですが、SNSが普及しているいま、作品を創る人、それを撮る人という新たな関係性が生まれ、クリエーションが広がっているようで、とても面白い世の中になっているな、と思います。私自身、ファッションという表現が活動の中心にありながら、ラジオのパーソナリティーなど言葉を媒体とする表現や、バックグラウンドを含めてさまざまな「つながり」から生まれる可能性を実感しています。また、今回は、ファッションの領域からも作品が展示されるということで、アートとファッション、どんな化学反応が生まれるのか、今からとても楽しみにしています。

『六本木クロッシング2019展:つないでみる』チラシビジュアル
『六本木クロッシング2019展:つないでみる』チラシビジュアル
目『Elemental Detection』2016年 展示風景:『さいたまトリエンナーレ2016』旧埼玉県立民俗文化センター 撮影:衣笠名津美 ※参考図版
目『Elemental Detection』2016年 展示風景:『さいたまトリエンナーレ2016』旧埼玉県立民俗文化センター 撮影:衣笠名津美 ※参考図版
林千歩『人工的な恋人と本当の愛-Artificial Lover & True Love-』2016/2019年、ビデオの尺は4分30秒
林千歩『人工的な恋人と本当の愛-Artificial Lover & True Love-』2016/2019年、ビデオの尺は4分30秒
飯川雄大『デコレータークラブ―ピンクの猫の小林さん―』2017年 木材、蛍光塗料 400×540cm 展示風景:『ゲンビどこでも企画公募2017』広島市現代美術館
飯川雄大『デコレータークラブ―ピンクの猫の小林さん―』2017年 木材、蛍光塗料 400×540cm 展示風景:『ゲンビどこでも企画公募2017』広島市現代美術館
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側