下北沢「BONUS TRACK」が10月にグランドオープン 多彩企画を実施

「BONUS TRACK」が10月に東京・下北沢にグランドオープンする。

散歩社が4月から運営している「BONUS TRACK」は、「新しい“まち”」として小田急電鉄が開発する下北沢の線路跡地「下北線路街」の1エリアにグランドオープン。飲食店、物販店に加えて、コワーキングスペース、シェアキッチン、広場などを展開する。

10月10日からは、アーティストによる作品展示とチャリティオークション企画『BONUS TRACK DARUMA AUCTION』、10月3日と4日にはミュージシャンによるフリーマーケット企画『MUSICIAN's MARKET』を開催。

『BONUS TRACK DARUMA AUCTION』の参加作家には、一ノ瀬雄太、Emi Ueoka、冠木佐和子、NEONTOYS、シシヤマザキ、白根ゆたんぽ、ステレオテニス、たかくらかずき、苦虫ツヨシ、ヒラパー・ウィルソン、山本麻央、夢眠ねむが名を連ねる。

『MUSICIAN's MARKET』には、10月3日にあっこゴリラ、坂口喜咲、永原真夏、Half Mile Beach Club、Maika Loubté、maco marets、ROSE RECORDS+PINK MOON RECORDS+City Country City+カレーの店・八月、ROTH BART BARON、10月4日にジオラマラジオ、Half Mile Beach Club、maco marets、ROSE RECORDS+PINK MOON RECORDS+City Country City+カレーの店・八月、ROTH BART BARONが参加。

さらに10月2日には大橋裕之、今泉力哉らが登壇する『下北沢映画祭』オープンニングトーク、10月4日には松井周と柄本明のトークイベント、10月23日からは『松重豊「空洞のなかみ」展』が行なわれる。

関連リンク

  • HOME
  • Life&Society
  • 下北沢「BONUS TRACK」が10月にグランドオープン 多彩企画を実施

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて