奥田民生が新曲2曲を公開制作、『Sony Park展』第2弾が本日スタート

『Sony Park展「2.音楽は、旅だ。with 奥田民生」』が本日7月13日から東京・Ginza Sony Parkで開催される。

Ginza Sony Parkは、2024年に完成予定の「新Ginza Sony Park」に向けた建設工事を始める今年10月を前に、ソニーが取り組む6分野「ゲーム、音楽、映画、エレクトロニクス、半導体、金融(ファイナンス)」をテーマに、ソニーミュージックグループに所属する6組のアーティストが加わって展開するファイナルプログラム『Sony Park展』を開催中。

『Sony Park展』の第2弾となる今回は奥田民生が参画。メイン展示の『そして、音楽は旅に出る。』では「音楽は旅だ、と感じるあなたの楽曲を教えてください」をテーマに130組超のアーティストが参加し、アーティスト自身が自分の楽曲の中で「旅」だと考える楽曲や、コメントが紹介される。

参加アーティストは奥田民生をはじめ、東京スカパラダイスオーケストラ、常田大希(King Gnu、millennium parade)、Ayase(YOASOBI)、Creepy Nuts、岡崎体育、蓮沼執太、江崎文武(WONK)、U-zhaan、SASUKE、青葉市子、BIGYUKI、AAAMYYY、UA、石崎ひゅーい、のん、藤原さくら、川辺素(ミツメ)、nakayaan(ミツメ)、塩塚モエカ(羊文学)、Black Boboi、DJみそしるとMCごはん、アート・リンゼイら。

また『カンタビレ IN THE PARK』では、奥田民生の公開ひとり多重録音レコーディング『ひとりカンタビレ』のステージを再現。本日7月13日17:00と17日17:00から奥田本人が新曲を公開制作し、その模様がGinza Sony ParkのYouTubeチャンネルでライブ配信される。奥田が演奏・レコーディングに使った機材セットや、ラーメンカレーミュージックレコードのキャラクター「ヘロ・ディギン」のオブジェが展示されるほか、作曲中の模様を撮影した映像も上映。特設サイトでは『カンタビレ IN THE PARK』のオリジナルグッズも販売される。

平日の入場は予約不要。土、日曜、祝日は予約制となり、当日入場枠も用意される。入場無料。


奥田民生のコメント

子供の頃から音楽は常に自分にくっついてきたので
「音楽は、旅だ。」は自分にとっては正しいです
その日の日記のように
当日も音を録音したいと思います

イベント情報

『Sony Park展「2.音楽は、旅だ。with 奥田民生」』

2021年7月13日(火)~7月24日(土) 会場:東京都 Ginza Sony Park PARK B2、B4 時間:11:00~19:00 (7月13日は12:00~19:00) 料金:無料
  • HOME
  • Music
  • 奥田民生が新曲2曲を公開制作、『Sony Park展』第2弾が本日スタート

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて