特集 PR

田根剛が見た、現代美術界のスター ダン・フレイヴィンの光の魔力

『ダン・フレイヴィン展』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:野村由芽、飯嶋藍子
田根剛が見た、現代美術界のスター ダン・フレイヴィンの光の魔力

ハイブランドの旗艦店が立ち並ぶ東京・表参道。各店舗が趣向を凝らした建築やディスプレイを競い合う街で、ルイ・ヴィトンは、他にはない特別な空間を有している。モノグラムの意匠を援用したタワーの最上階にある「エスパス ルイ・ヴィトン東京」は、周囲を一望できるガラス壁と高い天井を特徴とするアートスペースだ。

そんな特別な場所で開催中なのが『ダン・フレイヴィン展』。蛍光灯のみを使った彫刻、インスタレーションで、1960年代に颯爽と登場したアメリカ現代美術界の大スターの個展は、これまで日本ではほとんど開催されてこなかった。

そこで今回お招きしたのが、建築家の田根剛さん。過去に光と時間をテーマにしたアートインスタレーションを発表したこともある田根さんは、フレイヴィンの扱う光に何を発見するのだろう?

アートラバーもなかなか出会えない。フレイヴィンの作品に吸い寄せられる贅沢な時間

足を踏み入れた瞬間のサプライズにおいて、このアートスペースに勝る体験は、おそらくないのではないだろうか?

約30メートル四方の広大な空間には、総ガラス貼りの窓を通して、朝日が燦々と降り注いでいる。まだ街が活動し始めない、この時間帯の光は若々しくて柔らかい。「贅沢な時間ですね」。ぽつりと呟いたのは、今回のゲストである田根剛さんだ。

田根剛
田根剛

パリを拠点に世界中を飛び回り、エストニア国立博物館などの大型プロジェクトを手がける建築家である彼にとって、光はやはり気になる存在なのだろう。そして偶然にも、今回彼が出会うアート作品も光を使ったもの。手がけたのは、アメリカを代表するアーティスト、ダン・フレイヴィンだ。

田根:ニューヨークの美術館やギャラリーで単発的にフレイヴィンの作品を目にすることはあったのですが、個展というかたちで見るのは今回が始めてなんですよ。だから楽しみに思って今日はやって来たのですが、こんな気持ちのいい時間に、しかも一人で観られるなんて……!

田根さんが、密かに興奮気味なのも無理からぬこと。1996年に亡くなって以来、フレイヴィンの大規模回顧展が行われたのはほんのわずか。欧米の主要美術館が作品を所蔵しているが、まとまった量で見られる場所も限られている。数年前に日本の公立美術館で回顧展が計画されたけれど、それも運営上の理由で中止になっている。フレイヴィンは、アートラバーにはよく知られているのに、なかなか出会えない作家でもあるのだ。

会場となっている「エスパス ルイ・ヴィトン東京」 Dan Flavin, exhibition view Espace Louis Vuitton Tokyo, 2017 Courtesy Fondation Louis Vuitton © ADAGP, Paris 2017
Photo: Jeremie Souteyrat
会場となっている「エスパス ルイ・ヴィトン東京」 Dan Flavin, exhibition view Espace Louis Vuitton Tokyo, 2017 Courtesy Fondation Louis Vuitton © ADAGP, Paris 2017
Photo: Jeremie Souteyrat

今回展示される作品はすべて、エスパス ルイ・ヴィトン東京を運営する財団「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」の所蔵作。だからこそ、7つもの代表作がまとまって、はるばる海を越えて日本にお目見えすることができたのだ。

田根:じゃあ、ちょっと観て来ます。

吸い寄せられるように、たちまち作品に釘付けになってしまった田根さん。では、その間にフレイヴィンについての解説を読者にお届けしよう。

田根剛

フレイヴィンはちょっと意地悪? 崇高性と皮肉の狭間にある蛍光灯の作品

蛍光灯を使った『ライト・アート』の作家として知られるダン・フレイヴィンは、1933年にニューヨーク・クイーンズで生まれ、幼少期を過ごした。

20歳のとき、双子の弟とともにアメリカ空軍に入隊。韓国の米軍基地で気象関係のエンジニアとして軍務につきながら、大学の教育プログラムでアートを学んだ彼は、ニューヨークに戻った後、本格的にアートスクールに通い始めたそうだ。

ニューヨーク近代美術館[MoMA]やグッゲンハイム美術館で警備員の仕事をしながら、当初は絵画を中心に展開していたが、1961年に、何も描かれていないキャンバスと球型の蛍光灯を組み合わせた作品を制作。1963年には、キャンバスを完全に手放して、電気店などで普通に購入できる蛍光灯だけを組み合わせたシリーズに着手する。

その後、オフィススペースや美術館などの密閉された空間に複数の蛍光灯を配置し、光による環境全体の作品化を試みたフレイヴィンは、アメリカで生まれた美術動向「ミニマリズム」の代表的作家として、広く認知されていく。もっとも本人は「Maximalist(マキシマリスト)」を自称し、形態や色彩の選択肢を最低限に留めて、物体そのものの存在感を際立たせるミニマリズムとは距離を置こうとしていたようだ。

もちろん、なんらかの物語的なイメージを鑑賞者に喚起させる古典的な絵画のあり方を否定し、光は単に光であり、蛍光灯は単に蛍光灯でしかない――つまり、光に神聖さや崇高性を感じたとしても、それは「まやかし=イリュージョン」でしかない、と主張をしたフレイヴィンは、ミニマリズム運動の中心人物ではあった。だが、作品によってはかなり大げさな方法で蛍光灯を配置し、スペクタクルな体験を生み出そうとした彼をミニマリストと即断するのは、少しためらうところでもある。

田根:フレイヴィンの意図に反するのかもしれないですけど、やっぱり見入ってしまうんですよね。特に気になったのは、白色蛍光灯を使った4つの『“MONUMENT” FOR V. TATLIN.』。単に蛍光灯が白く発光しているだけなのに、不思議とそのなかに吸い込まれていくような感覚を覚えます。まるで大きな精神的な存在と対面しているよう。

田根剛

田根:建築を仕事にしているとしばしば感じるのですが、人って物理的に「強い」ものを目の前にすると、意味や概念のような、そこにはまったく存在しないはずのものを勝手に想像してしまいます。それを「神」と呼んだりするのはちょっと躊躇しちゃうけれど、ひょっとするとこういう特別な体験から、人は自分よりも大きな存在をイメージしたのかもしれないですね。

田根剛

キリスト教圏における人と神の関係は、無宗教者が大半を占める日本ではなかなか想像が及ばないほど強く結ばれている。だが、フレイヴィン自身は、父親に強いられて入学した神学校での経験から、神や信仰に対してかなり複雑な心情を抱いていたらしい。その反動が、光を宗教的・神秘的に解釈することを過度に拒絶する彼の姿勢に表れているのかもしれない。

その代替なのだろうか。『無題』と名付けられた作品の多くは、同時代のアーティストや友人たちに捧げるサブタイトルが付けられている。『“MONUMENT” FOR V. TATLIN.』は、ロシア構成主義を代表する芸術家ウラジミール・タトリンに捧げられている。

1919年にタトリンが構想した『第三インターナショナル記念塔』は、共産主義がもたらす新しい時代・新しい思想を体現する象徴的作品として、後世のアーティスト・建築家に大きな影響を与えたものだ。フレイヴィンの『“MONUMENT” FOR V. TATLIN.』の多くが、タワーを想起させるのは、彼なりのタトリンに対するリスペクトの表れなのだろう。

もっとも、『第三インターナショナル記念塔』は実際に建築されることはなく、またタトリンが称揚した第三インターナショナル=コミンテルン(共産主義政党による国際組織)が激動する時代のなかで変質し、理想的な社会の体現者ではなくなってしまった皮肉も、フレイヴィンはこの作品とタイトルに込めている。

田根:ちょっと意地の悪いところも彼にはありますよね(笑)。大金持ちのコレクターたちは、目が飛び出るような値段でフレイヴィンの作品を買い求めている。そして自分の家に飾るんでしょうけど、電気をOFFにした瞬間、それまであった崇高さや神聖さはパッとどこかに消えてしまう。

それまでの素晴らしい体験はただの夢で、「あなたは単なる蛍光灯に、こんな大金を投じたんですか?」と冷や水を浴びせかけるよう。僕にとっては、そんな二面性も魅力的に映ります。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『ダン・フレイヴィン展』

2017年2月1日(水)~9月3日(日)
会場:東京都 表参道 エスパス ルイ・ヴィトン東京
時間:12:00~20:00
料金:無料

プロフィール

田根剛(たね つよし)

1979年、東京生まれ。2006年、パリにて建築設計事務所DGTをダン・ドレル、リナ・ゴットッメと共に設立。エストニア国立博物館をはじめ世界各国でプロジェクトを手掛ける。2012年には新国立競技場国際設計競技で「古墳スタジアム」がファイナリストに選ばれ国際的な注目を集めた。2014年には『ミラノ・デザインアワード』2部門受賞など多数の受賞歴を持つ。2016年末にDGT.を解散、独立。2017年には新たな事務所「ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTS」を設立。引き続きパリを中心に活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表 1

    アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表

  2. カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送 2

    カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送

  3. 高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』 3

    高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』

  4. 有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面 4

    有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面

  5. CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催 5

    CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催

  6. 柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に 6

    柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に

  7. ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に 7

    ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に

  8. 香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」 8

    香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」

  9. 木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』 9

    木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』

  10. 歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言 10

    歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言