特集 PR

文化の進化に重要な3つのプロセスとは?日本のガラパゴス性を再考

『ヨコハマトリエンナーレ2017』
テキスト
杉原環樹
撮影:豊島望 編集:宮原朋之
文化の進化に重要な3つのプロセスとは?日本のガラパゴス性を再考

自虐的にも現状肯定的に使われてきた「ガラパゴス」という言葉に刻まれた時代のジレンマ

情報やもの、人の行き来が圧倒的に容易になった時代の、異なる「世界」との付き合い方はどうあるべきか。そんな問いかけを含む「島と星座とガラパゴス」をテーマに掲げた国際芸術祭『ヨコハマトリエンナーレ2017』が開催中だ。

8月26日、異分野の識者たちによる、芸術祭の関連公開トークセッション『ヨコハマラウンド』の第5回が、横浜美術館で開催された。この日のテーマは、「ガラパゴス考察」。

 

閉鎖や分断よりは、積極的な交流。その理想はたしかだが、あまりに無節操な混じり合いは、文化や価値観の特殊性を損ないかねない。自虐的にも現状肯定的に使われてきた「ガラパゴス」の語には、そんな時代のジレンマが象徴的に刻まれている。

この両義的な問題について語った登壇者は、進化生物学を専門とする長谷川眞理子、情報学研究者でアートへの発言も行ってきたドミニク・チェン、そして『ヨコトリ』の出品アーティストである川久保ジョイといった、背景がまるで異なる三名だ。日本文化の特殊性の可能性、そしてアートにとってガラパゴス性とは何か。それぞれの登壇者のプレゼンと、全員参加のセッションの前後編で行われたイベントの様子をレポートする。

「ガラパゴス」という言葉の由来となったガラパゴス諸島の生物と現代の文化に見る共通項

そもそも、いまでは当たり前のように使われる「ガラパゴス」とは、いったいどんな環境を指すのか。理系ではない学生に科学の知識を教えてきた長谷川眞理子のプレゼンは、その点をあらためて押さえるものだった。

ガラパゴスは、もともとは南米エクアドルの沖合900キロに位置するガラパゴス諸島に由来する言葉だ。大陸と一度もつながったことのない「大洋島」と呼ばれるこの諸島では、陸続きの土地と違い、多様な生物の行き来が困難な状況から、競争の緩和と生物の特殊な進化が進んだ。2004年、自身の憧れだったこの諸島を訪れた長谷川は、現地でまったく人を警戒しないリクイグアナなどの生物に出会った。

アオアシカツオドリの親子と、その写真を撮る観光客の足
アオアシカツオドリの親子と、その写真を撮る観光客の足

長谷川によれば、こうした環境で育った生物には、主に3つの特徴が現れる。1つ目にいま述べた「警戒心のなさ」。2つ目は、「大きくなる、または小さくなる」という物理的な変化。そして3つ目に「創始者効果」というものもある。これは、他集団との接触が無いことから最初の遺伝子が固定され、特殊化することを指す。しかし、1日2便の飛行機が運ぶ観光客の増加や外来種の侵入などにより、島の生態系は脅威に晒されているという。

長谷川眞理子
長谷川眞理子

プレゼンの最後で、長谷川からそんな生物進化と文化進化の比較が提示された。

長谷川:生物の進化は、異なる遺伝子が交換できる範囲内で起こりますが、その機会を持たない島では、ある集団の遺伝子が特殊な進化を遂げることができました。一方、人間の文化も異なる集団と情報を共有することで変化してきた。言語共有可能な範囲がどんどん広がっていき、それが加速したのがグローバル化でしょう。

その是非は置いて、生物でも文化でも、混ぜ合わさるとたいてい均質化が起こります。そしてその混淆状態では、異なる集団との「競争」と「協力」の姿が変わることになる。そうした現象が、ガラパゴスの生物と現在の文化にパラレルに見られるものでしょう。

日本なりのウェルビーイングを考えたとき、見えてきたのが日本文化の特殊性だった

その混淆状態のなかで、個人はいかにより充実した生を送れるのか。つづくドミニク・チェンのプレゼンは、この問いを基調としたものだった。彼が話したのは、現代の「ウェルビーイング well‐being」という概念のあり方についてだ。これは、ネット時代における、身体的な健康に限らない個人の社会的、精神的な生活の良好さを示した指標である。

「情報流通の進化の一方で、人の生活は本当に豊かになっているのか」。起業家としてスマホのアプリなども開発してきたチェンは、そう問う。たとえば、彼が示した戦後における情報量やGDPの推移を記したグラフでは、それらの上昇に反して、生活の満足度は横ばい状態を続けている。情報は溢れるほどあるが、そのなかで人は限定した情報のみに接するようになり、むしろ多様性や寛容性は失われているように見える。

そんななかでチェンは、『ウェルビーイングの設計論』などの監修を通して、ネット環境を前提にした人間性の「開花 flourish」のための方策を研究してきた。面白かったのは、日本なりのウェルビーイングの向上のためには、文化的・風土的な背景も考慮するべきという指摘だ。

ドミニク・チェン
ドミニク・チェン

ラファエル・A・カルヴォ&ドリアン・ピーターズ『ウェルビーイングの設計論-人がよりよく生きるための情報技術』表紙
ラファエル・A・カルヴォ&ドリアン・ピーターズ『ウェルビーイングの設計論-人がよりよく生きるための情報技術』表紙(Amazonで見る

「個」を前提とした欧米の処方箋は、そのまま日本には持ち込めない。そこで近年は、編集者の松岡正剛や能楽師の安田登と「日本」について再考してきたという。

チェン:見えてきたことのひとつは、日本文化における主体概念の特殊性です。たとえば、集団で歌をつむぐ連歌会では、西欧の出版物においては個人に帰責される「著者性」が、会の「場」に帰責されるということがあります。また能の世界をはじめ、日本の文芸や日常生活の会話のなかには、2人の人物がひとつの主語を共有する「共話」という語りの形態が現れることも特徴的です。

 

松岡正剛、ドミニク・チェン『謎床: 思考が発酵する編集術』表紙
松岡正剛、ドミニク・チェン『謎床: 思考が発酵する編集術』表紙(Amazonで見る

もうひとつ、物事の「継承性」という点でも、日本には独自のものがあるという。

チェン:たとえば楽器の鼓は、40年ほど叩かないと「良い音」が出ないそうです。未来のために食品を漬ける「ぬか床」もそうですが、「自分」という単位を超えた文化への投資に、日本人は価値を感じてきた。発展するネット技術に、こうした風土に根ざした物語の作り方を加えることで、独自の人間性の開花を見出せないかと考えています。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『ヨコハマトリエンナーレ2017』
『ヨコハマトリエンナーレ2017』

2017年8月4日(金)~11月5日(日)
会場:神奈川県 横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜市開港記念会館 地下
時間:10:00~18:00(10月27日~10月29日、11月2日~11月4日は20:30まで、最終入場は閉場の30分前まで)
参加アーティスト:
アイ・ウェイウェイ
ブルームバーグ&チャナリン
マウリツィオ・カテラン
ドン・ユアン
サム・デュラント
オラファー・エリアソン
アレックス・ハートリー
畠山直哉
カールステン・ヘラー、トビアス・レーベルガー、アンリ・サラ&リクリット・ティラヴァーニャ
ジェニー・ホルツァー
クリスチャン・ヤンコフスキー
川久保ジョイ
風間サチコ
ラグナル・キャルタンソン
MAP Office
プラバヴァティ・メッパイル
小沢剛
ケイティ・パターソン
パオラ・ピヴィ
キャシー・プレンダーガスト
ロブ・プルイット
ワエル・シャウキー
シュシ・スライマン
The Propeller Group、トゥアン・アンドリュー・グエン
宇治野宗輝
柳幸典
青山悟
ジョコ・アヴィアント
イアン・チェン
マーク・フスティニアー二
木下晋
小西紀行
Mr.
アン・サマット
瀬尾夏美
照沼敦朗
タチアナ・トゥルヴェ
ザオ・ザオ
『Don't Follow the Wind』

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く