レポート

映画『ブレードランナー 2049』の日本公開を記念する来日記者会見が、本日10月23日に東京・六本木のザ・リッツカールトン東京で開催された。

会見にはドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、ハリソン・フォード、シルヴィア・フークス、アナ・デ・アルマスが登壇。

左からアナ・デ・アルマス、ハリソン・フォード、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、シルヴィア・フークス
左からアナ・デ・アルマス、ハリソン・フォード、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、シルヴィア・フークス

35年ぶり再出演の決意を語る。台風の感想も。

9年ぶり10回目の来日になるというハリソン・フォード。今年で75歳を迎えた名優は、第一声で「日本、そして東京に戻ってこられて、とても嬉しいです。台風も過ぎてくれたし」とコメント。当日の朝まで猛威をふるっていた台風21号について「大変興味深い経験。高層階に泊まっていたから、雲に包まれているみたいだった」と感想を述べた。

第1作目の『ブレードランナー』の日本での人気を知っており、幸せに思っていたという。「今回の続編も、日本のファンがまた楽しんでくれることを願っています」と語った。

『ブレードランナー 2049』では、約35年ぶりにブレードランナーのデッカードに扮した。「リドリー・スコットから直接電話がきて、『もう一度デッカードを演じることに興味はないか?』とオファーがありました。その後に送られてきた続編のショートストーリーとスクリプトを読み、デッカードのキャラクターがエモーショナルな次元でよく表現されていることに満足しました。自分も共感できたから、これなら行けると考えて、出演を決意しました」と当時を回顧した。

『ブレードランナー 2049』 ©2017 Alcon Entertainment, LLC All Rights Reserved.
©2017 Alcon Entertainment, LLC All Rights Reserved.

「演じちゃ駄目なの?」

会場からの「ハン・ソロを30年ぶり、デッカードを35年ぶりに演じたが」という質問には、「演じちゃ駄目なんですか?」と冗談まじりの返答。会場の笑いを誘った。その後改まって、「たくさんのファンが楽しみに待っていてくれるから」と控えめに語りながらも、「ハン・ソロが30年後にどうなっているか、デッカードが35年後にどうなっているか。どんな人生を過ごしてきたかを考えて演じることは、俳優としてとても興味深いことです」と心境を明かした。

『ブレードランナー 2049』 ©2017 Alcon Entertainment, LLC All Rights Reserved.
©2017 Alcon Entertainment, LLC All Rights Reserved.

女優たちが語る、撮影現場でのハリソン・フォード

ライアン・ゴズリング演じる主人公・Kの恋人ジョイ役を演じたアナ・デ・アルマスは、撮影時を振り返り、露出の多い衣装だった彼女を見て、ハリソン・フォードが「大丈夫? 寒くない?」と気遣ってくれたというエピソードを披露。一方のハリソンは「覚えてないな」と照れくさそうに呟いた。キューバ出身のアナ・デ・アルマスは、2015年に「世界で最も美しい顔100人」の第9位に選ばれた新進女優。この日の会見では、ややはにかみ気味に発言した。「偉大な作品の一部になることに対して、ナーバスになったこともあるが、多くを学んだ」とも。

『ブレードランナー 2049』 ©2017 Alcon Entertainment, LLC All Rights Reserved.
©2017 Alcon Entertainment, LLC All Rights Reserved.

Kと敵対するレプリカント・ラヴ役を演じた、オランダ出身のシルヴィア・フークスは、オファーがあったとき、「大きな声で叫び、それから号泣してしまった」と陽気にコメント。ハリソン・フォードについては、「撮影に入った当初、子供の頃から知っているハン・ソロ、インディアナ・ジョーンズだと意識してしまうので、なるべく見ないようにしていました。でも、ちらっと彼のほうを見ると、『ある時、バーに犬がいてね……』とジョークを飛ばして笑わせてくれたんです。彼は温かい人。クリエイティビティを尊重してくれる。本当に楽しい現場でした」と笑顔で語った。

『ブレードランナー 2049』 ©2017 Alcon Entertainment, LLC All Rights Reserved.
©2017 Alcon Entertainment, LLC All Rights Reserved.

監督は「映画の神様に感謝」

映画『メッセージ』でも話題を集めたカナダ・ケベック州出身のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は、「自分たちの世代は1作目の『ブレードランナー』に大きな影響を受けた。前作を観なくても『ブレードランナー 2049』は楽しめる。でも、若い世代にもぜひオリジナルを観てほしい」と語った。

また最近のSF映画は戦争ものが多いと指摘し、本作には謎解きの要素があり、そして登場人物たちの感情が描かれていると胸を張った。

世界各地で好評を博していることについてヴィルヌーヴ監督は、「この映画を作るにあたって、ものすごいプレッシャーを感じていた。緊張感や恐怖もあった。けれどみんなでベストを尽くし、いま世界で受け入れられている。映画の神様に感謝したい。車に爆弾も仕掛けられなかったしね」とコメント。

『ブレードランナー 2049』 ©2017 Alcon Entertainment, LLC All Rights Reserved.
©2017 Alcon Entertainment, LLC All Rights Reserved.

キーワードは「エモーション」?

ハリソン・フォードは「異なる文化を持った国々でヒットしているというのは、興味深いこと。物語の舞台はカリフォルニアとラスヴェガスだが、この映画は人間とは何か? 人間は運命をコントロールできるのか? という文化の違いを越えた問いに答えようとする映画です。そして人間のエモーションに関わる問いについての映画。真の意味で国際的な作品だと考えています」と結んだ。

会見を通して、登壇者たちが本作を人間の普遍的な「エモーション」を描いた作品であると強調していた点が印象的だった。

なお、たびたび日本を訪れているハリソン・フォードが今回行ってみたい場所は、「地方」とのこと。「自分で車を運転して、日本の色んな場所を見てみたい」と願望を明かした。ちなみに昨日は1日中オフだったが、台風のため「モールにいた」のだそう。

左からドゥニ・ヴィルヌーヴ、リドリー・スコット、ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリング
左からドゥニ・ヴィルヌーヴ、リドリー・スコット、ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリング

『ブレードランナー 2049』とは

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『ブレードランナー 2049』は、フィリップ・K・ディック原作、リドリー・スコット監督による1982年の映画『ブレードランナー』の30年後を描いた続編。製作総指揮をリドリー・スコットが務めた。日本公開は10月27日から。

『ブレードランナー』と『ブレードランナー 2049』の間を繋ぐ、「空白の30年」のエピソードを描く渡辺信一郎監督の短編アニメーション『ブレードランナー ブラックアウト 2022』と、リドリー・スコットの息子であるルーク・スコットがメガホンを取った『2036:ネクサス・ドーン』『2048:ノーウェア・トゥ・ラン』も制作され、全編がYouTubeで公開中だ。

『ブレードランナー 2049』 ©2017 Alcon Entertainment, LLC All Rights Reserved.
『ブレードランナー 2049』 ©2017 Alcon Entertainment, LLC All Rights Reserved.

ヴィルヌーヴ監督は現在、SF小説シリーズ『デューン』の映画化に取り組んでいる。デヴィッド・リンチの監督作や、アレハンドロ・ホドロフスキー監督による映画版の頓挫などで知られる『デューン』を、彼がどのように映像化するのか、今後注目を集めそうだ。

左からアナ・デ・アルマス、ハリソン・フォード、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、シルヴィア・フークス
左からアナ・デ・アルマス、ハリソン・フォード、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、シルヴィア・フークス

作品情報

『ブレードランナー 2049』

2017年10月27日(金)から全国公開
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:ハンプトン・ファンチャー、マイケル・グリーン
出演:
ライアン・ゴズリング
ハリソン・フォード
ロビン・ライト
ジャレッド・レト
アナ・デ・アルマス
シルヴィア・フークス
カーラ・ジュリ
マッケンジー・デイヴィス
バーカッド・アブディ
デイヴ・バウティスタ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで