特集 PR

『ADVERTISING WEEK ASIA』レポ ライブも充実した広告の祭典

『Advertising Week Asia』
テキスト
黒田隆憲
編集:久野剛士
『ADVERTISING WEEK ASIA』レポ ライブも充実した広告の祭典

デジタルを取り入れたサウンドが切り取った「アジアのいま」

日付変わって16日の夜は、EX THEATER ROPPONGIにて『J-WAVE NIGHT IN ADVERTISING WEEK ASIA』が開催された。出演者はDATS、Licaxxx、LILI LIMIT、石野卓球、そしてPOLYSICSの5組。

最初に登場したDATSは、レーザーを駆使した照明の中、複雑なシンコペーションを組み合わせたダンストラックにリアルタイムで「声」をカットアップしていく。精緻なアンサンブルがサビでバーストする、そのコントラストに何度も息を飲んだ。続くDJ、Licaxxxは、その華麗な佇まいからは想像つかないほどハードでヘビーなトラックをスピン。オーディエンスを踊らせながら、その場で音の実験を楽しんでいるようにも見えた。

レーザーを駆使したDATSのステージ
レーザーを駆使したDATSのステージ

最後までひと言も発さず、客席に一礼してステージを去った姿も印象的だったLicaxxx
最後までひと言も発さず、客席に一礼してステージを去った姿も印象的だったLicaxxx

バンドアンサンブルにエレクトロを融合させた福岡出身の5人組LILI LIMITは、その骨太なサウンドと、エクスペリメンタルなギター、カリスマ性のある牧野純平のボーカルが圧巻。メンバー全員がコーラスを取れるところも強味だ。

牧野純平のカリスマ性が際立ったLILI LIMIT
牧野純平のカリスマ性が際立ったLILI LIMIT

石野卓球は、一発目のキック音からもう次元が違う。Depeche Modeの“No Disco”など大ネタを挟みつつ、オーディエンスの反応を見ながらまるで会話をするかのごとく、ツマミやフェーダーを操作していた。

終盤、オーディエンスから大喝采が起きた石野卓球のステージ
終盤、オーディエンスから大喝采が起きた石野卓球のステージ

そしてトリはPOLYSICS。黄色いつなぎを着た4人が一糸乱れぬアンサンブルを展開すると、会場の盛り上がりは最高潮に。テクノ、パンク、オルタナ、ニューウェーブといったスタイルを縦横無尽に飛び回りながら、強靭なグルーヴを繰り出す姿には風格すら漂っていた。

客席を熱狂の渦に包み、大トリを見事に務めたPOLYSICS
客席を熱狂の渦に包み、大トリを見事に務めたPOLYSICS

以上、5組の演奏が全て終了。アジアのいまを切り取る多彩なサウンドで、「広告とコミュニケーションの祭典」を彩った。

『Advertising Week Asia 2018』の様子

Page 2
前へ

イベント情報

『Advertising Week Asia 2018』
『Advertising Week Asia 2018』

2018年5月14日(月)~5月17日(木)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年