特集 PR

「頑張らずに、好きな音楽を作れる時代にしたい」スサシの望み

『SPARK!!SOUND!!SHOW!! presents NU BLACK vol.2』
テキスト
天野史彬
撮影:fukumaru 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
「頑張らずに、好きな音楽を作れる時代にしたい」スサシの望み

ただ「カオス」なわけじゃない。「間」と「沈黙」も大切にする音楽

ENTHによって熱気に満ちた空間が作り上げられたのち、この夜の主役であるスサシが登場。初っ端は“BRUSH UP”、そして“OEO”と続き、3曲目“無愛愛”では早くもタナカユーキがフロアに飛び込んでいく。

渋谷WWWは、元々は「シネマライズ」というミニシアターだった場所がライブハウスになった場所であり、その名残としてフロアにいくつもの段差がある。そうしたフラットではないフロア構造は、スサシのようなオーディエンスとバンドがもみくちゃになっていく類のライブには不向きなんじゃないかと最初は思っていたが、そんな心配は一切無用だった。前方フロアは問答無用でもみくちゃになっていたし、ライブ後半にもなると、フロアに飛び込んだタナカユーキはとんでもない速度でフロア上段にまで到達していた(彼をそこまで運んだオーディエンスもすごい)。

 
 

そしてなにより、美しかった。劇場型のライブハウスで観るスサシの4人のステージ上での佇まいは、時折、激しさの奥から「静か」な美しさを垣間見せる瞬間があって、その刹那の景色にハッとさせられることが多々あった。彼らの音楽やパフォーマンスにおける「間(ま)」の存在が大きいのだろう。スサシの音楽にはベースミュージックやヒップホップからの反響も強く(この日の場内BGMでも、SeihoやSWINDLEが流れていた)、その音楽には独特のミニマリズムがある。そのミニマリズムによって「間」や「沈黙」が生み出される瞬間に、引き込まれてしまいそうな美しさを感じさせるのだ。大きな声で叫ぶことや、ステージ上を縦横無尽に動きまわる激しいパフォーマンスだけで、彼らはなにかを伝えようとはしない。「沈黙」の中からも「叫び」を伝えることができるのが、スサシというバンドなのだと思う。

タクマ
タクマ
タナカユーキ
タナカユーキ
チヨ
チヨ
イチロー
イチロー

「頑張らずに、アーティストが好きな音楽を作ることができる時代にしていきたい」

冒頭にも書いたように、この日はアルバム『NU BLACK』のリリースも発表されたが、そこにも収録されるのだろうか、新曲も2曲披露。まず、“黒天使”(と書いて「ブラックエンジェル」と読む。暴走族の歌らしい)は、「ブンブンブン」というユーモラスなコーラスが新しいライブでの合言葉になりそうな1曲で、もうひとつの新曲“GO SPEED”は、獰猛に、しかしストレートに、バンドの持つポップネスを爆発させたような1曲。どちらもスサシの新しいモードを示唆する楽曲たちだった。

 
 

また、終盤のMCでは、タナカユーキが「頑張らずに、アーティストが好きな音楽を作ることができる時代にしていきたい」と語っていた。本当に音楽が好きなバンドなのだと思うだし、音楽と共に生きていくことを望んでいる4人なのだと思う。「ただひたすらに音楽を愛していたいし、純粋に、愛する音楽を作り続けていきたいんだ」という、無垢な理想。スサシにジャンルという概念は通用しないとわかったうえで、敢えてこの言葉を使わせてもらうが、現在の「パンク」バンドの精神性として、なにかに対する「カウンター精神」や「怒り」を超えた、その軽やかな理想主義がとても美しく、尊いもののように思えた。

スサシは今年、結成10年目を迎えるという。今のスサシには実現していきたいことが明確にあるのだろう。そしてそのために、私たちを「巻き込む」用意はできているのだということを、この日のライブでは確認することができた。最後にもう1度、タナカユーキのこの言葉を引用しておく。「うちらは波じゃなく、渦を作っていく」――望むところだ、と思う。

Page 2
前へ

イベント情報

『SPARK!!SOUND!!SHOW!! presents NU BLACK vol.2』

2019年6月20日(木)
会場:東京都 渋谷 WWW

出演:
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
ENTH

リリース情報

『NU BLACK』
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
『NU BLACK』(CD)

2019年9月18日(水)発売

イベント情報

『NU BLACK RELEASE TOUR』

2019年10月5日(土)
会場:千葉県 LOOK

2019年10月15日(火)
会場:岡山県 PEPPERLAND

2019年10月17日(木)
会場:福岡県 Queblick

2019年10月18日(金)
会場:熊本県 Django

2019年10月20日(日)
会場:大分県 club SPOT

2019年10月21日(月)
会場:香川県 高松 TOONICE

2019年10月22日(火)
会場:愛媛県 松山 Double-u studio

2019年11月9日(土)
会場:京都府 KYOTO MUSE

2019年11月11日(月)
会場:兵庫県 神戸 太陽と虎

2019年12月12日(木)
会場:茨城県 水戸 LIGHT HOUSE

2019年12月13日(金)
会場:新潟県 CLUB RIVERST

2019年12月19日(木)
会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd

2020年1月5日(日)
会場:大阪府 Shangri-La

2020年1月7日(火)
会場:愛知県 名古屋 UPSET

2020年1月11日(土)
会場:東京都 渋谷 WWW

プロフィール

SPARK!!SOUND!!SHOW!!
SPARK!!SOUND!!SHOW!!(すぱーく さうんど しょう)

タナカユーキ(Vo,Gt)、チヨ(Ba,Cho)を中心に大阪にて結成。幾度のメンバーチェンジを経て、タクマ(Key,Gt,Cho)、イチロー(Dr,Cho,169)が加入。4人組バンド通称スサシ。過去に『FUJI ROCK FESTIVAL"ROOKIE A GO-GO”』や『BAYCAMP』など大型フェスにも出演し、2018年6月にキャリア初となる1stフルアルバム『火花音楽匯演』をリリース。唯一無二のこのサウンドはサウンドドラッグ!スサシが撒き散らすサウンドドラッグに中毒者続出中!2019年2月17日に会場限定シングル『SCAR』『感電!』を2枚同時リリース。9月18日にはニューアルバム『NU BLACK』をリリースし、同作の発売を記念するライブツアー『NU BLACK RELEASE TOUR』が開催される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される