特集 PR

ジャズを通して、支え合うことの素晴らしさを噛み締めた夜

『True Colors Festival』
テキスト・編集
黒田隆憲
撮影:冨田了平 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
ジャズを通して、支え合うことの素晴らしさを噛み締めた夜

障害や性、年代など様々なちがいを認め合いながら音楽を奏でる意義深い試みとなった

「ダイバーシティ」をテーマに掲げ、昨年9月よりおよそ1年間を通じて開催されている『True Colors Festival』(日本財団主催)。その第3弾となる『True Colors JAZZ 〜異才 meets セカイ~ Directed by Takashi Matsunaga』が、東京・大阪・熊本の3都市にて行われた。

ディレクションを務める松永貴志は、17歳でデビューを果たしたピアニスト。ハービー・ハンコックとの共演をきっかけに世界中から注目を集め、これまでに『報道ステーション』(テレビ朝日系)や『FNNスーパーニュース』(FNN系)のテーマソング、アニメ『坂道のアポロン』の劇伴などを手掛けてお茶の間にも広く知られる存在だ。また、特別ゲストとして18歳のピアニスト紀平凱成、10歳のドラマーよよか、車椅子のシンガー小澤綾子が出演。障害や性、年代などのちがいをお互いに認め合いながら音楽を奏でる意義深い試みとなった。

松永貴志(まつなが たかし)1986年、兵庫県生まれ。17歳でメジャー・デビュー。ハービー・ハンコックとの共演をきっかけに、世界のミュージシャンから喝采を集める。
松永貴志(まつなが たかし)
1986年、兵庫県生まれ。17歳でメジャー・デビュー。ハービー・ハンコックとの共演をきっかけに、世界のミュージシャンから喝采を集める。

筆者が訪れたのは1月6日の東京公演。会場となったBlues Alley Japanは、1990年に目黒にオープンした老舗のジャズレストランである。定刻になり、まずは手話によるガイド付きのムービーで、特別ゲストの紹介が行われた。

紀平凱成は2歳で自閉症と診断され、その後は聴覚過敏や視覚過敏などを抱えながらも16歳でトリニティ・カレッジ・ロンドンへ進学。昨年10月にデビューアルバム『Miracle』をリリースし、徐々に感覚過敏を克服しながら演奏活動を行っている。よよかは4歳で家族バンド「かねあいよよか」を結成し、6歳でCDデビューを果たす。その後はシンディ・ローパーやEXILESHOKICHIとの共演の他、『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO』への史上最年少出演を果たすなど、国内外で注目を集めているドラマーである。そして小澤綾子は20歳で筋ジストロフィーと診断され、それを機に音楽活動をスタートしたという。

「私は小さい頃から人と違うことにすごく怯えて育ってきました。でも、どんな人も『ありのまま』で生きられる、全ての人に役割のある社会にしたいと今は思っています。この気持ちを書きとめ歌にして、みんなに伝えることが私にとって『生きること』なんです」と、小澤がインタビュー映像の中で語っていたのが印象的だった。

才能溢れるゲストミュージシャンの登場

紹介ムービーが終わり、ディレクターの松永がステージに登場。ダイナミックで優雅なソロ演奏を1曲披露した。続いてバンドメンバーのJuna Serita(ベース)と、ゲストのトップバッターとしてよよかをステージに呼び込み、Nirvanaの“Smells Like Teen Spirit”をカバー。先ほどの演奏からは一転、時おりヘッドバンキングをしながら鍵盤を叩きつけるように演奏する松永にフロアからは歓声が上がる。一方、よよかも物怖じせず彼女のフェイバリットドラマーであるジョン・ボーナム(Led Zeppelin)を彷彿とさせる、パワフルなドラムで応戦しオーディエンスを魅了した。

よよか
よよか

続いて登場したのは紀平凱成。眩い照明と大きな歓声や拍手に驚いてしまったのか、しばらく戸惑いの表情を見せていた彼だが、松永に促されピアノの前に座るとその顔は一変。凄まじい指さばきでニコライ・カプースチン作曲の“24の前奏曲 第11番(プレリュード)”と“冗談”を一気に演奏し、フロアを圧倒した。

さらに、中学2年の時に作ったというオリジナル曲“Tennis Boy Rag”を披露したあと、松永と共にインプロビゼーションによる連弾を披露。お互いの間合いをはかりながら音をぶつけ合い、重ね合う2人。

紀平凱成
紀平凱成

「相手の音を聴くからこそ、即興はできるんです」と演奏後に松永は話していたが、言葉による会話より雄弁なその「音のやり取り」に、音楽が持つコミュニケーションツールとしての役割の大きさを改めて強く感じた。そういえば以前、松永はインタビューで以下のように話していた。

ジャズはまさに協調性が問われる音楽です。誰か一人が突っ走ってしまうとアンサンブルが破綻してしまうし、目標に向かってみんながひとつになるところに醍醐味がありますよね。とはいえ、きっちりまとまり過ぎていても退屈(笑)。反発し合う部分もあったり、破綻ギリギリのところまで逸脱してみたりするところに緊張感が生まれたりするので、そこもジャズの魅力であり、コミュニケーションと共通する部分と言えますよね。

引用:松永貴志インタビュー「若くして才能を開花させた松永貴志。今の若い世代に伝える思い

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『True Colors JAZZ – 異才 meets セカイ』

2020年1月4日(土)
会場:大阪府 Billboard Live OSAKA
イベントディレクター:松永貴志(ピアノ)
スペシャルアーティスト:黒田卓也(トランペット)
ゲストアーティスト:小澤綾子(ボーカル)、紀平凱成(ピアノ)、Derek K Short(デレク・K・ショート、ベース)、ナカタニ タツヤ(ドラム)


2020年1月6日(月)
会場:東京都 Blues Alley Japan
イベントディレクター:松永貴志(ピアノ)
ゲストアーティスト:小澤綾子(ボーカル)、紀平凱成(ピアノ)、よよか(ドラム)、Juna Serita(芹田 珠奈、ベース)、Viorica Lozov(ビオリカ・ロゾブ、ボーカル)、ナカタニ タツヤ (ドラム)


2020年1月8日(水)
会場:熊本県 CIB
イベントディレクター:松永貴志(ピアノ)
ゲストアーティスト:小澤綾子(ボーカル)、よよか(ドラム、田中啓介(ベース)、ナカタニタツヤ(ドラム)

プロフィール

松永貴志(まつなが たかし)

1986年、兵庫県生まれ。17歳でメジャー・デビュー。ハービー・ハンコックとの共演をきっかけに、世界のミュージシャンから喝采を集める。欧米、アジア各国で「STORM ZONE」発表。NYブルーノート・レーベルで最年少のリーダー録音記録を樹立。2015年、ポーランド「Manggha 館」設立20周年式典に招待され大統領の前で演奏し、博物館のテーマ曲を作曲

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図