特集 PR

平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ

『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ

ニューヨークならMoMA(ニューヨーク近代美術館)やメトロポリタン美術館。東京なら東京国立近代美術館や東京国立博物館。ある都市のアイデンティティを代表するものとして美術館や博物館は欠かせない。では英国・ロンドンの場合は? それはもちろんロンドン・ナショナル・ギャラリーだ。1824年に創設された同館は、他国の多くのナショナルミュージアムと異なり、王室の収集を母体とせず、富裕層の市民によるコレクションの寄贈や寄付で誕生した異色の歴史を持つ。そんな同館は、英国だけでなく、ヨーロッパ全域のあらゆる時代の絵画を網羅した西洋美術史の一大アーカイブと言えるだろう。

新型コロナウイルスの影響で当初の予定より遅れたが、6月18日より日時指定制を導入し開幕した(6月18日~21日は前売券・招待券限定で入場できた)『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』には、同館のコレクション61作品が並ぶ。フェルメール、レンブラント、ゴッホ……。アートヒストリーを語るうえで欠かすことのできない巨匠の名作が大挙して来日する同展を、公式オープンに先駆けて観る機会を得た。鑑賞のお相手は、19世紀フランスの画家ウジェーヌ・ドラクロワが登場する小説を発表したこともある作家の平野啓一郎さん。文学とアートはもちろん、音楽、ファッションにも造詣の深い平野さん流の「アートを深く楽しむ方法」を聞いた。

平野啓一郎と鑑賞する、贅沢な『ロンドン・なナショナル・ギャラリー展』

平野:ロンドンに旅するときは、ロンドン・ナショナル・ギャラリーにもよく足を運びます。本当に大きな美術館ですから、何度通っても飽きることがない。今回は、そのコレクションをさらにじっくり観られるというので、とても楽しみにしていました。

そう語る平野さんとともに、東京展会場である上野の国立西洋美術館の静かな館内を歩む取材陣一同。そして辿りついたのが、最初のセクションである「イタリア・ルネサンス絵画の収集」だ。英国の美術館なのになぜイタリア絵画? と思うかもしれないが、西洋のアートや文化にとって、ローマ帝国が生まれたイタリアは、絶対に外すことのできない重要な土地。ここでは15~16世紀に描かれた名品が並んでいる。

平野:最初はパオロ・ウッチェロの『聖ゲオルギウスと竜』(1470年頃)から始まるんですね。初期ルネッサンスの画家にとって遠近法は必須の技術・知識でしたが、ウッチェロはまさに遠近法の体現者と言えます。ルーヴルにある有名な『サン・ロマーノの戦い』だと、情報量が多すぎて、どこがどう遠近法なのかわからない人にとっては、シンプルなこの作品は、その工夫が理解しやすいのではないでしょうか。騎士がまたがっている白馬は、ゆるいパースをつけて描かれていますが、遠近法というより、「遠近感」といった感じですかね。

平野啓一郎(ひらの けいいちろう)<br>1975年愛知県蒲郡市生。北九州市出身。京都大学法学部卒。1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。40万部のベストセラーとなる。以後、一作毎に変化する多彩なスタイルで、数々の作品を発表し、各国で翻訳紹介されている。美術、音楽にも造詣が深く、日本経済新聞の「アートレビュー」欄を担当(2009年~2016年)するなど、幅広いジャンルで批評を執筆。2014年には、国立西洋美術館のゲスト・キュレーターとして「非日常からの呼び声 平野啓一郎が選ぶ西洋美術の名品」展を開催した。
平野啓一郎(ひらの けいいちろう)
1975年愛知県蒲郡市生。北九州市出身。京都大学法学部卒。1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。40万部のベストセラーとなる。以後、一作毎に変化する多彩なスタイルで、数々の作品を発表し、各国で翻訳紹介されている。美術、音楽にも造詣が深く、日本経済新聞の「アートレビュー」欄を担当(2009年~2016年)するなど、幅広いジャンルで批評を執筆。2014年には、国立西洋美術館のゲスト・キュレーターとして「非日常からの呼び声 平野啓一郎が選ぶ西洋美術の名品」展を開催した。
パオロ・ウッチェロ 《聖ゲオルギウスと竜》 1470年頃 油彩・カンヴァス 55.6 x 74.2 cm © The National Gallery, London. Bought with a special grant and contributions from the Phillot and Temple-West Funds, 1959
パオロ・ウッチェロ 《聖ゲオルギウスと竜》 1470年頃 油彩・カンヴァス 55.6 x 74.2 cm © The National Gallery, London. Bought with a special grant and contributions from the Phillot and Temple-West Funds, 1959

―次のカルロ・クリヴェッリも一点透視図法で描かれた遠近感が特徴的ですね。

平野:そうですね。そして、この鮮やかな色彩とそれによって表現される光のまばゆさ! ドラクロワやモネが暮らしたフランスの空は少し暗くて、より北方のドイツはさらにです。それらの国の画家たちは、どうすれば自分たちの画面に光の明るさをもたらせるか苦心しました。

ところがイタリアに行くと、空は明るく、ゴシック建築も色とりどりでそれをそのまま描いただけで鮮やかな絵になってしまう。ゲーテやニーチェがイタリアに行って「俺たちはなんて暗い人間なんだ……」と落ち込みますが(笑)、それは人間性ではなく、そもそもの光の強さによるものなだと思うんです。

カルロ・クリヴェッリ『聖エミディウスを伴う受胎告知』を鑑賞中
カルロ・クリヴェッリ『聖エミディウスを伴う受胎告知』を鑑賞中

次なるセクションは「オランダ絵画の黄金時代」。神話や宗教を主題としていた先ほどのルネサンス絵画と違い、こちらは実在の人物の肖像画や、民衆の生活風景などが描かれている。17世紀のオランダ共和国を統治していたのは、王侯貴族やカトリックではなく、新興の商人たちだった。彼らは自らの権勢を示す肖像画や、自分たちが築いた文化風俗を精緻に描かれることを望んだのだ。

その結果、大幅に絵画の需要が増し、17世紀の最初の20年間で画家の数が4倍に増えたというのだから驚かされる。日本でも人気の高いレンブラントやフェルメールは、画家たちの競争が激しい時代にその才能を開花させていったのだ。

平野:『34歳の自画像』(1640年)のレンブラントはよかったですね。自身の若さが画面に充ちていて、くっきりと描かれている。これが晩年になると、社会的な評価の高まりや老境など、様々な要素で、タッチにも深みが看て取れます。あのレンブラントにもこんな時代があったのだ、と気づかせてくれる1枚だと思います。

それから自画像の描き方の面白さにも意識が向かいますね。他人を描く肖像画では、画家たちはダイレクトに対象を見て描いているけれど、自画像は鏡に写った自分を見て描いているわけです。だからこの絵も、画面の外に鏡がどんな具合に設置されているのかを想像すると、アトリエをより具体的にイメージ出来ます。

レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン『34歳の自画像』を鑑賞中
レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン『34歳の自画像』を鑑賞中
Page 1
次へ

イベント情報

『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』

東京会場

会場:東京都 国立西洋美術館
会期:2020年6月18日(木)~10月18日(日)
開館時間:9:30~17:30
毎週金・土曜日:9:30~21:00
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日、9月23日
※7月13日、7月27日、8月10日、9月21日は開館

※会場内の混雑緩和のため、これから本展入場券を購入されるお客様には、事前に来場日時を指定した入場券をご購入いただきます。
今後販売する本展の入場券はスマチケ、読売新聞オンラインチケットストア、イープラスとファミリーマート店頭Fami ポートのみの販売となり、国立西洋美術館での販売はありませんので、ご注意ください。
すでに前売券や招待券などをお持ちのお客様、無料入場のお客様につきましては「前売券・招待券用日時指定券」を購入のうえ指定時間内にご入場いただくか、当日先着順でのご案内(会場混雑時は、入場整理券を配布します)となります。ただし、当日の入場人数の上限に達した場合はご入場いただけませんので、予めご了承ください。

大阪会場

会場:大阪府 中之島 国立国際美術館
会期:2020年11月3日(火・祝)~2021年1月31日(日)

プロフィール

平野啓一郎(ひらの けいいちろう)

1975年愛知県蒲郡市生。北九州市出身。京都大学法学部卒。1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。40万部のベストセラーとなる。以後、一作毎に変化する多彩なスタイルで、数々の作品を発表し、各国で翻訳紹介されている。美術、音楽にも造詣が深く、日本経済新聞の「アートレビュー」欄を担当(2009年~2016年)するなど、幅広いジャンルで批評を執筆。2014年には、国立西洋美術館のゲスト・キュレーターとして「非日常からの呼び声 平野啓一郎が選ぶ西洋美術の名品」展を開催した。著書に、小説『葬送』『滴り落ちる時計たちの波紋』『決壊』『ドーン』『空白を満たしなさい』『透明な迷宮』『マチネの終わりに』『ある男』等、エッセイ・対談集に『私とは何か「個人」から「分人」へ』『「生命力」の行方~変わりゆく世界と分人主義』『考える葦』『「カッコいい」とは何か』等がある。2019年に映画化された『マチネの終わりに』は、現在、累計58万部超のロングセラーとなっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催