特集 PR

PMSや妊活、生殖のことを知り、話し合う。犬山紙子、和田彩花も登壇

『わたしたちのヘルシー ~心とからだの話をはじめよう~』
テキスト
松井友里
撮影:小林真梨子 編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)
PMSや妊活、生殖のことを知り、話し合う。犬山紙子、和田彩花も登壇

CINRAと、現代日本における女性の健康推進にまつわる取組みを行うWomen's Health Actionのプロデュースによって、3月6日、7日の2日間にわたって開催された、心と身体について医師ら医療ヘルスケア分野の専門家とアーティスト、クリエイターたちが話し合うオンラインイベント『わたしたちのヘルシー ~心とからだの話をはじめよう~』。

3月1日から8日までの「女性の健康週間」と、3月8日の「国際女性デー」に合わせ、CINRA.NETのYouTubeと、She isのInstagramから配信されたイベントのダイジェストを、前後編でお届け(前編はこちら)。今回は2日目の模様をレポートする。

月経カップを世に広めたCEOがカナダから出演。起業家としての考えにスプツニ子!も共感

2日目、最初のセッションとなったのは『月経カップを世界に広めたキャリーンさんと考える、女性たちの可能性 Sponsored by Diva Cup』。前日に続きアーティストのスプツニ子!さん、そしてカナダからDiva International CEOのキャリーン・チェンバーズ=サイニさんが出演した。月経カップである「ディーバカップ」が発売されたのは2002年。現在は世界40か国で販売されているものの、理解を得ることが困難な時期も長かったそう。Diva社とゆかりの深いインテグロ株式会社の神林美帆さんは、ディーバカップの魅力として、商品の品質の高さ、発売20年の実績、サイズの豊富さをあげ、従業員の労働環境や、社会貢献、環境問題に取り組む姿勢を見て、世界中の女性から支持される理由が理解できたと言う。

左から:神林美帆(インテグロ株式会社)、キャリーン・チェンバーズ=サイニ(Diva International)
左から:神林美帆(インテグロ株式会社)、キャリーン・チェンバーズ=サイニ(Diva International)

スプツニ子!さんからは、キャリーンさんにいくつかの質問が投げかけられ、「新しいチャレンジをしたい女性へのアドバイスを」との問いに対する「クレイジーなアイデアは存在しない。恐れがあるからと言って自らの歩みを止めないでほしい」という回答には、自身もチャレンジし続けてきたスプツニ子!さんも、実感を込めて頷いていた。

左から:キャリーン・チェンバーズ=サイニ、スプツニ子!
左から:キャリーン・チェンバーズ=サイニ、スプツニ子!

犬山紙子、劔樹人夫妻が登場。パートナーと互いに支え合う「妊活」のかたち

『性別にかかわらず男女ともに考えたい、協力して支え合う「妊活」のこと Sponsored by ロート製薬株式会社』では、イラストエッセイストの犬山紙子さん、ベーシストで漫画家の劔樹人さんご夫妻と、男女がともに協力し、支え合う「ふたり妊活」の考え方を広めているロート製薬の小川未紗さんの3名で「妊活」をテーマに話し合った。自身の妊活時について、「(劔さんが)『サポート』じゃなく、自分も頑張ると言ってくれたから孤立感がなかった」と話す犬山さんに、「頑張る側と支える側ではなく、対等でありたかった」と言う劔さん。

犬山紙子
犬山紙子

ロート製薬が2018年から発表している『妊活白書』の最新版によると、昨年は新型コロナウイルス感染症の影響を受けたことにより、妊活に取り組む人たちにも意識の変化が見られ、「パートナーとより話し合うようになった」「ふたり妊活ができている」と答えた人の割合もぐっと増えたとのこと。こうした結果を受け、これから「ふたり妊活」に取り組む人たちに対し犬山さんは「ちょっとずつ話し合いの成功体験を積み重ねて、意見を尊重し合うことができたら、妊活も含めいろいろな話し合いがしやすくなると思います」とアドバイスを送った。

左から:小川未紗(ロート製薬)、劔樹人、犬山紙子
左から:小川未紗(ロート製薬)、劔樹人、犬山紙子

SHE IS SUMMERのトーク&ライブ。一人の時間を慈しむ女性を描いた新曲を披露

ここからは趣向を変え、今年4月をもってSHE IS SUMMERとしての活動を完結するアーティストのMICOさんを迎えた『SHE IS SUMMER・MICOと「女の子」を考える スペシャルトーク&ライブ』。活動を通じて、「女の子たちに自由な勇気を」というメッセージを発信してきたMICOさんは、「女の子を楽しみたい人も、女の子らしいことが嫌な人も、同じだけ自由になれるといいし、一人の中にどっちの面もあっても良いと思う」と自身の考えを話す。

ライブに移ると、アコースティックギターの音色に寄り添うように時折目を閉じながら、囁くようにしっとりと“会いに行かなくちゃ”を歌いあげ、「このイベントにぴったりだと思った」と、一人の時間を慈しむ女性を描いた新曲“moon & kitchen”を初披露。最後に、ファンからの悩みを聞くきっかけになった曲として“あれからの話だけど”をしなやかに歌いあげ、ライブを終えた。

SHE IS SUMMER
SHE IS SUMMER
Page 1
次へ

イベント情報

『わたしたちのヘルシー ~心とからだの話をはじめよう~』

2021年3月6日(土)、3月7日(日)
時間:12:00~19:00
料金:無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側