特集 PR

KYGOの変化をどう読み解く?世界トップのEDMアクトも分析

KYGO『Kids In Love』
テキスト
宇野維正
編集:山元翔一
2017/11/20
KYGOの変化をどう読み解く?世界トップのEDMアクトも分析

KYGOに変化のキッカケをもたらしたのは、トロピカルハウスのブーム化だった

典型的なEDMの派手な展開を持つサウンドと比べて、抑揚が少なく、音の隙間も多いトロピカルハウスは、歌モノとの相性がよく、ジャスティン・ビーバーの“What Do You Mean?”(2015年)をはじめとする、その特徴を取り入れた数々のポップヒットによって否応なしに流行のサイクルへと取り込まれることとなった。

そんなトロピカルハウスの代名詞的存在のKYGOは、今回の2ndアルバム『Kids In Love』、いや、それに先立つセレーナ・ゴメスらをフィーチャーした4曲収録のEP『Stargazing』(日本盤『Kids In Love』にボーナストラックとして全曲収録)の時点で次の一手を打ってきた。それは、トロピカルハウスからの脱却でも、トロピカルハウスをメインストリームポップから切り離すことでもなく、自分の方から積極的にメインストリームポップへと切り込んでいくことだった。

メロディーと歌を全面に押し出し、いかにもトロピカルハウス的なリズムトラックは多くの曲でこれまでより控えめにはなっているものの、本作全体を覆っているメロウで感傷的なフィーリングは、間違いなくこれまでのKYGOの作品にも流れていたものだ。幼少期からピアノを弾くことがなによりも大好きで、今もピアノで作曲をし、ステージでもピアノを演奏しているKYGOにとって、トロピカルハウスのブーム化は、特定のシーンを超越したミュージシャンとしてのステップを踏み出す絶好のきっかけになったわけだ。

トロピカルハウスやトラップのブームから考える、日本と世界のシーンのギャップ

そのカジュアルで親しみやすい容姿や言動に加えて、2016年、2017年と2年連続で『ULTRA JAPAN』のメインステージでパフォーマンスを披露してきたこともあって、ここ日本にもファンが多いKYGO。しかし、『ULTRA JAPAN』に足を運ぶようなEDMファン層とそれ以外の音楽ファン層との間には、認知度において大きなギャップが存在しているのも事実。そもそも、ポスト・トロピカルハウスを標榜する次のアクションとして、KYGOに限らず他のアーティストも個々に新たなチャレンジの段階に入っている今、その前提となるトロピカルハウス自体が日本ではそこまで浸透してこなかった現状をどうとらえるべきなのか。

こうしてKYGOについて原稿を書きながら、読者のターゲットを計りかねているというのも正直なところ。知ってる人はめちゃくちゃよく知ってるし、知らない人はまったく知らない。それは、なにもEDM~トロピカルハウス界隈だけのことではなく、空前のトラップブームに沸く(そしてその反動もそろそろ起こりはじめている)ラップ界も同様だ。そのようなギャップを埋める可能性を託す意味でも、KYGOのようにメインストリームポップに果敢に攻め込むミュージシャンの動向には今後もさらに注目していきたい。

KYGO『Kids In Love』ジャケット
KYGO『Kids In Love』ジャケット(Amazonで見る

Page 2
前へ

リリース情報

KYGO『Kids In Love』日本盤
KYGO
『Kids In Love』日本盤(CD)

2017年11月15日(水)発売
価格:2,376円(税込)
SICP-5602

1. Never Let You Go (feat. John Newman)
2. Sunrise (feat. Jason Walker)
3. Riding Shotgun (with Oliver Nelson feat. Bonnie McKee)
4. Stranger Things (feat. OneRepublic)
5. With You (feat. Wrabel)
6. Kids in Love (feat. The Night Game)
7. Permanent (feat. J.Hart)
8. I See You (feat. Billy Raffoul)
9. Stargazing (feat. Justin Jesso)
10. It Ain't Me (with Selena Gomez)
11. First Time (with Ellie Goulding)
12. This Town (feat. Sasha Sloan)
13. It Ain't Me (with Selena Gomez) (Tiesto's AFTR:HRS Remix)
14. First Time (with Ellie Goulding) (R3hab Remix)

プロフィール

KYGO
KYGO(かいご)

ノルウェー、ベルゲン出身のDJ / プロデューサー。南国を連想させる、ゆったりとしたビートが特徴的な「トロピカルハウス」の火付け役として注目を浴び、自身初のオリジナル楽曲“Firestone ft. Conrad Sewell”などが大ヒット。その後、Spotify史上最速で再生回数10億回を突破したアーティストとなった。2016年5月にはデビューアルバム『Cloud Nine』をリリース。全米ダンス / エレクトロニック・アルバム・チャートで1位、全英チャート3位に加え、全世界18か国のiTunesチャートで1位、ここ日本でもiTunes総合アルバム・チャート2位、ダンス・アルバム・チャートでも1位を獲得し、EDMの新しいムーヴメント、癒し系EDM=「トロピカルハウス」の火付け役として、世界中のダンス・ミュージック・ファンのみならず、ポップスファン、ロックファンからも絶大な支持を得た。その後もApple Music限定のドキュメンタリー映画『ストール・ザ・ショウ』公開や、『ULTRA FESTIVAL JAPAN』への2年連続ヘッドライナー出演を経て、EP『Stargazing EP』をリリース。セレーナ・ゴメス、エリー・ゴールディングに加えU2とのコラボ曲“You're The Best Thing About Me feat. U2”(U2 vs. Kygo)を発表。2017年11月、2ndアルバム『Kids In Love』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道 1

    鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道

  2. 志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など 2

    志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など

  3. 長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真 3

    長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真

  4. コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動 4

    コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動

  5. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 5

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側

  6. 松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場 6

    松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場

  7. フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価 7

    フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価

  8. 佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開 8

    佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開

  9. 田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇 9

    田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇

  10. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 10

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う